第74回 山路の森定例観察会報告

日時    2017年5月20日(土)
テーマ   新緑の雑木林
参加者   16名
コース   三又広場 ー 北歩道 ー 古窯跡 ー WC ー 山桜コース - 三又広場
 
 まずはゲート前で満開のジャケツイバラ(蛇結茨)が出迎えてくれました。名前のごとく蛇が絡みつくようにアカメガシワを覆い五月晴れの空に黄金色の花を咲かせていました。
 今日は三又広場でかぶれの代表のツタウルシとツタの幼形葉の違いを確認してから新緑の山歩きを開始しました。晴天のおかげでキビタキ、オオルリ、センダイムシクイ等の鳥たちが行く先々で囀っています。葉が3つに切れ込み基部のパンチ穴のような丸い隙間がかわいいシロモジは山路の森に多く見られます。カイナンサラサドウダンが鐘形の名残の花を付け、ミズキは枝を階段状に水平に広げ緑の葉の上に真っ白な花を一面に咲かせて見事でした。淡いピンクのタニウツギ、白に黄色のレース模様のツクバネウツギもあちこちで花盛りです。ヤブムラサキの若葉はビロードみたいで蕾も柔らかな毛に覆われていてフワフワの触感を楽しみました。
 古窯跡への道筋ではフデリンドウの蕾があり、陽が当たっていれば青く可憐な花弁を開いていたはずです。白く透明感のある別名ユウレイタケ、ギンリョウソウも咲いていました。イチヤクソウはまだ蕾でしたが株が増えていて来月の開花が楽しみです。歩いていると道脇の茂みにスルスルと入っていくマムシを発見!この季節には遭遇するのです!!気をつけないといけませんね。
 WC前で休憩、ツクバネも目立たないけれども緑色の小さな花をたくさん付けています。雌株は秋に羽根形の実をぶら下げ、それを見るのは山路の森での楽しみのひとつです。
 山桜コースへ再出発し、若葉を展開しているヤマザクラの巨木からパワーをもらいました。柔らかなリョウブの葉が虫に喰われているのが目立ちましたが、この木はキンモンガの食草だそうで、成虫が飛んでいるのを見て納得しました。
 三又広場へ下りてくると愛知県固有種の貴重な植物、ミカワショウマが数株育っており、その真っ白で清楚な花が咲くのが楽しみです。ラッキーな数人は幸せの青い鳥、オオルリの姿を間近の樹上に見ることができました。
 新緑の木々に囲まれ清流のそばでの昼食は、いつものおにぎりでもごちそうでした。
 
[木の花] 
ジャケツイバラ、カイナンサラサドウダン、ミズキ、タカノツメ、ツクバネ、ツクバネウツギ、タニウツギ、ミヤコツツジ、モチツツジ、フジ、サワフタギ
[草の花] 
オオバウマノスズクサ、タツナミソウ、トウバナ、ニョイスミレ、アギスミレ、ニガナ、ハナニガナ、オニタビラコ、ギンリョウソウ、スズカカンアオイ、 スルガテンナンショウ、ヘビイチゴ、フデリンドウ(蕾)、イチヤクソウ(蕾)、ササユリ(蕾)
[鳥]
オオルリ、キビタキ、アオゲラ、ヤブサメ、シジュウカラ、サンショウクイ、ツツドリ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、カワラヒワ、クロツグミ、コゲラ、センダイムシクイ

1
ジャケツイバラ
2
タニウツギ
3
ツクバネウツギ
4
ヤブムラサキ
5
タツナミソウ
6
ギンリョウソウ




民有林整備活動報告

5月16日(火)上ノ山地内の民有林整備

  参加者 7名
 今
回は、多数の参加がありました。大変頼もしい限りでした。
  今回の作業は一番難しいと思われる、隣家に大きくはみ出し、幹全体が隣家側に傾斜したカシの樹の伐倒です。まず、燐家にはみ出した枝を幹の上部からつりさげてから、チェンソーで伐り、地面に軟着陸させ整理しました。次に幹を垂直にすべく上方にチルホールのワイヤーをかけ牽引しました。さらに、伐倒方向に牽引すべく別のチルホールで牽引しました。カシは固い木ですが折れやすく樹幹が重く重心が上方にあるため、ツルを厚くしバランスをとりながらの牽引でした。結果は予定方向からやや外れましたが無事伐倒できました。他に低・中木や胸高面積20センチクラスの樹2本を伐倒しました。
  もう1本傾斜した樹があり、この作業も半日程度かかる予定ですが、かなり作業の先が見えてきました。

定例作業報告

平成29年5月9日(火)晴れ
雑木林グループ 参加者13名(林道土砂崩補修班4名:体験参加者2名)
28~29年度活動計画の主要テーマ
(カワセミコース周辺整備)は長い作業道(観察路を兼ねる)ですがほぼ完了致しました。
 さらに完成度を高めるためカワセミコース分岐口~ヤマモモ広場に至る幹線林道沿い北側の整理伐を29年継続活動として実施することになりました。具体的には幹線林道のカワセミコース分岐地点からヤマモモ広場までの約100mの北側奥行15m区域。 
 今回の作業区域は、幹線林道から約10m下がる傾斜地で日照条件悪くヤブツバキ、ヒサカキ、アオキなどの低木、伸び放題のモッコク、アラカシ(常緑高木)などに囲まれながらマルバノキ(マンサク科 落葉低木)ケヤキ、ウリカエデなど落葉樹が光を求めて細く、高くのびている。谷が深く、暗いので林道からの投棄物もあり不健康な森の姿が痛ましい。
常緑高木を伐採、日照条件の改善、林道からの視野も明るくしてハイカーに心地良い環境を提供したい
DSCF2092雑木
林道土砂崩れ補
作業者:4名
  4月初旬の大雨で山路のゲートから300m程入った林道右斜面から土砂崩れが発生していた。4月26日車が通れる位に土砂を除去しました。
  定例作業日に人工林の方にも手伝って頂き、土砂の除去、土砂止め丸太の設置をして作業は完了しました。
IMG_6352IMG_6365
人工林グループ 参加者4 
 前回に引き続いて3月までに伐倒して、伐り置きになっていたり、沢に橋渡しになっていた間伐材の玉切りや枝払いを行い、林内の整理作業を行いました。
 参加者が少ないうえに、午前中は崩土箇所の土留め材の搬出や応援作業を行ったりしたこともあり、あと12回ほどかかる見通しです。

IMG_1235

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード