わいがや講座

2017年3月7日(火)
開催場所:尾張旭市新池交流館ふらっと
参加者 8名
テーマ:「樹木医として循環活動を目指して」
講 師:    愛日緑化造園代表取締役 加藤 滋 様

講義の内容
主に瀬戸市近郊の森について話がありました。大変勉強になりました。

1.加藤講師は、名古屋大学農学部で森林生態学を学ばれ、樹木医の資格を始め一級造園施工管理技士、一級土木施工管理技士の資格を持たれている。
会社では、自然本来の魅力にあふれた山採りの木を使って庭づくりを行うことで、ジャングル化した森を再生へとつなげ、「庭づくりから森の再生へ」の循環を生み出しておられる。一方、瀬戸市を中心に24カ所での森ツアーを開催しておられる。

2.瀬戸市の森
(1) 瀬戸市にはマメナシ(東松山町)とマルバタラヨウ(中水野町)の天然記念物指定木がある。
(2) 瀬戸市の森は世界一の多様性を持った森である。
・先進国の中で森林率の高い国は、フィンランド、スエーデンに次いで日本は3番目である。
・かって日本は99%が森であった。
・現在日本には諸説あるが1200種の樹木がある。
・瀬戸市には約350種がある。東大演習林には約300種がある。
・瀬戸市の森の面積は約63㎢である。単位面積当たりの種の数は、350/63=5.6種/㎢
・アマゾンは、木の種類は16,000種、面積が700万㎢、単位面積当たりの種の数は、0.002種/㎢
・屋久島は、木の種類は900種、面積が500㎢、単位面積当たりの種の数は、1.8種/㎢
森の単位面積当たりの樹木の種類を比べると瀬戸市はダントツに大きい。

3.瀬戸市の森の秘密
(1)粘土質の地層
粘土層の上に砂礫層が重なってある。地層の隆起で上側に湾曲すると、雨水は流れ乾燥地帯となる。逆に下側に湾曲すると粘土層の上に水が溜まり湿地帯となる。
モンゴリナラはこの乾燥地帯に生育し、土壌が貧弱で砂礫層が地表に迫っている場所で、根を真っ直ぐに伸ばすことができず斜めに這わせる能力を持っている。
(2)日本の真ん中にある
南側からの常緑広葉樹と北側からの落葉広葉樹、針葉樹の両方が生存しているので種類が多い。
(3)禿山だった
禿山過ぎて大部分が人工林にすることができなかった。
(4)原生林がある
定光寺北斜面に原生林があり、原生林特有の木がある。

5.その他、植物連鎖、輸入材による木材価格の下落、木材自給率の低下、燃料革命、拡大造林や、森のツアーの説明があった。

民有林整備活動報告

2月28日(火)上ノ山地内の民有林整備

  参加者3名

中層木の伐倒と高木の伐倒に挑戦しました。

中層木の伐倒は問題ありませんでしたが、高木は枝が隣家の方に大きく傾斜しており困難が予想されました。幹上部からの傾斜した枝にロープをかけ隣家への落下を避ける方法を考え準備を始めましたが、残念ながらこの方法では困難と考え伐倒を中止し、この高木の処理は伐倒を断念することも含め今後の検討に委ねることとしました。

この処理に相当な時間がかかり今回の作業は中層木と高木3本のみの伐倒で終了しました。

20170228民有林整備s
 

 

定例作業報告

2月25日(土)晴れ
雑木林G
参加者 6名
寒暖の差が目まぐるしく変わる気候のなか「暖かい陽だまりの日」に恵まれ、今年の作業期末を迎えカワセミコースの未整備区域の整備作業に終始しました。またチェンソー作業に強いメンバー4名でコナラ、マツの大径枯損木の伐倒やソヨゴの除伐,沢に作業道兼観察道の木橋設置をするなど順調に作業が進みました
  チェンソーアート作品に挑戦する名人が出てきたりして楽しい一日でした。
CIMG1005 sCIMG1004 s
除伐完了域       丸木橋架橋
CIMG1003 sCIMG1006 s
チェンソーアート
人工林G
 参加者8名 (他にステップアップ講座に2名)
 作業の始めに、代表始め4名は大曲より林道を200mほど下ったところの林道脇に立っている古木桜(ヤマザクラ)の枯れ枝除去作業を実施しました。この桜は5m位の高さのところから林道を跨ぐように太く長い枯れ枝を伸ばしていました。危険だ、取り除いて欲しいと登山者からの依頼を受けていましたので実施しました。枯れ枝にロープをかけ引っ張ると根元近くから折れて落下しましたもしこれがハイカーの頭の上に落ちてきたら大怪我をしたでしょう。一件落着です。このあと4名は持ち場に戻り大曲下の人工林の間伐に合流しました
 ここでは比較的平坦なところと傾斜地での作業となります。比較的平坦なところでは間伐も終わり、林道からの見晴らしも良くなりました。また木漏れ日が小川や地面を照らすようになり明るくなりました。傾斜地での作業では足場が悪い上、立木同士が接近していて樹冠が全周で隣同士接近しているため、ベストの方向へ倒したとしても、どうしてもかかり木になってしまう傾向にあります。あとは木回しベルトでかかり木を解除したり、ロープを掛け滑車を介してプラロックで牽引して倒したりと、なかなか大変で苦労します。しかし、無事伐倒できた時には苦労も忘れ達成感があります。この日は、ヒノキ13本を間伐、その他雑木を数本伐採しました。
 昨年10月のプロット調査では、ここでの間伐本数は89の予定でした。今までの間伐数は、11月8本、12月0本、1月27本、2月19本、計54本。あと35本残っている計算になります。3月〜4月で終わる予定です。
 IMG_1177 sIMG_1191 s
IMG_1205 s








 

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード