2009年10月

日本山岳会「東海・北陸の200秀山」発刊

中日新聞社から日本山岳会東海支部(著)「東海・北陸の200秀山 上・下巻」が発刊されました。皆さん如何でしょうか?

200_5 上巻

 

 

 

 

 

 

  

 

200_6 下巻

10/28の臨時作業日の件

10/28(水)に臨時作業を行います。

作業内容は、10/7(土)の法人会員デーの準備作業です。

参加できる会員の方は、藤掛さんに参加の旨を連絡し、ご参集ください。

作業時間は、通常どおりです。よろしくお願いします。

10/24の定例作業日 (全体)

少し肌寒い気候になってきました。今日は曇り空の中、定例作業と同時になごや環境大学の講座が行われました。

猿投の森づくりの会では、除伐したコナラなどに、シイタケやヒラタケの菌を打っています。秋になって、ほだ木にシイタケがたくさん出てきましたので、収穫しました。

Sh015058 収穫したシイタケ

 

 

 

 

 

 

焼いてしょうゆをつけて食べるととても美味でした。森の恵みに感謝です。もっと食べたかったなー。

作業終了後、定例運営企画会議を開催しました。
<議事録>
①林道流土個所の補修
→次週流土の酷い場所の補修を県が行う

②11/7法人会員デー、なごや環境大学後期開催について
→10/28(水)に法人会員デーの準備作業を行う。
 12月の講座「人工林の手入れ」は、①間伐の意義についての説明②伐倒のデモンストレーション③チェーンソーの体験を行う

③猿投の森全体構想プロジェクトチームの件 
→今年末までに素案策定予定。そのために、チームメンバー7名で密に会議を行う。

④会の情報発信の方向性について
→まずはブログをよりよい形にしていく。ホームページにする必要性が出てきた時点で、ホームページの運用を考える。

⑤間伐材の利用について
→現状は、ほとんどが、林内に整理されて放置している(県が林外への搬出を認めていない)。林内で腐って、CO2を排出するので利用の仕方を考えたい。たとえば、春日井市には、王子製紙があり、その原料を供給するチップ化の会社もあるので、木材を紙にする下地は整っている。うまく、県に働きかけて間伐材の利用を行っていきたい。

10/24の定例作業日 (雑木林グループ)

雑木林グループの活動報告です。

午前は、11/7(土)に開催される法人会員デーの作業場所である「ヤマモモ広場」の草刈りを行いました。すっかりきれいになり、この場所で作業をするのが楽しみです。

Photo  ヤマモモ広場の草刈り

 

 

 

 

 

 

午後は、11/14(土)森の幼稚園、11/21(土)「秋の森の観察会」(なごや環境大学)で行われる観察会で歩く歩道の整理を行いました。観察ルートも良くなってきました。

Photo_2 遊歩道の整備

10/24の定例作業日 (人工林グループ)

少し肌寒い気候になってきましたが、作業にはちょうど良く、やる気が出てきます。

本日の活動報告です。

人工林グループ

午前は、前回(10/13)に引き続きリュウモン沢にある杉の枯れ木2本の伐倒を行いました。

枯れ木と言うのと、胸高直径40センチ以上あるので、安全を期して、今回も「追いヅル切り」で伐倒しました。通常行っている間伐の木より太いので、倒れるときには相当な迫力があります!間近で見ると感動します。午後は、前回倒した1本と合わせて計3本の枯れ木の処理(玉切りと木材の移動)を行いました。直径が40センチ以上あるとチェーンソーのバーが、木を一度では切れず、難儀しました。チェーンソーを使い慣れていない人には、もってこいの教材です。また、木材を移動させるときに、全員の協力で行うと、相当大きな木材を移動させることができました。(枯れ木で軽くなっていたのもありますが。)次回から、本格的に、間伐作業に入ります。間伐作業は、木が水を吸い始める春まで。今年は何本倒せるでしょうか?

Sh015053 切り株

 

 

 

 

 

 

Sh015060  玉切り作業

 

 

 

 

 

 

Sh015062 作業風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード