2011年04月

猿投の森のワークキャンプ プレキャンプ実施

本年度から開始することになった、NICEとの協働事業「猿投の森のワークキャンプ」のプレキャンプを、定例作業日に重なる4月23日~24日に実施しました。

生憎23日は終日雨天でした。
参加人数は、会側8名(泊まり3名)NICE側6名(日帰り各1名)でした。
定例作業の朝礼時にお互いに自己紹介し、午前中用具用品の整理整頓、枝切バサミの研ぎ出しを実施。
昼食後手入れ作業は終了とし、午後は、NICEのメンバーに森を知るツアーと座学(間伐の必要性、選木の考え方)を実施しました。

夜は、真夜中まで語り合い、満天の星空に震えながら感動しました。
また、朝方の冷え込み厳しく、よく寝れない人も居ましたが、9時10分には元気よくNICEエリアの作業を開始しました。
エリア全体を確認し、10m×10mの作業エリア設定、毎木調査、照度調査は完了、調査結果を簡単にまとめ情報共有化した後、選木、整理伐を一部実施して作業のサイクルを体感してもらいました。
鋸、鉈の使い方はおぼつかない状況で、整理伐を実施するには時間が思った以上にかかり、今後も参加メンバーが入れ替わるので、このペースをベースにプログラムを組む必要があることが判明しました。

しかしながら、孫の世代の人達のやる気、明るさ、森に対する関心の高さなどから、お互いに率直に話し合いしながら進めれば、息の長い事業になると心強く感じたキャンプでした。

P1130969

名札の穴あけ

P1130973

昼食の様子

P1140081

思ったように切れません!

P1140085_2

解体作業

P1140007

今日はお疲れさま~!カンパーイ!

ギフチョウ頭数定点調査 報告

4月17日(日)ギフチョウの頭数定点調査1回目を12名で実施しました。

当日朝方は、6℃と冷え込んでいましたが、徐々に暖かくなりお昼には20℃まで上昇し、直射日光もあり、風力も小枝が揺れる程度で、山桜は満開、小葉の三つ葉躑躅、菫はちらほら咲いている状況でギフチョウ飛来が期待される日和でした。
三又、北歩道2箇所、ツガ広場の4箇所を観測地点として9時半より12時まで観測をしました。

結果、キチョウ、ツバメシジミ、アカタテハ、スジグロシロチョウなどは飛来しましたが、4定点ともギフチョウの飛来は見られませんでした。
また、小葉の三つ葉躑躅満開の第一地区も観察してみましたが、こちらも視認できませんでした。
昼食後、山桜尾根をゆっくり散策して満開の巨木山桜を上から、横から、下から眺めて堪能しました。

次回の21日は、小葉の三つ葉躑躅や菫も見ごろになっているでしょうから、期待しながら実施の予定です。
各位のご協力をお願いします。

P1130935_2

P1130939

調査風景

P1130940

熱く語り合う!

P1130946

満開の山桜巨木

2011/4/12定例作業日

4月12日の定例作業は、好天に恵まれ15名の参加を得て3班に分かれて実施しました。
1班はサルナシ湿地の左岸水源地の整理伐、2班はサルナシ湿地架橋の仕上げ、3班は、スズメバチトラップの設置を実施しました。
1班の作業は、8割がた終了しました。2班、3班の作業は完了となりました。
なお、当初予定していた、ギフチョウの頭数定点調査は、蜜花開花遅れにより延期しました。

今回から、現場での実質的作業時間を確保する目的で現場で昼食を摂ることとしました。
初回は、人工林GRも含め全員が整備され様変わりしたサルナシ湿地で昼食を楽しみました。

次回23日は、サルナシ湿地左岸の整理伐の仕上げをする予定です。

P1130813

整理伐の様子

P1130831

P1130833

作業現場にて昼食
 

4/10 春季観察会開催

4月10日、恒例の春季観察会を開催しました。

前日の小雨とうって変わり好天に恵まれ19名の参加を得て実施されました。
3班に別れ午前は、三又広場ー北歩道ー猩々袴群落地ー山桜の尾根ー三又広場のコースを巡り、午後はヤマモモ広場ーサルナシ湿地ー朴の木広場ー記念樹ーヤマモモ広場のコースでした。
午前と午後コースは標高差100mほどあり、花の状況は大きく異なっていました。
午前のコースでは猩々袴の群生が見事でした。
午後のコースでは、小葉の三つ葉躑躅、山桜、田虫葉、大亀の木などが見ごろで標高差を実感しながら春の花々を楽しんで観察会を終えることができました。

Img_4788 

ショウジョウバカマの群生

Img_4799

P1130625

4/16 山路の森自然観察会の様子

第13回山路の森自然観察会

開催日: 2011年4月16

テーマ: 春の芽生えを見つけよう

参加者: 6名

前日の午後に降り出した雨も朝方には止み、まずまずの天気になり三叉周辺の遊歩道を散策しました。
樹木の芽吹きが始まり、樹齢100年前後と言われるヤマザクラの花が満開です。
タムシバ、ヤブツバキ、コバノミツバツツジ、ムシカリ、アセビ、アオキ、ウリカエデ、シロモジ、ミヤマシキミ、シキミ、コブシ等や、山野草のタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、マキノスミレ、の花も咲いていました。
フデリンドウの蕾みを確認、小鳥のコゲラ、ヒヨドリ、昆虫のビロードツリアブ、砂防ダムには小魚のカワムツ、などもいて山路の森もめっきり春めいてきました。

自然の多様な生き物が活動をする季節になり、次回からの観察会でどんな生き物に出会えるか楽しみです。

Photo

フデリンドウ

Photo_2

マキノスミレ

Photo_3

ミヤマシキミ

Photo_4

ムシカリ

Photo_5

アオキの雄花

Photo_6

ウリカエデの花

Photo_7

シキミ

Photo_8

タチツボスミレ

次回の開催は 5/21(土)です。どなたでもご参加ください!

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード