2013年11月

ギフチョウ生育環境整備整備作業のお知らせ

ギフチョウ生育環境整備整備作業を実施します。
会員の皆さんご参加ください。!! 

 標記の件、下記要領で実施します、近年手ごたえがなく気持ちが萎えがちですが、ギフチョウは人間よりもはるか昔から様々な環境変化を生き抜いてきた生き物です、よってこのような事業は、根気よく続けることが肝心です。皆さんと一緒に気持ちを奮い立たせていつか当たり前にギフチョウが観察できる森にしたく取り組んでいきたいと思っております。よろしくお願いします。

1.      日時:12月17日(火)

2.      集合時間:9時半

3.      集合場所:三又

4.      作業内容:ギフチョウ保護地区10か所の下刈、湿地付近の下刈

5.      解散:15時ごろ

音楽祭反省会出席報告

1122日  18301930 
於:日本山岳会東海支部ルーム

 音楽祭実行委員会による今年の音楽祭の反省会に参加した報告です天候にやきもきしたもののぎりぎりの段階で予定通り実施できたことに全員が安堵したとの雰囲気でした。次年度に向けて活発な論議をしました、森づくりの会側も反省事項と要望を説明し、委員会側の了承を得ました。また、O氏や委員長より会側の機敏かつ適切な活動に大いなる感謝の表明がありました。詳細は、1210日の作業部会にて報告します。

HN

 


大須RC30年記念植樹&大須小作品展に参加しました。


11
22日(金)晴 

大須RC30年記念事業の一環として、真言宗智山派別格本山大須観音本殿『大悲殿』右側に桜の植樹を行い、山桜フィールド事業の安全祈願と植樹した桜の根付を祈願する式典が大須RC会員約40名、猿投の森づくりの会から代表と小生が参加して岡部快圓貫主によって厳かに行われました。

午後は、大須小学校に出向き、猿投から伐り出した材を活用して生徒たちが作った作品展鑑賞と大RC主催のネパールの小学生と大須小の子供たちとのインターネット交流の場に参加しました。作品展では、子供たちの自由なイメージによる面白い作品に仕上がっており微笑ましく感じました。ネパールの子供たちとの交流は45分間でした、通訳のネパール人がぎりぎり到着して無事始まり、双方の子供たちが質問して答える形式でお互いの国や日常のことを知り合う機会になったようです。最後にネパール側の要望で君が代を斉唱したシーンでは会場から思わず大きな拍手が沸き起こりました。

HN



山桜フィールド定例作業報告


1120(水)晴/曇 参加3

 

 今までで最少の参加者でした。午前中はウッドデッキ予定地の「縄張り、やり方」を実施しました。ベンチマーク(北東)を決めて10m×10mの縄張りをした後、レーザーレベルで高低差を測量しました。その結果、ベンチマークから最大高低差は2m50あることが判明しました、また、そのエリアに多くの切株があり、この2点をどのようにクリアするか今後の検討課題です。現地での検討では、ウッドデッキを2段(5m×10m)にして高低差をなだらかにする。切株処理は、良いアイディアが出ず検討課題となりました。午後は、杉皮剝きを4本実施しました。屋根材に使えるようにはなかなか剥けず苦労しました、小屋跡にあったものを含めて屋根材に使える皮は、33枚追加で合110枚となり、あと10枚程度あれば道具小屋の屋根材は確保できそうです。

P1020969ts
ウッドデッキ設置場所高低差測量

 P1020983ts
屋根材の杉皮


第43回山路の森自然観察会


平成25年11月16日
テーマ  紅葉の雑木林
参加者 15名
 
山路の森の雑木林も秋が深まり紅葉の季節になりました。
外気温が5~6度位まて゛さがると紅葉が進むそうです。
3区の山桜コースから北遊歩道、一区のシャラノキコースから展望台への
コースを散策しました。イロハカエデの葉が赤く色ずき、タカノツメ、アオハダ、
コシアブラ等の葉が黄色くなり林の中は色彩がとてもきれいです。
やがて落葉する葉腋には冬芽が付き、毛に覆われたり、芽鱗に保護されて
寒さと乾燥に耐えて冬を越すのです。また早春に花を咲かせる木では
花芽を付けた状態が観察できます。
落葉樹は晩秋には葉を落とし休眠状態で冬を過ごすのです。 

12 定例 黄葉s
タカノツメの黄葉

 
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード