2014年04月

山路の森自然観察会の日程お知らせ!!

山路の森のフィールドで自然とふれあいませんか。

  木や鳥の名を知らなくても大丈夫、猿投の森づくりの会の会員が四季折々の森の楽しみ方を楽しくお伝えします。
五感を使って自然にふれあい、自然を知り、人と自然のつながりを感じましょう。 
☆ 参加費無料☆

開催期日  毎月第3土曜日  9:30(集合)~12:00(昼食後解散)
集合場所  山路の森ゲート前
持ち物    雨具、弁当、筆記用具、図鑑、ルーペ、双眼鏡等
服    装    長袖シャツ、長ズボン、運動靴、帽子等
お願い    小雨決行します。
小学生以下は、大人の同伴をお願いいたします。
傷害保険への加入は参加者個人の判断でお願いいたします。

お問合せ先  (公社)日本山岳会東海支部 猿投の森づくりの会 
公式ブログ  http://sanagenomori.doorblog.jp/
担当 猿投の森づくりの会 自然観察会グループ 竹田
電 話  090-3483-8010
E-mail  take-gsf@gctv.ne.jp


平成26年度 開催スケジュールとテーマ
☆自然観察会のテーマは変更する場合があります。

  • 春の芽生え    4/19  終了
  • 新緑の雑木林    5/17 終了
  • 水辺の生物         6/21   終了
  • 夏の山野草         7/19 終了
  • 雑木林の虫         8/16 終了
  • 秋の山野草         9/20 なごや環境大学 共育講座 終了終了
  • 木の実の色々      10/18 終了
  • 紅葉の雑木林      11/15 なごや環境大学 共育講座 終了
  • 落葉の色彩         12/20 終了
  • 野鳥観察            1/17 なごや環境大学 共育講座 終了
  • 冬芽の観察         2/21
  • 春をさがそう        3/21






 

第48回 山路の森自然観察会

開催期日 4月19日 晴れ
参加者 20名 
 12日の観桜会での案内もあって、今回は、多くの方々に参加して頂きました。 
 観察コースは、第Ⅰ地区:ゲートから第一管理道を経てアジサイコース、キツツキコース、展望台、林道、シタカシ広場ここから第Ⅲ地区へ移動し、トイレから北歩道、旧チロリアンブリッジスタート台跡、三叉路広場、ここで昼食としました。
 最初にゲート近くのジャケツイバラを観察しました。花芽が伸びて蕾が確認されました。ゲート近くの林道脇にあったコブシ一昨年に伐られてしまいましたが、(径約20cm)が萌芽した枝に蕾がついていました。遅ればせながら咲きそうです。
 ミヤマガマズミの花、ナワシログミの実(2,3の人が口に含んでいましたが、渋みが強かったようです)、参加者思い思いに観察しながら、展望台で一服しました。東海環状自動車道の見える斜面を遠望すると、広葉樹の若葉が柔らかい色を織なし目を楽しませてくれました。
 北歩道のトイレからの登り道の沿道にはコバノミツバツツジの花が広葉樹の若葉に中に映えていました。
 第Ⅲ地区のヤマザクラは、既に葉桜になって、赤みを帯びた葉が風にそよいでいました。ウグイスカグラの花が沢山咲いていました。 
 今回は、リーダーのTさんが所用のため受付後森を後にされましたので、慣れないFが記事を書きました。
IMG_2388雑木若葉
新緑
IMG_2382ジャケツイバラ
ジャケツイバラ
IMG_2390北歩道
北歩道
IMG_2393ウグイスカグラ
ウグイスカグラ
 

定例作業報告

4月15日(火)  晴
山桜フィールド整備 参加7名
 ヤマザクラコースの整備仕上げをした後、憩いの広場で杉皮剝きを実施、合計7本完了しました。なお、除伐済みのスギはウッドデッキ用材の本数を満たしていることが判明し、当面除伐はしないこととしました。
140415定例1954 皮むきs


次回作業予定

1.      日時:4月26日(土)
2.      集合:やまじ小舎
3.      時間:朝礼9:30 終礼15:00
4.      作業内容:
    ① 4次協定新規エリアの間伐と集材ほか

    ② ヤマジフィールド樹名板取付
    ③ 遊歩道周辺整備
    ④ やまじ小舎 スチール棚組立設置
    ⑤ 
元一号小屋解体資材の林外搬出作業
   

H・N記

なごや環境大学共育講座開講(第一回)&大須RC家族会

期日 4月12日(土) 天候:晴
 受講者数:47名(スタッフ含む)
講座内容
「希少な巨木ヤマザクラが群生する森での観桜会&自然観察会」

◎ 観桜会:(なごや環境大学共育講座第1回)
   ヤマザクラの開花遅れにより開催日を5日から12日に変更したが、正解でした。受講者は、なごや環境大学のガイドブック、東海自然学園のケヤキ通信、山岳会の支部報同封チラシなどを見ての申込者と、会員の知人、日頃作業のみでゆっくり森を散策できない会員などで総勢47名(スタッフ含む)でした。
   開講式の後4班に分かれて午前中は、
第3地区のヤマザクラコース、北歩道コースを巡り、三又付近で昼食後、ヤマモモ広場に移動して第一地区のシャラノキコース、サルナシ湿地、展望台、アジサイコースを巡り、随所に咲くヤマザクラ、コバノミツバツツジ他春の森の息吹をじっくりと感じながら観察会を終えました。
   講座開設
準備は結構手間がかかりましたが、観察会終了時点で複数の方より入会の意向を聴け開催して良かったと思える一日でした。
P1010069なごや環境大学 山櫻
P1010091なごや環境大学2sP1010090なごや環境大学1s

◎  大須RC家族会:
   13:
30過ぎにマイクロバス2台で来林した約30名の大須RC家族会のメンバーを、自然観察会をしつつシンボルツリーまで案内して、PJの進捗状況と今後の計画を説明しました。その後、大半の参加者が、憩いの広場まで往復して14:50頃他の班との合流地点に向けて出発されました。
   多くの参加者が初めて
の来林でしたが、名古屋から近いところにこのような素晴らしい森があることに感じいっておりました。また、山桜フィールドの整備作業に参加されたOSURC会員の方は、整備の進み具合に驚いて見えました。
P1010098osu家族会s


H・N記

「高尾の森づくりの会」植樹祭参加報告

413日 晴れ 参加者2名 

 猿投の森の観桜会を午前中で切り上げ、翌日開催される高尾の森の植樹祭に2名が向かいました。その日は「高尾グリーンセンター」に高尾の森づくりの会員ら約10名と同宿させてもらいました。 14年目となる今回の参加者は総勢330名。法人会員からの参加者160名、一般会員70名、スタッフ100名という発表でした。参加者は4つの班に分かれて、ウワミズザクラやイロハモミジなど16種の広葉樹の苗木 約600本を植えました。

IMG_1451s
 高尾の森の活動エリアは、いわゆる高尾山の北西3~4kmの急傾斜の山域の森で、我々が配属したD班は4班の中でも最も急勾配の斜面だったそうです。開会式の行われたベースから現地まで林道を1時間20分歩きました。イチリンソウやミヤマキケマンの咲く途中の沢には何箇所か先月の大雪の残骸が落ちていました。 IMG_1466 s

IMG_1473s
 
 植樹は急斜面の作業で足場が狭く、また石や礫混じりの土に深さ20cmの穴を掘るのも一苦労でした。本数は参加者が多いので一人当りの植栽本数は3~4本でした。
IMG_1485s
 
 作業を終えてベースに帰るとトン汁にウィンナー(企業会員からの差し入れ)のサービスが待っており、その美味しかったこと!
 
高尾の森では、14年間でこれまでに約2万本を植樹した実績があるそうですが、だんだん適地が少なくなってきており、その一方で参加者は楽しみにしているリピーターなども多く、今後どのように継続実施していくかが課題のようです。猿投の森で主に人工林グループで間伐作業に従事している私自身にとっては、とても新鮮な体験でした。

 
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード