2014年08月

9月6日定例作業日のお知らせ

9月第一土曜日定例作業日程

 雑木林G&人工林G共通 
 期日 9月6日(土)
 朝礼 9:30   終礼 15:00

 作業予定と集合場所
 ・雑木林G
  集合場所 やまじ小舎
  作業内容 シャラノキコース整備
 ・人工林G
  集合時間 9:30
  集合場所 東大演習林72林班
  作業内容 「人工林の現況調査」の実施
  
人工林の間伐を行う時は、事前に人工林の現状を調べます。
 これから間伐を行う森の中で、100㎡の区域(プロットと言います)の中の現状(現況)を調べ、その森にどれくらいの木があり成長はどうなるか、などから健全に育てる為に何本間伐すればよいかを判断します。 
興味のある方、参加をしてみたい方は人工林G加藤までご連絡ください。 

定例作業&緑陰夏季特別講座第4回

8月19日(火) 晴一時雷雨
参加者16名
定例作業 
 午前14名の参加を得て、日向を避けてやまじ小舎の庭で朝礼をしました。山桜フィールドテントサイト整備、アジサイ選定、やまじ小舎下刈3班に分かれ作業しました。
1.     山桜フィールドテントサイト整備班9名のうちY班3名はYさん作成の見事なWCの入り口扉を取付、柱・屋根材の組立、後はブルーシートを張れば完成と言うところまでこぎつけました。H班6名はテントサイトの整備を担当し、沢の清掃、洗い場用堰の設置、調理台用パネル二枚を炊事用テント場に搬送、調理台用足材を伐倒し1.5mの足8本を作成、1本打ち込んだ段階で時間切れとなりました。
2.     アジサイ剪定のS班3名は、群生地のアジサイの剪定を完了しました。
3.     やまじ小舎下刈のK班2名は、小舎庭の下刈を完了しました。また、やまじ小舎で使用する丸椅子10脚を購入し、早速当日の作業部会にて使用開始しました。
P1020609水場
憩いの広場 水場
P1020611トイレ
トイレ外構
P1040070アジサイs1整備前P1040071アジサイs2整備後
アジサイ群生剪定前           剪定後 

緑陰夏季特別講座第4回
 午後は、総勢15名にて、先週延期した夏季特別メニュー4「鉈研ぎ実習」を三又にてKさん講師の下、午後参加のFさんを加えて開催しました。まず鉈研ぎの基本、(砥石の粒子区分、製法区分、形態区分、とその使い分け、砥石を使用前に水に漬ける、切羽と刃先の研ぎ方)の解説を受けたました。その後、Kさん、Yさんの指導を受けながら三又の解放された空間、涼風を感じながら携帯用砥石を使った鉈研ぎの実習を行いました。切羽のべた研ぎが今まで正確でなかったことが分かりその修正にずいぶん時間がかかってしまいました、また、普段は台付砥石を使っていますが、携帯用砥石では手首の固定にコツが要ることなどを実感しました。Kさん、Yさん丁寧なご指導ありがとうございました。
IMG_2673緑陰講座4

作業部会
なお、特別メニュー4終了後三又にてWさんを加えて作業部会を、開催しました。終了間際になり雷雨が降りだし、急遽やまじ小舎に戻り17:00頃終了しました。
H・N記

次回予定

次回は、「山桜フィールドを楽しむ会」のキャンプ付作業です。
日時:8月23日(土)~24日(日)
集合:やまじ小舎
朝礼:23日9:30
終礼:24日14:00
詳細:先日配信したメール参照

定例作業報告

812日  雨のち曇り
参加者 1 

 朝方雨本降り、予報は終日雨でしたから作業・夏季特別メニュー4(鉈研ぎ実習)中止しましたが、雲量多いものの10時過ぎに雨が上がりました。
 Sさんよりかねて気になっている作業があるので午後から実施したいと連絡入りました。作業内容は、Sさんの報告を下にまとめました。Sさん本当にお疲れさまでした。

l  サルナシ湿地の木道通路確保

ヨシが倒れこんで木道が全く見えない状況を、一時間以上費やして木道の両脇を広く刈り、通れるように刈り払いしました。

l  シラカシ広場奥のササ刈り。

他の植物は残しササとナワシログミ、ハリエンジュの萌芽した物を集中して刈り払いしました。三回補充した油も終わってしまったので後少し残ってしまいましたが、終了としました、ゲートを出たのは5時17分でした。

 

HN

緑陰夏季特別講座第4回「鉈研ぎ実習」開催延期

夏季特別講座第4回 『鉈研ぎ実習』19日に開催します。

第5回『沢歩き』は中止とします。

定例作業日のお知らせ

812()定例作業日

●    集合:やまじ小舎

●    朝礼:9:30

    終礼;15:00

    午前作業 山桜フィールド キャンプ準備作業

    午後:13:00~緑陰夏季特別講座第4回   

   「鉈研ぎ実習」 講師川合鉊一氏(会員)
   森づくり作業の基本中の基本です。是非多くの会員が参加されることを望みます。 


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード