2016年07月

H28 第2回緑陰講座

平成28年7月23日(土)
開催場所:やまじの森 三又広場周辺
テーマ「森林土壌」 講師:森林インストラクター 川合壽之氏
参加者:15名
 三又広場の河畔で講義を受けた後、河畔の傾斜地、小屋跡地、北歩道沿い赤松林の地盤を掘削して実際に地層を確認しながら、土壌の状況を説明して頂きました。
 当日配布された、資料の項目は、次の通りでした。
 「森林土壌の基礎知識と見分け方」
・なぜ土壌を調べるか 
 新たな樹木を植えるのに適している土壌かどうかを知る:既往人工林の今後の保育の目安とする
 森林の機能を知る(水土保全等)
・土壌とは
  崩壊した岩石が風化して有機物と混合した状態で元の岩石とは異なった性質となったもの。(岩石が風化しただけの粒子や粘土等だけでは土壌と言わない)
 通常数十年から数百年かかって形成される。
・土壌断面から土壌型を知る 
 樹木を育てるのに向いた土、向かない土
 土壌は植物の生育を助け、また植物は土壌を変化させる。相互関係
 土壌型と生育植物の関係は深い(指標植物)植物により湿性や乾燥を好む種、特に酸性やアルカリ性を好む種がある。
 植物を見るとある程度土壌型を推定できる。

林業実務者としては、土壌型を判断できることが最も重要
 
良好な土壌は、植物の成長が良いだけでなく、環境保全にも役立つ最近は、特に土壌の機能増進施業が求められている。(森林計画 間伐実施による土壌崩壊発生等 対策:パンのような団粒状構造の維持と発達ににより降雨が速やかに吸収し、徐々に地下から川へ流出させる)
・土壌は環境により様々な性質のものができる
 原料、地形、気温、降水量
・土壌は層構造をしている
 A0層(落葉腐植層) 
 3区分する L層:落葉層 F層:有機物移行層 H層:有機物層
 A 層(腐植の多い鉱質土壌) A1層:腐植の多い鉱質土壌  A2層:腐植のやや少ない鉱質土壌
 B 層 A層の下位(腐植に乏しく明るい色調の層)
 C 層 (基層)母材層 比較的粗粒、石礫の含有が多い

有機物が土壌の主要要素
 落葉、落枝、生物の遺体などは分解して有機物となり徐々に地中に染み込んでいく、有機物は菌類、小動物、微生物などにより無機化され再度植物に取り込まれる。

 以下「土壌の調べ方、森林土壌の特徴一覧」は割愛させて頂きました。
DSCF1701講義

DSCF1714三又地層



 

定例作業報告

7月23日(土)曇り
作業参加者全員 15名 
 比較的涼しい日となりました。樹木の間を風が通ると身体がシャキッとするような、一日でした。
 午後からは、緑陰講座第2回目「森林土壌」が開催されるため、作業は午前中で終わりました。
 作業終了後、参加者全員が三又広場に集まり昼食を摂りました。
雑木林G (参加者 6名)
 今回もカワセミコースの林道沿いに除伐作業が進みました。コナラの枯損木(カシナガキクイムシの被害により枯れて腐食が進行しつつある大径木:胸高直径90㎝超え:)の伐倒をし、上空にポッカリと青空が望めて周辺が明るくなります。やがて地中に埋蔵した無数の種子のなかで、植物界のルールでもっとも優先される樹種の発芽が始まります。除伐作業は、こうして森林の更新に役立ちを担っています。
 DSCF1698枯死木伐倒

人工林G 参加者4
 今回は散策路の標識調査に参加された3人を除き4名で作業を行いました。
 まずゲート近傍の車や人通りの多い林道にかかるようにあった枯死木2本を伐採しました。2本とも大きめで、その内の1本は折れた枝が林道に散らばっていて危険な状態でした。除伐位置の道路両方向に見張りの人を配置し安全に期しました。1本目は予定の方向へ倒れましたが、2本目の伐採では追い口の位置が高めであったためツルがうまく作用せず30度ほどずれて倒れてしまいました。大先輩のKさんから基本に従って作業をするよう指導を受け勉強になりました。今後は基本に則り作業をするよう心がけたいと思います。
 そのあと移動し前回より作業途中となっていた実生林の除伐を行いました。スギとヒノキの実生林にウツギ等が絡みつき密生していました。不要の木を除伐したら見晴らしが良くなり、なんとサルナシが一杯実を付けているのを発見し感動しました。実りの秋が楽しみです。

 午後からは緑陰講座があるため三又広場へ集合しました。

民有林整備活動報告

7月19日(水)上ノ山地内の民有林整備
  参加者6名
 梅雨が明け、夏本番の到来となりました。
 作
業地は炎天下では非常に熱いのですが、さすがに森です、日陰は涼しく感じます。
 今回は、6名の参加があり、カシを3本伐倒しました。葉が生い茂り、木が非常に重くなっているように感じました。牽引具としてチルホールとプラロックを使い伐倒方向を確認しながらの作業です。思い通りの方向に倒れた時はやった“という喜びを感じます。葉が多いだけに、倒した後の整理は大変で、また、天下の作業なるので自然の厳しさを身をもって感じました。
 夏本番の中の作業でしたので早めに作業を終え、すぐ近くの喫茶店に寄り涼しさを満喫しました。
19民有林作業
 南側が開け 炎天下の作業となりました。

第64回山路の森観察会報告

平成28年7月16日(土) 曇り
テーマ   : 夏の野草
参加者 :15人
観察コース: 山路の森入口→ ゲート→ トイレ → 三叉路 → 
砂防堰堤(湿地)→ 三叉路
今回は、事情があって山路の森入り口からの観察会となりました。
入り口近くの右側には海上の森からの林道があります。
この林道を1時間ほど歩くと海上の森駐車場に着くそうです。
 夏草は、ムラサキニガナは咲終わりに近く、ツルニガナは、咲はじめ、ハエドクソウは、満開でした。
 それぞれ勢いが良く、時にはツタウルシが顔を出しています。幼い葉っぱは鋸歯が多く惑わされます。「危ない、危ない」 要注意です。
 イワガラミが咲終わりの合図をしています。マタタビが花と見間違える程、真白に片面変身です。
 やっと10cmほど大きくなった、ミズタマソウ、アケボノソウ、ナギナタコウジュ、健在です。
 先回蕾だったミカワショウマの群生地に行ってみようと言うことになり足を速めて行ってみました。すると10株以上はあると思われる株が満開でした。真っ白に咲いている姿に感動しました。周りではクロツグミがバリエーションある鳴き声をしていました。
 三叉路に戻るとチダケサシが薄ピンク色の花を咲かせていました。そこで遅いお昼になり、その後解散となりました。
 今回は、距離6、5km・9200歩の観察会でした。

(今回は草本が主になりました)
 草本  
 オカトラノオ 花、ハエドクソウ 花、ムラサキニガナ 花、
 ダイコンソウ 花、キツネノボタン 花、ノコンコンギク 花、
 ジャノヒゲ 花、アキノタムラソウ 花、ヨウシュヤマゴボウ 実、
 ヒヨドリバナ 蕾、ヌスビトハギ 花、ツルニガナ 花、ノギラン 花、
 チゴユリ 実、ヒメウワバミソウ、コメナモミ、キンミズヒキ、
 ボントクタデ、ヤブタバコ、アケボノソウ、ミズタマソウ、オトコエシ、
 ナギナタコウジュ、イヌコウジュ、アキノキリンソウ、チダケサシ 花、
 ミカワショウマ 花、オオバウマノスズクサ 実、
 木本
 タニウツギ、ヤマアジサイ 花、ナツフジ 花、マルバハギ 花、
 ムラサキシキブ 実、シロモジ実、コゴメウツギ、イワガラミ、
 マタタビ、タマミズキ幼木、アマズル、ノブドウ
 イモムシ
 ミスジビロードスズメ(体長4cm)
 野鳥
 イカル、メジロ、ウグイス、ヤマガラ、アオゲラ、ホトトギス、クロツグミ、
 ヒヨドリ
P7160094ムラサキニガナP7160096ミカワショウマ
ムラサキニガナ         ミカワショウマ
P7160094ミスジビロウドスズメ
ミスジビロードスズメ




 

平成28年度 第1回緑陰講座開催報告

テーマ「上山路川を知る」(上山路川遡行)

平成28年7月12日(火)12:45~15:15
講師・リーダー Т・W

参加者:19

今年度も5回に亘り定例作業日の午後に緑陰講座を開催してゆきます。
第1回は、表記の期日とテーマで開催しました。
午前中、各グループに分かれて森づくり作業を行い、作業終了後全員が朴の木平に集合して昼食を取りました。昼食後朴ノ木平を出発し、上水取入口に向かいました。上山路川遡行ルートは、朴の木平~瀬戸市上水取入口~上山路川~(十字合流点~山路大滝~岸壁:石切場)~作業道~林道~トイレです。

 朴の木平~上水取入口:多くの枯死木の倒木が道を横切っていました。倒木はほとんどが松でした。23年前は殆ど見られなかった情景でした。
 上水取入口~十字合流点:この間は、下流半分ほどは、谷が深く右岸に作業道が通じているため、作業道を歩いてのゆるい登りでした。

 上山路川(十字合流点)~作業道:十字合流点では、渓流が3本合流して、合流点の直ぐ下流に二本石橋が架かっています。ここで小休止して息を整えて、上流に向かって真ん中の流れに入り本格的な沢遡りとなりました。
 絶対ドボン(深みにはまる、転倒)はしないぞと意気込んでいましたが、流れの中の砂地に踏み入れた途端、長靴に水が侵入、慌てて引き抜こうとしたその時、バランスを崩し、尻餅、ズボンまでびしょびしょ、残念!!後は、かえって開き直って気軽に沢を歩くことができました。

 足の置き場を選びながら、小さな滝を横目で見て、大きな滝を高巻き、平坦な岩盤を滑らぬように、行く手を遮る岸壁を高巻きしたり、フィックスロープにすがってよじ登って、最後は、急斜面を木につかまり登り切り、林道に続く平坦な道に出て、ここで、参加者全員が集結するまで小休止。
 林道から東海自然歩道のトイレに到着すると、S・KさんとA・Kさんが、車で待機して頂いておりました。朴の木平へ運転者を送ってもらい、林道を下ってくる参加者を回収し、やまじ小舎に集まって、散会となりました。

IMG_8463

IMG_8470IMG_8482

IMG_8487


 



記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード