2016年11月

法人会員ディの開催

28年11月26日(土)天候 晴れ
猿投山 全山紅葉の真っ盛りのなか 私たちの会を支えてくださる法人(企業、ロータリークラブなど)の方々と年一度の合同森づくり作業(間伐、除伐など)観察会(珍しい樹木、野草などの学習)が47名を迎え行われました。
  今年は同伴来場の幼児、小学生の皆さん向けに「葉っぱジャンケン」など森の自然の教材をつかった工作、遊びを楽しんでいただきました。なかでも会の自然観察会、竹田リーダーの作品「シュロの葉」で造形された本物そっくりの「バッタ(等身大)」が参加全員にプレゼントされ、大切そうにもって帰られる姿が印象的でした。一生の思い出となるでしょう。
  だから森に親しむ機会を、父兄ともども私たちスタッフも一層努力しなければ…決意をあらたにした次第です。
IMG_1012a参加者とスタッフ
参加の皆さんとスタッフ
DSCF1812枝切り
わたしもがんばってます!!
DSCF1815伐倒体験 
追い口切、そろそろ倒れます。
森の勉強s 
森の勉強
IMG_2128 
整備後の森 


 

民有林整備活動報告

11月22日(火)上ノ山地内の民有林
参加者3名
少し寒さを感じる日でしたが、3名で作業をしました。住宅近くのそれほど大きくないカシ類を住宅に倒れないようにロープで牽引しての作業です。伐倒した木の整備も終わりました。また、稜線近くにある直径35センチのカシの木を伐倒しました。
 空間がある東側隣家の方向に少し傾斜し、隣家の庭に枝が張り出した大木です。安全を考えると難しい作業でした。まず、木の登って張り出した枝を3本落としました。それでも重心は隣家側にあるため、幹の傾斜を垂直になるまでチルホールで引っ張りながらの作業です。結果は予定方向よりやや上側となりましたが無事伐倒できました。残念ながら、人数が少なかったため作業途中の写真は撮れませんでした。
今日はこの木の処理完了まではできませんでしたが、安全対策を行って作業終了としました。
はじめての難しい作業でしたがよい体験ができました。Yさんの技術に感謝です。

民有林1122

住宅(倉庫)近くの低木を伐ってすっきりしました。 

第68回 山路の森定例観察会

日時   2016年11月19日(土)   天気 雨
テーマ  落ち葉の色彩
参加者  10名
コース 三又~北散策道~トイレ前ベンチ(落葉の同定)~三又

雨の観察会となりました、色とりどりの葉がびっしりと落葉して散策道に敷き詰められ しっとりとした美しさがありました。
色付いた葉を見ると同じ黄色系の色でも鮮やかな黄色はタカノツメ白みがかった黄色はコシアブラなどと遠くから見ても違いがはっきり分かります。見づらかった大木も落葉でこんなところにケケンポナシ、黒ずんだ落葉はミズキと,この時期ならでは気づきがありました。
参加者の方がミズキの落ち葉に小さなカメムシを見つけました。背に黄色い紋が見え、その場では、エサキモンキツノカメムシとしましたが、写真をよくよく見ると黄色い紋は上に切れ込みがなくハート形ではないです。前胸背(頭と紋の間)がエサキモンキツノカメムシは茶色ということで 【モンキツノカメムシ】と訂正します。後にも先にも この雨の中 鳥や昆虫を見たのは このカメムシだけでした。
小雨だった雨は しばらくすると樹幹を伝って流れるほどの本降りとなり、参加者のビニール傘には様々な落葉柄ができました。
拾ってきた落ち葉を並べ参加者全員で順に同定をしていきました。
雨に濡れ 冷えてきましたので 早目の散会としました。
【同定した落ち葉】
シロモジ イロハモミジ ケケンポナシ ミズキ コシアブラ タカノツメ アカシデ タムシバ コアジサイ オオカメノキ アマヅル ガンピ ヤマボウシ アカメガシワ ウラジロマタタビ ナツツバキ アオハダ アベマキ コナラ ヤブムラサキ カキノキ ウリカエデ ヤマザクラ ウワミズザクラ アオハダ ウラジロノキ エゴノキ ヒメコウゾ ムラサキシキブ マルバアオダモ ツクバネ マツブサ タニウツギ等
PB190009

PB190007

モンキツノカメムシ
モンキツノカメムシ
PB190011

PB190003



 

定例作業報告

東大演習林作業
2016
1115日(火)曇り

参加者3名  

 今日は、東大演習林での今年度最初の間伐実施日です。明け方まで雨が降り作業環境が良くないと判断し、午前中の作業を止め、12時集合、12時半からの作業としました。朝方には雨も止んでいたので、伐倒した時に雨雫が落ちてくるということもなく、通常の作業環境でした。この現場は道路に沿って広がる、比較的平坦な部分と、それに連なる山の傾斜部分とで構成されています。端から端までは、お互い大きな声をかければ話が通じる程度の広さです。安全な距離位置で3手に分かれて作業を開始。スタートがいつもより遅かったので、終わりの時間を1時間ほど伸ばしました。合計13本間伐しました。途中東京大学と書かれたヘルメットを被った先生が来られ間伐材のことなど雑談を交わしました。

森の探検隊2016

平成28年11月12日(土)晴れ  好天に恵まれ、さほど寒くない中で活動することが出来ました。  森は、シロモジが黄葉し、カエデも赤く色づいて、園児たちを迎い入れてくれました。  今回の参加者数は、園児42名、小学校定学年14名、保護者41名、引率職員8名の合計105名、森の会のスタッフは、11名でした。   
 小川代表からの歓迎挨拶の後、参加者は、2グループに分かれて集合写真を撮影しました。  写真撮影後、森の探検隊プルグラムのクラフト体験、森の体験(ネーチャービンゴ)を実施しました。  
 参加者は、クラフトとビンゴを交互に体験し、クラフトでは木切れでそれぞれ個性ある工作をしていました。  ネーチャービンゴでは、「いい臭いの葉っぱ」をスッタフがタムシバの葉を揉んんで嗅がせると園児が「あ!ほんとだいい臭い!」と声をあげ、ビンゴカードに〇を付けていました。  事故もなく昼食を陽だまりでとって、13時30分に園児たちがスタッフに「ありがとうございました」とあいさつして散会となり、帰途につきました。
 スタッフの皆様ご苦労様でした。
 IMG_4529歓迎s
 歓迎挨拶
IMG_4565tori sIMG_4596クラフト s
ネーチャービンゴ        クラフトづくり
ビンゴカード_01tori


 
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード