2018年02月

定例作業報告

2月24日(火) 天候薄曇り 
 雑木林グループ
作業参加者 11名
 やっと厳しい寒さもやわらぎ、春らしい気配が感じられるなかで作業が進むました。
 サルナシ湿地歩道橋の腐植処置として、丸太橋材1本の取り替え作業と今年以降、順次取り換えに備え、橋材の確保をしました。丸太4本の皮剥ぎ作業がまだ未着手で残りました。
 森づくり会「体験作業参加」としてYさんが加わられ、力強い作業で活躍して頂きました。
 また、Yさんには、代表、副代表の案内で実地見学にて、森の概要を説明され有意義な1日でした。

IMG_1520
CIMG1120皮むき (2)
CIMG1121橋補修 (2)
人工林グループ
参加者:5名
 前回伐倒した木の整理と、新たな木の伐倒とそれぞれに分かれて作業を開始。前回は時間切れやチェーンソーの調子が良くなかったりと、伐倒した木が一部そのままになっていました。それらの枝払いや玉切り、そしてそれらの積み上げにと一汗かきました。
 伐倒の方は、小川の向こう側斜面に向かって倒すもそちらの木にかかり木になってしまい、木回しで回し倒そうとしてもなかなか上手くいきません。
 また他方では、樹冠に周りを囲まれていて当然にかかり木になってしまいました。切られた木はほとんど直立のままなので、木回しで倒そうとしてたおれません。ここのヒノキは樹高があり非常にしなやかで、隣の樹冠にかかったままではプラロックで引っ張ってもしなってしまい、なかなか倒れません。
 いずれも何とか知恵を絞り倒すことができました。合計5本の成果です。苦労はありますが、ここを林道から歩きながら眺めた時に、木々の間から陽が当たる小川が眺望できるような景観を目指して頑張っていきたいと思います。
IMG_1527_01
IMG_1530


「猿投山で楽しく、明るい森づくり 第2回ビートルベッドを作ろう」

2月24日(土)晴れ

参加者2名、 スタッフ5名

 

 寒さが一段落した2月最後の土曜日の午前中、”なごや環境大学共育講座”に登録した「猿投山で楽しく、明るい森づくり」

の第2回目「ビートルベッドを作ろう」に、一組の若いカップルに参加していただきました。
 この日はちょうど会の定例作業日で、やまじ小舎で朝の朝礼から参加していただき、会の活動の雰囲気にも触れてもらう形となりました。

 会の成り立ちや、都市の近郊に位置するこの森の役割、矢田川の源流に位置しており、明るい環境林として維持するよう活動していることを紹介した後、林内の樹木の除伐とビートルベッドつくりをしてもらいました。
 ビートルベッドは、カブトムシのすみかという意味ですが、私たちは森の手入れ作業で発生する、木の枝や葉を集めて林内をきれいに保つために設けていることを理解していただいた後、会のスタッフと一緒に作業してもらいました。
 ソヨゴやヒサカキなど細いものから太い木まで、手鋸や枝切り鋏を使って除伐してもらいました。
 そのあと2メートル四方のビートルベッドつくりに入りました。4隅に杭を立て横木を渡して作業を進めました。
 掛け矢(木槌)を使って杭を打つ体験もしてもらい、体力勝負の汗ばむ作業となりました。
 会員もいつにも増して張り切って、倒した木の玉切りや、枝払いでサポートしました。
 午前中の限られた時間でしたが、りっぱなビートルズを完成させることができました。
 作業を終えて、お二人の感想「森の役割や山の大切さを実感でき、楽しい体験ができた」「自然に対して少しだけだが働きかけできて、気分が良かった」「また、参加したい。会社や周りの人にも今日のことを話したい」と、感想を頂きました。
 どうもお疲れ様でした!また、いつでも来てください。

IMG_1518IMG_1506
IMG_1512IMG_1501



定例作業報告

2月20日(晴れ)
人工林グループ
場 所:東大演習林
作業者:8名

 路肩に車を並べすぐ横の作業場へ荷物を抱えて向かいます。近いといいなと思いながら。
 天気は2月にしては寒くもなく穏やかで、体を動かしていると汗ばんできて1枚2枚と脱いでいきました。
 今回もかかり木が結構見受けられました。特に県道沿いのものは、ロープで道路反対側に引っ張りながら切るので伐倒方向が限られ、どうしてもかかり木を避けることができない場合があります。
中腹の斜面には比較的小さめの木が多数あり、それを手際よく伐倒されていました。
今回も参加者が多く、伐倒本数を集計するとなんと70本でした。今期累計で139本(残り213本)となりました。前回は43本でしたのでかなりの本数でびっくりです。
別に本数を競っているわけではありませんが、今回は胸高直径が小さい木が多く含まれていたり、ベテランが揃っていたからでしょう。
中腹の高い位置から見下ろすと間伐後のところには陽が眩しく照らしているのがわかります。
今期の作業日はあと3月の1回のみですので、残りは来期になるでしょう。

RIMG0005
RIMG0011
RIMG0018

第83回山路の森自然観察会報告書

日時   平成30年2月17日(土)  天気 曇り一時みぞれ
テーマ  冬芽とロゼット
参加者  15名
コース  ヤマモモ広場→丸木橋→サルナシ湿地・朴の木平→1号管理道→シラカシ広場・林道→ヤマモモ広場

ヤマモモ広場を出発点に観察を行いました。冬芽の観察は、芽の形、葉が落ちた痕の形(葉痕)や維管束痕の並び等を小人や動物等に例えて楽しむ観察です。広場だけでも多くの樹種があり、それぞれルーペで覗いたりカメラで撮ったりで しばらく移動できません。声をかけなければ半日でもそこから動かないのではないかと思うぐらい熱心です。手に取って冬芽を見れば同定でそうですが、高い木が多く枝に残っている実とか樹形・樹皮、下に落ちている葉と入念な観察が必要です。
広場から少し下ったところを左に林内へ入ると今年も春の訪れを告げる木といわれるマンサクが花をつけていました。1998年、県下で葉枯病が発見されて以来全国的に広がり大木のマンサクが次々に枯れました。近頃では、実生からの幼木や枯れた木の脇からの萌芽更新が見られるようになりましたが、花を見る機会はかなり少なくなっていますので大切にしたい木の一つです。昨年と比べると周辺が整備され明るくなっていて新たな植生に期待が膨らみます。ヤマモモ広場からこの周辺は不思議なところでヒメシャラの幼木も多く数年後が楽しみです。
散策道に戻るとキブシが蕾を垂らしていました。まだまだ硬いですが黄色い花が楽しみです。
じっくり観察していると木の枝には長枝と短枝がみられます。長枝は光を求めて伸びていきます。短枝は留まって複数の葉を付け効率よく光を取り込みます。短枝が発達している木は輪生状に葉を付け、花、そして実をつけることが多いようです。今回、山路の森で観察した短枝が顕著に発達した樹木は オオカメノキ、タカノツメ、ズミ、アオハダ、カマツカ等でした。節のようになった葉痕を数えると短枝ができた年数を知ることができます。
霙が降ってきましたのでサルナシ湿地へ急ぎました。数日前、少し暖かい日もあり期待をしてアズマヒキガエルの産卵の確認に行きましたが見られませんでした。
ショウジョウバカマの花芽がロゼットの真ん中に大きくなりつつありました。そのほかのロゼットはシュウブンソウ、ニガナを見つけることができました。
今日の収穫物はリスからのたくさんの贈り物のまつぼっくりのエビフライです。お食事会でも開いたのでしょうか、120個余りありました。山路の森でこんなにたくさん拾ったのは初めてでした。食欲旺盛な元気なリスがいることの確認となりました。
シラカシ広場で食事をしてからヤマモモ広場へ移動、寒い2月の観察会を終えました。

□その他に観察できたもの
◆樹木 ウワミズザクラ ハリエンジュ ケヤキ ツクバネウツギ シロモジ リョウブ ヤマコウバシ ヌルデ ヒメシャラ ニシキギ タラノキ クロモジ エゴノキ アセビ?? マルバアオダモ ネジキ バイカツツジ ヤマフジ ムラサキシキブ ミヤマガマズミ ゴンズイ オオウラジロノキ コブシ ネムノキ イヌザンショウ シロダモ ツクバネガシ ヤツデ?? コゴメウツギ等
◆鳥(鳴き声を含む) ヒヨドリ ヤマガラ メジロ コゲラ シロハラ トビ エナガ シジュウカラ ツグミ キジバト ウソ アオジ ハシボソガラス
◆ その他 ヒヨドリらしき巣

観察会の様子
観察会の様子
春が待ち遠しい キブシ
春が待ち遠しい キブシ
短枝が発達しているオオカメノキの花芽
短枝が発達しているオオカメノキの花芽
リスの食痕 エビフライ
リスの食痕 エビフライ

定例作業報告

2月13日()晴れ

雑木林グループ

作業者:9名

今回は、1月27日()が雪のため作業中止で1月9日()以来の雑木林グループ作業となった。一昨年笹刈りした1号管理道脇の笹刈りを中心に作業を実施する一方、サルナシ湿地の丸太橋補修のための木材選定と伐倒および一部運び出しを行った。ヒノキ一本だけは和気あいあいと寒い中、皮剥きも行った。また、幹線林道脇の大きくなったニセアカシア(ハリエンジュ)、ニガイチゴの除伐も行なった。1号管理道脇の笹刈りにおいては、シカの溜糞があり、アオキの葉っぱを食べにきているのかと思われた。

0213笹刈り作業前
笹刈り作業前
0213笹刈り作業後
笹刈り作業後
カモシカ溜め糞
カモシカのため糞
0213ヒノキ丸太
丸木橋用材 ヒノキ丸太 (一本皮むき 完)
人工林グループ
作業者:5名
 今回の作業区域も、林道と第2管理道との交点より下流の区域(やまじの森第2地区B-2)、前回の続きです。
 この作業場所は小川を挟んだ谷状の両斜面でヒノキが植栽されています。したがって足場が悪く移動は楽ではありません。
 この日の作業では、かかり木になったり、チェーンソーのソーが切り口に挟まれたり、チェーンソーが故障したりとトラブルに巻き込まれました。
 結局ヒノキ10本の伐採に止まりました。残り3月末までの作業日は3日ですので次回からは、安全第一、あせらず楽しみながらよりたくさん伐採していきたいと思います。

20180213定例人工林

記事検索
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード