2020年04月

猿投の森の歴史的記念碑

大禮記念林碑を発見!!

 大正天皇即位を祝して旧赤津村が黒松・檜約3万本の植林を記念して建てた記
念石碑を発見しました。
 大正5年(1916年)3月建立の記念碑。東大の演習林が開設(1922年)されるよ
り前である。
 上山路川の大滝がある場所より下流。川床より数メートル上の右岸の古い道(けもの道よりしっかりしてる)沿いにひっそり立っている。
 民有地、県有林外やまじの森の北側。快晴・新緑の森を2020年4月25日訪れた。
 もし興味のある方があれば同行し、再度訪れて詳しく調査したいと帰宅してから思った。
 3密がなく、フィジカルディスタンスが確実に保てる場所。
 ただし、再訪してもたどり着けるか不安。

IMG_1262 20200425下賜碑 (2)


 

和田豊司(
toyoji@kit.hi-ho.ne.jp

猿投の森 4月の山野草

自然観察会グループ 

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い観察会も中止となりましたが、森はヤマザクラをはじめ次々と春の花が咲きはじめ木々は冬芽から若葉に展開し始めています。4月16日現在の猿投の森の様子をお知らせします。

林道ではホウチャクソウのつぼみがふくらみ、チゴユリの花が咲きはじめました。スルガテンナンショウがあちこちに顔を出し、オオバウマノスズクサはつぼみを、モミジイチゴ、ニガイチゴは白い花をつけています。奥の三叉は遅咲きのヤマザクラの花びらが舞い、センボンヤリの白い花が咲いています。ウグイスのさえずりや久しぶりに聞くツツドリの声でにぎやかです。北歩道ではコバノミツバツツジがみごろです。シャラノキコースの入り口のウグイスカグラにピンクの花がたくさんついています。1号管理道ではヤマツツジ、モチツツジ、ミヤマガマズミの花が咲きはじめ、オオカメノキの花はそろそろ終わりです。森はこれから新緑の季節になります。

最後の動物の写真は昨年9月に撮った猿投の森のムササビです。林道のそばのスギの木に9月より少し前(?)に棲みはじめ、9月ごろには盛んに巣から顔を出し、林道を通る人を楽しませていました。12月ごろから顔を出さなくなり、引っ越ししたのか消息不明になり、下を通る人たちをがっかりさせています。暖かくなったらきっと戻ってくる、とみんな待っています。
ウグイスカグラ
ウグイスカグラ
シャガ猿投
シャガ
センボンヤリ
センボンヤリ
チゴユリ猿投
チゴユリ
ホウチャクソウ猿投
ホウチャクソウ
ミヤマガマズミ猿投
ミヤマガマズミ
モミジイチゴ
モミジイチゴ
猿投のムササビ
ムササビ

ヤマザクラ情報 第3弾

   14日定例作業は休みでしたが、例年通りハチトラップを16ヶ所に設置しました。
 シラカシ広場&ヤマモモ広場エリアに11ヶ所、三叉広場エリアに5ヶ所です。
 ヤマザクラも最後の木々のサクラが散り始めていました。早いのは葉桜でした。
 ヤブツバキもヤマザクラと競演していました。やまじの森へ向かう道からの山の斜面は若葉も競う景色でした。
                                                    大塚正数IMG_2378やまじへの道
やまじの森への道から
IMG_2381ヤマザクラコース
ヤマザクラコース
IMG_2383椿との競演
ヤブツバキとヤマザクラの競演
IMG_2384
IMG_2389
IMG_2398ヤブツバキ
ヤブツバキ

猿投の森 ヤマザクラ情報 第2弾

 4月9日雲興寺側から登り、猿投の森のヤマザクラコースを歩いてきました。
 早咲きのヤマザクラの花びらが足元に舞い、赤みががった若葉が輝きを増していました。
 今はその後に続くヤマザクラが一斉に花開き、三叉ではコバノミツバツツジが森を明るく
 していました。また、林道からの猿投山登山口脇にあるヤマザクラの花びらは道路に散り
 周りのヤマザクラからの花びらが風に舞う状況でした。
 猿投山に多く花開いたタムシバは色あせていましたが一輪輝いていました。
                                      大塚正数

IMG_2179雲興寺側
雲興寺側
IMG_2184
IMG_2189
巨木
IMG_2194
IMG_2267
IMG_2273
IMG_2280林道脇
林道脇 東海自然歩道入口付近カーブ
IMG_2219タムシバ
タムシバ

新型コロナウイルス対策 代表メッセージ

全猿投の森づくりの会員の皆様へ

 緊急事態宣言が発令されコロナウイルス鎮静化へ向けて全国民が協力しなけれ

ばならない状態を考え活動を次のようにしますのでご理解ください。

 1)2020年5月10日(日)まで会の公式行事(定例作業、臨時作業、観察会、会

議、集会、イベントなど)をすべて中止します。

 2)2020年5月11日(月)以降については事態の推移を見定めたうえで判断し、

お知らせします。

 3)会の運営や相談しなければならないことはメールにて代表もしくは運営

委員にお伝えください。

   必要に応じて運営委員会(メールにて審議)で相談して決めます。

 4)総会は議案を郵送で会員に提示し意見をお聞きし修正し決定します。会

議は開催しません。

 5)愛知県に宣言が適用された場合は期間を含めさらに厳しい活動制限にな

ることもあります。

 ご参考

  3密を避け、人と人との接触を極力なくすことは言うまでもないことです。
  一方心身の健康維持のため散歩などは許容されています。猿投の森は今一番気持
ちの良い時期を迎えています。
  行き帰りも含めて3密を避け、少人数(家族程度)で森を散歩されるのも良いと
考えられます。
  森をこよなく愛する皆様にとって辛いことと思いますがご了解ください。

2020年4月8日
猿投の森づくりの会
 代表 和田豊司
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード