第16回山路の森自然観察会

開催日: 2011年7月16日
テーマ: 雑木林の虫たち
参加者: 8名

ヤヤモモ広場から湿地,古窯、シャラノキ方面へと散策をしました。
虫は、ホタルガ、コシアキトンボ、ハグロトンボ、クワガタ、ザトウムシ等を観察、樹木のウリカエデ、イソノキ、ウスノキ、ムシカリ、サルナシ、シロモジが実を付けていました。
山野草は湿地で(ハエドクソウ、ヤマトウバナ、ノボロギク、ツルニガクサ)、他にチダケサシ、トリアシショウマ、オオバノトンボソウ、オカトラノオ等が咲いていました。
バイカツツジの花とムシカリの実がとてもきれいに見えました。
谷の沢にはサワガニがいるんですよ。

Photo

ハグロトンボ(カワトンボ科)
 川など水生植物のあるゆるい流れを好み住宅地周辺にもいる

Photo_2

クワガタの♀(クワガタムシ科)
 クヌギ、ナラ、ヤナギ等の樹液に集まる

Photo_3

オオバノトンボソウ(ラン科) 
 丘稜や林内に生える多年草、花は黄緑色をしている

Photo_4

ヤマトウバナ(シソ科)
 木陰に生える多年草、葉は対生し荒い鋸歯がある

Photo_5

ツルニガクサ(シソ科)
 山のなかの木陰に生える多年草

Photo_6

チダケサシ(ユキノシタ科)
 山地の林内や林縁に生え白色の小さな花を多数付ける

Photo_7

トリアシショウマ(ユキノシタ科)
 林のなかに生える高さ1m位の多年草

Photo_8

オカトラノオ(サクラソウ科)
 日当りの良い草地などに生える、花序を虎の尾に見立てた

Photo_9

ハエドクソウ(キツネノマゴ科)
 林の中に生える多年草、根を煮詰めた汁でハエ取り紙を作った

Photo_10

バイカツツジ(ツツジ科) 
 白く小さな花がウメの花に例えられてこの名が付いた