日時 27年7月18日
テーマ  夏の山野草
参加者  7名
 観察会開始の9:30前には 雨が降っていましたか゛ゲートの前には7名の参加者が集合しました。
 観察会参加の常連の人達です。 7月から9月にかけて山路の森には奇麗な山野草が咲きます。
下見の時と18日に 観察した植物は シラヤマギク、オオバノトンボソウ、 チダケサシ、ハエドクソウ、ムラサキニガナ、オカトラノオ、ミヤマウズラ、タケニグサ、ミカワショウマ、キンミズヒキ、アキノタムラソウ、ニシキゴロモ、イチャクソウ 等です。
 オオバウマノスズクサの実を観察しました。ジャコウアゲハの食草です。
 鳥の鳴き声  ウグイス コゲラ ヒヨドリ センダイムシクイ等
 中でもミカワショウマは三河地方鳳来寺の乳岩地域が自生地と言われる植物です。昼には観察会を終わり三又で食事をして解散しました。
 9月には秋の山野草のテーマで観察会を行います。
046
オオバウマノスズクサの実