平成28年1月12日(火)晴れ
参加者 21名
 平成28年仕事始めの定例作業日、こころ新たに森へ入りました。
 作業は、次の3班に分かれて行いました。①前日火入れした、山桜フィールドの炭焼窯、窯開き班、②ヤマモモ広場左斜面の人工林除伐作業、③第1号管理道右域の林床笹刈、除伐、枯死木伐倒処理 作業


人工林グループ 5名
人工林グループの
2016年仕事始めは、昨年末から着手したヤマモモ広場下のエリアのコナラやマツなどが混在する劣勢なヒノキ人工林での整理伐。正月のお屠蘇気分をパッと振り切って、Iリーダーの掛け声の下、作業開始!針広混する鬱蒼とした森なので、ほとんどが掛かり木となり、二人がかりで木回しやプラロックを使っての悪戦苦闘の作業で、午前中に13本伐倒しました。
12人工林

雑木林グループ 6名
 第1号管理道の右側域を継続して除伐整理しました。

 林床の笹刈り、小灌木の除伐、枯死木伐倒処理を刈払機3台、チェンソー3台を使用して作業に当たりました。
 コナラ、ヤマザクラの枯死木は、ツルがらみが多く、伐倒処理に一工夫が必要でしたが、Yさんの経験と知恵で絡み合っていたコナラ枯死木とソヨゴを見事に伐倒処理しました。
 今回で笹刈は、ひと段落つきました。
 

DSCF1139林床笹刈

炭焼き・窯開き

2016年1月11日・12日

 半年掛けて準備して来た炭焼きがついに始まることになり、PJメンバーは前日は眠れない日になったのではないかと思います
 とにかく、炭焼きをするのは初めての人ばかりで、ひとつひとつの事がいいのか悪いのか分からないまま忙しく始まりました。
 ド
ラム缶とオイル缶2個で始めました。煙を見ても色が変わったか、臭いが変わったか相談しても中々分かりません。とにかく、温度調査と記録を書く事を必死にやりました。
 
ドラム缶は次回の作業日に窯開きをしますが、温度が下がったりして失敗作になりそうです。オイル缶は煙を見ていると、半焼けの状態ではないかと思っていましたが、竹はうまくできていました。
 花炭も松ぼっくり、バナナもマーマーの良い出来だと思っています。松ぼっくりもあまりに小さくなったのでビックリ。一番よかったのは、焼き芋、おもち、シイタケを炭で焼いておいしく食べれた事です。今後炭の出来栄えは別として、おいし物が食べれそうな感じです。

2日目・再着火s缶の中からs
再着火    花炭(バナナ・マツボックリ)