7月11日(火)晴れ 参加者15名
雑木林G
作業者:7名。
作業概要:薄日の中、サルナシ湿地のアシ刈りとホウノキ平および1号管理道脇の笹刈りを実施しました。木道に覆いかぶさっていたアシはなくなり、木道の右にはエゴノキの実、左にはサルナシの実を観察することができるようになりました。
 林内の笹刈りを行なった結果、ホウノキ平では、「トンボソウ」のすらりとした姿を、管理道脇では「ウスノキの赤い実」を見ることができ、甘酸っぱ い味がしました。
IMG_8232
サルナシ湿地 葦刈り前
IMG_8265
サルナシ湿地 葦刈り後
IMG_8230
ホウノキ平 笹刈り前
IMG_8260
ホウノキ平 笹刈り後
IMG_8243
サルナシの実
IMG_8254
ウスノキの実

人工林G
参加者6名
 朝礼で、大雨の後林道脇の土手が崩れているという情報があり、枯死木の状況も確認しながら三又までゆっくり車を走らせた。大雨による流水のため林道のあちこちで凹みができていた。土手の崩壊も小規模ではあるが数カ所確認できたが車の通行は可能であった。
 三又から左の方向に進んでいくと、林道が川をまたいでいる箇所では、川の林道上側は、そこでせき止められ土砂で埋まっていた。道路下を貫通している土管入り口部分は砂の中に埋もれ、川水は道路の上を流れて川下へ流れ込んでいた。この時の川の流れは少なかったが、流量が多くなると氾濫し道路が川のようになるであろう。応急的に土嚢を積んで、川下の方へ導かれるようにする必要がある。その位置からさらに上の方、新しく修復された堰堤のところまで確認したが特に異常はなかった
 三又から右の方に進むと、50m位行ったところで直径が50〜60m位のアカマツの倒木が林道を塞いでいた。右手土手の上にあった枯れたアカマツが今度の雨風で高さ7〜8m程のところで折れ、折れた先の10m程が急斜面の方向へ倒れ、先の部分が林道に覆いかぶさっていた。
 倒木処理グループと、土嚢を作るグループの二手に分かれた。倒木を処理するグループは、チェーンソーを使い倒木をだるま落としで処理し、丸太切りのあと林道横に集積した。そのあと枯れて立ったままの残りの部分のアカマツを伐倒した。この倒したあとのアカマツを処理するときに、枯れたアカマツノの樹皮が剥がれたが、その中にたくさんの虫がいた。この倒木の周りには倒れたら林道にかかるだろう危険なアカマツの枯死木がまだ2本残ってり処理が必要である。
 土嚢作成ブループは、土嚢袋をやまじ小舎に取りに行き、大曲に積んであった砂利を利用して土嚢づくりを開始した。この砂利は以前県の方から使っていいと言われていたもの。倒木処理グループも合流し土嚢袋が底をつくまで、おおよそ80個位の土嚢を作った。
 残りの時間は委員長から依頼のあったゲートより外側、市道脇にある枯死木の処理に向かった。しかしこのアカマツはまだ枯れていなかったので伐倒はやめた。ただその道路反対側にはアカマツの枯れたのが3本あり、通行人に対し危険であるのがわかった。ただそれはD学園の所有地であり無断で切ることはできないため、電話で確認をとった。担当の方が不在であったが、夕方電話があり伐倒の許可と依頼を受け、この夏の間に処理することとした。ただし、切る前と切った後の写真の送信を依頼された。
 今後の予定としては、道路と土手の応急的処理、および枯死木の処理が必要だが、前者については仕事の分量から全体で処理する必要があろう。