平成29年11月21(火)曇り
場所:東大演習林
参加者 5名 
 前回9月19日に引き続き毎木調査、選木を実施しました。今回は2グループに別れそれぞれ両サイドから調査を始めました。
毎木調査は、区域内の全てのヒノキの胸高直径を計ります。
選木は、プロット調査結果を元に作成した現況密度調査表(間伐予定)に記載された材積間伐率(29.6%)、本数間伐率(37.0%)及び平均樹間距離(2.9m)等を参考に伐る木を選びます。伐る木は不良木、劣勢木を優先的に選び、更に上層木も含めて目標値になるように選びます。適正に間伐することによって樹冠が開け、陽が草本層まで差し込めるようになります。
 前回の調査と今回の調査の集計をすると、残す木364本、切る木246本、合計610本となります。したがって選木による本数間伐率は40.3%となります。現況密度調査表によると、本数間伐率は37.0%となっていますので、今回の選木本数は少し多めになっています。
 また610本の毎木調査が完了していますが、現況密度調査表によると現況の本数は1,057本(計算値)となっていますので、おおよそ60%(610/1,057=57.7)の毎木調査が完了している事になります。残り本数は計算上では(1,057―610=447本)ですが、今回は2グループで471本の調査を完了していますので、あと1日(2グループ)あれば全ての調査が完了することになります。

20171121東大演習林