1月24日(火)上ノ山地内の民有林整備

  参加者 4名 

今日は前回伐倒した樹の枝の処理と前回と同様に山主さんの自宅の建設場所方向に大きく傾斜した樹の伐倒です。

今回の伐倒は切り口直径が45cmほどにカシの樹です。

住居側に倒れないようにチルホールでひっぱって転倒防止をし、別のチルホールで牽引して伐倒しました。

カシの木は上層の枝が多くまた常緑で冬でも葉が茂っていて、伐倒よりも枝の処理に時間を要します。

前回伐倒した樹の枝の処理と今回の樹の伐倒に午前中の時間を要しました。

午後は今回伐倒した樹の枝の処理に半日かかり、細いカシの木を1本伐倒して今日の作業は終わりとしました。