雑木林グループ
3月24日(土) 晴 参加者 8名
 
29年度事業最終日の作業となり、引き続き未整備の事項に着手しました。
①1号管理道沿いの林床整備
  ササ刈りを中心とした整備をほぼやり遂げ、自然倒木のマツの枯死木及び同時に倒壊した周辺木等の定尺切断、集積整理をしました。
  倒壊木が交差して重なり遇う姿は、自然の現象ではありますが放置された森の姿とも言えます。この作業を行うことにより、植生の更新を促進し、森の美観が格段に映えました。 
 1号管理道は瀬戸市市街地と「やまじの森」幹線林道を結び、東海自然歩道を経由し猿投山山頂に至るハイキング道として、また過去「サクラ」「カエデ」類が植栽され「市民の森」を目指された形跡があるように感じます。
  市民参加の「景観の良い里山林」とし、周辺整備を継続して行きます。
 
②「サルナシ湿地」木道橋 改修の用材確保作業
  約20m余の橋の腐植が進み、順次取り換え作業が必要となります。
  2月から用材の伐採、丸太集積、皮剥ぎ、乾燥保管を進めてきました。
  当日は一連の最終作業をやり遂げました。

GEDC0251 s

GEDC0255 s
人工林グループ
作業場所:県有林
参加者:6名
 林道と第2管理道で挟まれた区域での今年度最後の作業日でした。伐倒本数は10本。ただ伐倒後の整理が残っており来期4月はその整理を行う予定です。まだ除伐(間伐)する予定の木が少なからず残っており、前回も触れましたが本区域での作業は来期に持ち越しです。最終的には、残った木々が立派に成長できるようにすること、林床に陽が差し込め植生が豊かで保安林としての役目を維持すること、かつ林道からの景観を良くすることが目標です。今までの作業で除伐が終わった部分は林床に陽が射して大分明るくなったと感じますが、全体的にはまだまだです。県からの許可がでれば来期早々にも除伐作業を行う予定です。
 Oさん撮影のショウジョウバカマは前回のはまだ蕾でしたが、今回のは陽に当たって、すーと立ち上がり立派に咲いていました。
P_20180324_142038
P_20180324_101257