平成30年4月10日(火)天候 晴天
雑木林G
参加者 10名 
汗ばむほどの晴天に恵まれ、林内の主要林道「ヤマモモコース」沿いの整理伐を
に取り組むました。 
整理伐の目的は
①明るい林道をめざして、採光を妨げるアラカシなどの常緑高木の伐採。
②林道際の、ミツバツツジを中心とした落葉小木を成長させるためヒサカキ、アセビなど常緑樹の除伐。
③整理伐された後、ササ類の繁茂を防ぎ、草本、落葉小木の成長を助長させるササ刈り。
また 
 Sさん推奨の「タマミヅキ」の眺望を楽しむための徐伐を行いました。
 モチノキ科の落葉高木 樹高20mを超える堂々たる枝ぶりが2本5~6月頃、緑白色の小花を密につけ、秋に赤く丸い実を結ぶ。
 あたらし景観スポットの誕生です。
 シーズンには是非楽しんでください。
GEDC0269s
コナラ実生幼木群生
人工林G
参加者:7名
 第5次協定3年目最初の定例作業日です。天候にも恵まれ、オオバヤシャブシやリョウブの新芽が眩しく光り、気持ちよく作業をすることができました。通常、間伐許可を3月末までとして届けているので間伐作業は3月末で終了し、必要に応じて4月は伐倒した木の玉切りや集積などの整理作業を行います。夏期には間伐は行わず、10月から3月にかけて次の場所での間伐作業を新たに行います。
 この日の作業も3月に伐倒した木の玉切りや集積作業を行いましたが、間伐は予定の半分にも達していないので、新たに間伐許可が出た後引き続きここで間伐を行う予定です。まだ間伐されていない箇所は林内が暗く鬱蒼としていますが、間伐が終わったところは林床に陽が射して明るくなっています。
 その他、林道側部が法面に向かって崩れ落ちそうになっているところを、杭を打って補修を行いました。また、今週末には観桜会があるので、別の場所大曲を少し上った林道で、崖の途中で立ち上がり林道に向かって倒れそうな中木のアカマツ枯死木2本があったので、それを伐倒しました。
3
12
4