5月15日(火)快晴
人工林グループ
作業場所:東大演習林  参加者:6名
    天気は快晴。森の中は昼食時の温度が24℃。同時刻名古屋市より3℃ほど低かったようです。昼食をとっているときは爽やかな風がありベストコンディションでしたが、午後から体を動かし始めるとしっかり汗ばんできました。木漏れ日の中ではイトトンボが羽を休め、またホトトギスの鳴き声が長いこと聞こえていました。
 今日の伐倒本数は33本。MさんもKさんの指導を受けながら4本伐倒しました。伐採本数累計で224本、達成率63%となりました。他にこのヒノキの人工林に小さく囲まれたスギ林で大きな枯死木があり、それが道路に面していて危険であったので、それも伐倒しました。
 今日で演習林での作業は休止となり10月から再開し来年3月までの6回で完了の予定です。
 ここの作業区域は、道路に面した比較的平らな部分とそれに連なって奥の方に急斜面の部分があり、またその先には比較的平らな部分があります。道路に面した平らな部分と、斜面及びその先の平らな部分では、木の大きさに明らかな差があります。同時に植林したところとのことですが、下の方が栄養が豊富なのか大きくなっています。
 この区域は過去に間伐が行われていますが、下の方では成長が早く樹冠が覆いかぶさり陽が入らなくなってしまい、下草や低木がほとんどありません。それに比べ上の方では、成長が遅かったためか、陽が地表まで届き下層低木が豊かになり、コアジサイ、ミツバツツジ、モチツツジ、アセビ、エゴノキ、スノキ、シキミ、ヒサカキ、アラカシなどの低木が見られました。
 斜面から下に向かって水の流れがあり、そこに湿地ができています。下の方は大部分間伐が終わり地表まで陽が差し込んでいるので、これから下草が生え下層低木が芽吹き成長してくるでしょう。この先が楽しみです。
P_20180515_103752_vHDR_Auto
P_20180515_103619_vHDR_Auto
P_20180515_103925_vHDR_Auto