日時   令和元年7月20日(土)       天気 曇り

テーマ  夏の野草

参加者  15名

コース  ヤマモモ広場 ― 林道 ― 三叉広場 ― 堰堤上の橋手前 
―三叉広場― ヤマモモ広場


今回は記念すべき第100回の観察会です。
台風の影響で朝まで降っていた雨も幸い上がったので初参加2名を含む15名で
出発し、まずは林道脇のコクランを観察しました。黒蘭とはいえ花の色は暗紫
褐色、高山に咲く黒百合に似た色です。昨年は増えたと喜びましたが今年はイ
ノシシに荒らされたせいか2株だけが花を付けていました。
その近くで先月咲いていたイチヤクソウは株ごと掘り取られ姿を消してしまい
ました。これはイノシシではなく明らかに人間の仕業でとても残念なことです。
イチヤクソウの仲間は周囲の樹木の菌根菌と共生し、移植しても栽培は難しい
植物だそうです。

 アサギマダラが好きなヒヨドリバナがあちこちで咲き始めました。今年たくさ
んの花を咲かせた大曲のオオバウマノスズクサは緑色の実をぶら下げています。
近づいて探してみるとお目当てのジャコウアゲハの幼虫を発見、蛹は後ろ手に縛
られた女性の姿に見えることから怪談「皿屋敷」のお菊にちなんで『お菊虫』と
呼ばれます。成虫ともどもウマノスズクサの毒を体内に蓄積し捕食者から身を守
る術を身につけています。蝶たちが優雅にやまじの森を舞う姿が期待できます。

 道沿いの白く小さなハエドクソウの花は薄桃色を帯びて可愛いけれど、可愛く
ない名前はこの根を煮詰めた汁でハエ取り紙を作ったことで付けられたそうです
 皆さんは天井から茶色のハエ取り紙がぶら下がっている光景を知ってる世代で
しょうか?羽化したばかりでまだじっとしているヒグラシも見つけました。
 セミの鳴き声が聞こえる季節がやって来ました。

 三叉広場ではチダケサシ、ミカワショウマの花が盛りを迎えています。どちら
もよく似た白い円錐状の花ですが葉の形が違い、愛知県固有種のミカワショウマ
は先端が尖った卵形の葉が特徴的です。清流に映える満開の清楚な花を見ながら
川沿いを往復しました。

 三叉で昼食後、ヤマモモ広場まで雨にも会わずシダや樹木を観察しながら戻り、
やまじの森の自然を楽しむことができました。

【草の花】
コクラン、ネジバナ、ハエドクソウ、ダイコンソウ、ヘビイチゴ、
ヒメキンミズヒキ、ミズヒキ、ママコノシリヌグイ、ツルニガクサ、
アキノタムラソウ、ヒヨドリバナ、ガンクビソウ、サジガンクビソウ、
ムラサキニガナ、シラヤマギク(蕾)、ノギラン(蕾)、チダケサシ、
ミカワショウマ、オカトラノオ、ヨウシュヤマゴボウ、コウヤザサ

【木の花】
ヤマアジサイ、ノリウツギ、バイカツツジ

【鳥の声】
ヒヨドリ、サンコウチョウ、ヤマガラ、ハシブトガラス、
ホトトギス、メジロ、クロツグミ、ウグイス、ソウシチョウ、コゲラ、
イカル、エナガ、キビタキ、オオルリ、センダイムシクイ、サンショウクイ

オオバウマノスズクサの実ジャコウアゲハの幼虫
オオバウマノスズクサの実        ジャコウアゲハの幼虫
アキノタムラソウオカトラノオ
アキノタムラソウ           オカトラノオ
ヒメキンミズヒキミカワショウマ
ヒメキンミズヒキ            ミカワショウマ 
ハエドクソウコクラン
ハエドクソウ              コクラン
ムラサキニガナヒグラシ
ムラサキニガナ             ヒグラシ