日時 令和元年8月17日()  天気 晴れ

テーマ 雑木林の虫

参加者 27名 (大人21名、子ども6名)

観察コース ヤマモモ広場➝カワセミコース➝ホオノキ平➝第1管理道

     ➝シラカシ広場➝林道入口ゲート➝ヤマモモ広場

 今月の自然観察会は、台風10号が過ぎ去った後で、昨年同様暑い夏の林間コースを歩き回っての虫探しとなった。集合したヤマモモ広場では、早速アブラゼミを捕えていた。

歩き始めて最初に目に飛び込んできたのは淡い緑のアマガエルであった。その近くではクモに似てクモでない足の長いザトウムシも見ることができた。先般バナナトラップを仕掛けた雑木林エリアではクワガタやカブトムシを見ることはできなかった。サルナシ湿地手前の丸太脇では、ヤスデがゆっくりと動いていた。虫捕りネットでコオニヤンマは確保できたが、蝶は動きが早く確保できなかった。森の中は終始、アブラゼミ、ツクツクボウシの特徴ある鳴き声が響きわたり、真っ盛りの夏を感じることができた。

1号管理道にはコブシの実が風で落とされ、割ってみると赤い実が秋を感じさせてくれた。

シラカシ広場のシラカシの幹にはノコギリクワガタが散歩しており写真に撮ることができた。また、枝の先端を触るとポトリとクワガタが落ちてくるし、高い枝には悠然と歩くクワガタを見ることができた。その後、ゲート脇のアベマキの木を覗きに行ったがクワガタは見当たらず、30分ほどして戻ってみるとクワガタを6匹程確保することができた。

今回は、ゲート前に車が止められており、2時間ほど森に閉じ込められ、貴重な経験を味わってしまった。参加された方には大変迷惑なことであった。ゲートに張り紙をして車を止めないように喚起したい。

◆観察できたもの

  虫たち

アブラゼミ、ザトウムシ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、ヤスデ、

ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、コオニヤンマ、オニヤンマ、ジョロウグモ、

ウスバカミキリ、ハラビロカマキリ、スジコガネ、ジャコウアゲハ、モンキアゲハ、

ハグロトンボ、マユタテアカネ、キリギリス

  樹の花

ノリウツギ、クサギ

  草の花

ヘクソカズラ、キンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、ミズヒキ、ミズタマソウ、ダイコンソウ、ヤブラン、ヒヨドリバナ、ガンクビソウ、シュウブンソウ、ツユクサ

  鳥の声

ホトトギス、サンショウクイ、ヒヨドリ、アオゲラ、メジロ、エナガ、ソウシチョウ、

キビタキ、ノスリ

  その他

カナヘビ、サワガニ、

IMG_5428
ヤスデ
IMG_5432
クサギの花
IMG_5436
落下したコブシの実
IMG_5443 (2)
ノコギリクワガタ
IMG_5454
ノリウツギ
IMG_5458
ツユクサ