日時:11月19日(火) 晴れ
場所:東大演習林
参加者:6名
 前回の毎木調査(胸高直径測定)及び選木(伐る木と残す木の選別)の結果では、下側区域(道路側から堰堤までの区域)においては、本数間伐率39.8%、材積間伐率29.85となり良い数値となったが、幹距比Srが21.4となり基準20をオーバーしていた。そのため20以下になるように伐る木の本数を32本減らし111本とし、選木の修正を行った。これによりSrは19.5となる。
 本日の伐倒本数は22本でした。この場所は平坦地と緩斜面の場所のため移動が楽で、またヒノキの樹齢が22年と若く、径も14cmから18cm前後のものが多いため間伐もやりやすく、楽しく作業をする事ができました。
20191119東大1
20191119東大2
20191119東大3