1月14日(火)晴れ
 人工林グループ
    参加者:6名
 人工林グループ2020年最初の活動日です。参加者6人、それぞれのチェーンソー6台で、前回の続き三つ叉右奥のヒノキ人工林での間伐作業です。
 今回は間伐と、前回間伐して伐倒したままの未処理木の整理と、遊歩道と小川の間の灌木の整理とに別れて作業を行いました。
 間伐作業は急斜面の現場で、ロープと滑車とプラロックとを駆使して、密集したヒノキ林の中、かかり木にならないように 伐倒方向を定めて、受け口のあと追い口を切り込んでいきます。樹冠同士が接触ているので、本来なら倒れるほどの追い口の切り込み量でも倒れてくれません。プラロックでロープを牽引していくと対象木は弓なりにカーブしながらも、遂には樹間目指して倒れていきます。3人の共同作業です。
 今回の伐倒本数は4本で、10月から4回の作業累計では29本となりました。あと9本ほど伐倒予定です。
遊歩道と小川の間の灌木の整理作業をしたところでは、すっきりしてきて見通しがよくなり遊歩道から小川が望めるようになりました。
 3月予定のなごや環境大学での体験講座の場所の下見を行いました。
2020011人工林
20200114人工林1
20200114人工林2
20200114人工林3

雑木林グループ
参加者 8名
  私達の森づくりの会が、猿投山北西側(瀬戸市山路町)愛知県有林
と協定を結び、整備を始めてから17年目の春を迎えました。 
 里山林(雑木林)の整備をし植生の変化を見極めるには、早くて15~20年、そして「豊かで多様な植生、明るい森林」となるには通常50年単位の時間を要すると言われています。 
 今日は1号管理道沿いの8年前から整備をしてきた区域をはじめこの5か年来、集中整備をしてきた一帯の植生の変化を調査し今年度の作業方針を皆で確認をいたしました。 
 ササユリ、ツルリンドウなど途絶えていたと思われる草本類や林道周辺にコバノミツバツツジ、モチツヅキの繁茂、コナラの実生群落など楽しみな変化が確認されました。反面、ネザサ、ミヤコザサが増えてきましたが、背丈低く刈り込みグランドカバーの役割を期待する「緑のじゅうたん」として制御する計画も話し合いました。
CIMG0741
CIMG1316
CIMG1317