日時   令和2年1月18日(土)    天気  晴れ

テーマ  冬の野鳥観察          参加者 15名
コース  中部電力変電所前 → 林道ゲート → 1号管理道 → ホウノキ広場 →サルナシ湿地 → ヤマモモ広場 
➝ 猿投山登山口・山桜下 ➝ 変電所前

 新年明けの自然観察会は「冬の野鳥観察」ということで、中電変電所前から出発した。

風は冷たかったものの、晴れた空と林の中の風の和らぎで気持ちよく観察会を行うことが

できた。やまじの森は海上の森と比べると小鳥が少なく、小鳥を観察できるのかとアオキの実の赤い色づきを見ながら歩を進めた。途中、セイタカアワダチソウはベニマシコの好物、アラカシの実はカケスの大好物なものと聞き、雑木林の整備においても一考を要すると思われた。1号管理道に入り、遠くリョウブの梢でウソのオスの赤い首元に感動し、ウリカエデの実を落としては楽しみ、枝先のヤママユ、姿は見えないがコジュケイの鳴き声〝ちょっと来い“も確認された。上を見て歩いているとスズメバチの巣が樹上にあり、また、カラスやメジロと思われる巣も確認することができた。サルナシ湿地脇ではシュンランの花芽も確認できた。ヤマモモ広場への道では、ウソのメスが木の梢にとまり、しっかりと眺めることができた。猿投山登山道脇の枯れてしまった名木「傘松」に思いを走らせ、山桜下の陽だまりで昼食を頂いた。帰りのゲート付近では、エナガの群をみんなで観察して会を終了した。

【確認した鳥】メジロ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、カケス、アオジ、ウソ()、ウソ()

ルリビタキ、コゲラ、コジュケイ、シロハラ、シジュウカラ、
エナガ
IMG_9427ウリカエデの実を落とす
           ウリカエデの実を落とす
IMG_9421ウソ雄 (2)IMG_9464ウソ雌 (2)
      ウソの雄          ウソの雌
IMG_9424カラスの巣IMG_9433ハチの巣

      カラスの巣        蜂の巣
IMG_9477ジャノヒゲIMG_9428ヤママユ (2)
      ジャノヒゲ        ヤママユ
IMG_9475ヤブツバキIMG_9399アオキの実
       ヤブツバキ                        アオキ


2020(
令和2)年度 

"やまじの森の自然観察会"開催予定 観察会テーマ予定 (2)

◎申 し 込 み 締 切 な ど

対象者 :  一般

開催日の1週間前までに電話・Eメールでお申し込みください。              

 090-2550-0340(大塚)                                       

Eメール zukasamakatsuoo@yahoo.co.jp                                  

持参品: 弁当、雨具                                

その他:  小雨決行      
                                  

◎時間/集合場所

9:30~13:00  やまじの森ゲート前

集合場所は変電所前に変更する場合があります。