人工林グループ
日時:1月21日(火) 晴れ
場所:東大演習林
参加者:7名

 先月と違って本日は天気も良く、また参加者も7名と強者が揃い、チェーン
ソー6台がフル稼働し伐倒本数が42本(累計79本=下側区域予定間伐本数111
本の71%)となりました。混み合った木々の間、かかり木にならないよう段取り
を考え、またかかり木をどううまく処理するか頭を使い作業を進めました。
この残りと上側区域(区域は狭く ヒノキは細く不良木が多い)とを合わせた
量が今後の間伐予定量です。
 別に本数を競っているわけではありませんが、 今日の伐倒本数が多いのは、
ここは樹齢22年と若く手頃な大きさのヒノキであり、足場も比較的良い状態
だからでしょう。足場が急斜面で樹齢70年以上の県有林に比べたら安全にき
こりが楽しめます。
(以下数値が並びますが目安として記しておきます。)
 この現場は72林班い11小班です。比較的なだらかな下側と斜面が多い上側で
は木の成長が違い、それぞれでプロット調査、毎木調査を行なっており、現在
は下側の区域で作業を行なっています。
 実は当初の下側区域での伐る木を選ぶ選木調査の結果では、材積間伐率29.
8%、本数間伐率39.8%と良い数値になっていたのですが、幹距比が21.4(平均
樹間距離3.3m、上層木平均樹高15.4m)となり20をオーバしていました。そこ
で幹距比を20以下にするために見直して伐る木を32本減らして111本にした結
果、材積間伐率21.8%、本数間伐率30.9%、幹距比19.6(平均樹間距離3m、上
層木平均樹高15.3m)となりました。
 しかしながら、今日の間伐の結果、間伐後の混み具合の状態がほぼわかるよ
うになったのですが、見た感じとしてはまだ混み過ぎのようであり、材積間伐
率が21.8%と低いこともあり予定間伐本数を増やすことも検討する必要がある
かなと思います。