8月11日(火) 晴れ 

工林グループ作業 

参加者数:8名 

 

午前中は、県有林事務所へ軽トラで杭を受領に2名、第2

管理道整備に3名、本年度の間伐区域の選木及び毎木調査

に3名の3班に分かれて作業を行いました。
 

杭は第2管理道の法面土砂崩壊箇所に土盛りされた土砂の

流出防止に使用予定です。
 

長い梅雨のあとの第2管理道の枯死木、倒木等の整備を行

いました。 

毎木調査では、C-3地区面積約0.15haに、ヒノキ93本、

スギ14本の計107本をカウントし、これらの
胸高直

径を測定しました。また仮の伐る木として、ヒノキ2

7本、スギ3本の計30本を選別しました。
 

午後は緑陰講座でした 


雑木林グループ作業
 
参加者 6名
 
カワセミコースの林道を中心とした整理伐作業を実施しました。
 
主として傾斜木、枯死木、輻輳する常緑樹の伐採整理です。
 
山側に接した狭い林道と深く切れ込んだ沢に沿った立地で暗い
 
閉鎖的な空間ですが、コアジサイが林道を囲むように連続して
 
自生し、季節には観察者を楽しませてくれます。

s-CIMG0889 (2)
 
コース全体の約40%程度の整備で午前を終え、午後は緑陰講

座の「大禮記念による植林事業の経過」を見学約100年に及

ぶ、地元林業家のご苦労を偲びました。

s-CIMG0900 (2)