令和2年9月8日(火)晴れ
参加者 17名
朝方は、やや暑さも和らいだ感じでしたが、作業に取り掛かる頃は、前日と変わらぬ暑さになりました。
作業開始時に県有林事務所の職員が見学に見えました。
作業は、一部の参加者は、幹線林道の路盤修復(土嚢で路盤凹み補充)。
他の参加者は、渓流への土砂流出を防ぐため第二管理道の崩壊地土砂止め柵を設置しました。
作業分担は、粗朶伐り出し、杭打ち、粗朶詰め作業。
谷底で作業していると、作業着が直ぐに汗でビッショリとなるほどの暑さでした。
作業中突然ホイッスルが鳴り、熱中症予防のため休憩となり、水分補給し、一息いれ、流土防止策を完成させました。
 以下に作業状況の写真を掲載いたします。
s-CIMG0915
s-CIMG0914IMG_2101IMG_2104
IMG_2111
IMG_2109
s-CIMG0919

午後は、三又広場の川原で緑陰講座「鉈の研ぎ方」講習会を実施しました。
川合講師の説明の後参加者各自、自分の鉈を丹念に研ぎ、切れ味を確認していました。
道具は、常に管理が必要なことを感じました。
s-CIMG0939 (2)
s-CIMG0938 (2)
s-CIMG0940