12月8日(火曜日) 天候 晴 

雑木林グループ 定例作業  参加者 6名
 カワセミコース林道周辺及び沢沿いの整理伐作業も、9日目を迎え残り100m弱まで整備を終えました。

 私達が、猿投山北西山麓の県有林整備協定を結び、整備作業を開始してから17年が経過しますが、このコースの渓流一帯を中心に全線整備をするのは初めてです。この渓流は要所に巨石が点在流水の激流化を緩和することにつながっています。
 最も低位に沢があるため、枯死木の自然倒壊は放置されがちで整理・除去に手間取りました。
 なごや環境大学2020後期講座が、私達の担当で開催されます。
会場が整備したこの渓流一帯で、森林資源を保全し、有効利用する地道な活動を実地でご覧ください。
詳細は なごや環境大学ガイドブック2020後期をご参照ください。)

IMGP0203 (2)
s-CIMG1066 (2)
s-IMGP0201 (2)


人工林グループ
参加者:7名 

 前回に続きA-1地区での間伐作業です。林道側から入っていって奥の方は、林床に草本が生えてはいるものの比較的暗い森となっています。今日の作業で少しは明るくなったのではないかと思います。伐倒本数は小径の物も含め計17本でした。

 この区域の端に「連理木」を発見しました。樹齢70年超のヒノキ上部にコナラの大きな枝が合体しています。おおよそヒノキの径の3分の1ほどまで一体化しています。縁起木として保存していきたいと思います。 

Oさんのコメントです。

「千種区の城山八幡宮のアベマキの連理木は縁結びの御神木、パワースポットと謳ってますね。
猿投の森のパワースポット

20201208人工1
20201208人工2
320201208人工
                 連理木