定例作業報告

定例作業報告

6月12日(火)快晴
人工林グループ
参加者:7名
 天気は快晴。二手に分かれて作業。一方は今までの現場の整理作業。他方は年に一度の基準木継続調査。
 基準木継続調査は、平成18年までの複数年度、平成19ー20年度、平成21年度、及び平成22年度それぞれの間伐区域において複数の基準となる木を選び、それぞれ次年度から継続して6月にそれらの胸高直径を毎年測定しているものです。最初の平成19年にスタートした調査の複数区域の基準木は全部で14本、21年、22年、23年にスタートした基準木はそれぞれ4本、3本、3本で、全部で24本です。樹種はスギとヒノキです。最初の調査場所は今回で11回目となる。そこでは間伐して少なくとも11年経過しており、基準木に近づくにも低高木や灌木を押し分けながら、また勾配の場所を行かねばならない。またそれらに隠れて目印の白線のハチマキを探し出すのが難しい。地図に場所がプロットされてはいるが正確ではなく基準木を探し出すのに結構時間を費やした。
 ブッシュを分け入っていると時々、目の前に薄ピンク色のササユリや白い対になったツルアリドオシの花が現れた。
 11年も経過すると間伐によって陽が差し込み草本層や低木層がかなり発達している様子が感じられた。いい感じです。しかし、また樹冠に覆われており2巡目の間伐が必要になっているように思えた。
20180612ササユリ
20180612胸高径追跡基準木
20180612基準木位置図
20180612胸高径追跡
雑木林グループ
参加者:10名
 OさんとTさん2名は、ハチトラップを撤収し、捕獲状況の調査を行った。
 ヤマモモコースがシャラノキコースに合流する沢の手前まで、沿道両脇の除伐作業を実施した。Yさん、Sさん、Wさんはそれぞれ作業間隔をとって、コースの左側沢沿いの枯死木を主体に除伐作業を行った。
 残りのHさんらの5人のメンバーは。コースの右側沿線の除伐作業(特に樫類中心に)を実施した。
DSCF2398オオスズメバチ s
トラップに入ったオオスズメバチ
 

定例作業報告

5月26日(土)快晴
 雑木林グループ
 参加者 7名
 4月10日から始め、4日目の林道「ヤマモモコース」整理伐に取り組みました。
 このコースは過去、治山堰堤設置の為、広幅林道となっています。
 林道両幅は各10mの範囲で整理伐が可能、マツの枯死木が多いゾーン、ヤマザクラの照度改善の整理伐等臨機応変に作業を進めました。
 今日は体験研修の為、Tさんが参加されました。鳥類、昆虫などの生態調査得意のようですが、植生の実態を知るのも効果的と…今後の活躍が期待されます。アジサイエリアから第一管理道に向う遊歩道に、倒木がある情報Wさんがコナラ枯死木伐倒と併せ対応していただく。

人工林グループ
参加者:4名
 天気は快晴。午後からは非常に暑くなり、斜面を上り下りするだけでしっかり汗をかき疲れました。
 参加者は4名ですが、そのうち一人は午前中のみで体験実習者の指導。
 本日の伐採本数は5本と後処理。累計で64本となりました。除伐予定本数は159本(現況密度調査表での間伐対象本数は227本となっているが、表の注記のとおり実際の本数は表の数値より少ないと考えられるため70%としている)。従って進捗率は40.3%となりました。残りは10月−3月で完了予定です。
 不良木の除伐中心と言えども一部間伐対象のものもあり、70年超のヒノキは立派に成長しています。利用できないのは勿体ないなと思います。しかし、他の木の成長のためと、森林の公益的機能のために必要なことです。陽の光も林床に届くようになり、林道からの眺めもよくなりました。
 作業も終わりやまじ小舎に戻ってから、終礼のときに右手首にちくっとするものを感じました。袖口をめくると手首に黒いものがついています。一瞬、「マダニだ」と叫びました。蚊取り線香をぶら下げている人がすぐにその火をマダニに近づけてくれました。タバコを吸う人がタバコの火を近づけてくれました。それでも、離れず、牙が食い込んだままです。
 家に帰り病院に行こうとしたら、今日は土曜日で休みだよと言う。しかたないので、以前買っておいた「マダニ取り器具」を取り出し、説明の通り牙の横から挿入し少し浮かせゆっくり回しました。牙ごと外れました。早速写真撮影。
 食いついた跡を15倍のルーペでじっくりと観察しましたが、牙が残っている様子はありません。一応一安心です。マダニは結構大きいが平べったく、まだ血を吸っている様子ではありませんでした。食い付いてすぐに火を近づけたので、血を吸う暇もなく絶命したようです。
RIMG0003
P5260557
P5260568

定例作業報告

5月15日(火)快晴
人工林グループ
作業場所:東大演習林  参加者:6名
    天気は快晴。森の中は昼食時の温度が24℃。同時刻名古屋市より3℃ほど低かったようです。昼食をとっているときは爽やかな風がありベストコンディションでしたが、午後から体を動かし始めるとしっかり汗ばんできました。木漏れ日の中ではイトトンボが羽を休め、またホトトギスの鳴き声が長いこと聞こえていました。
 今日の伐倒本数は33本。MさんもKさんの指導を受けながら4本伐倒しました。伐採本数累計で224本、達成率63%となりました。他にこのヒノキの人工林に小さく囲まれたスギ林で大きな枯死木があり、それが道路に面していて危険であったので、それも伐倒しました。
 今日で演習林での作業は休止となり10月から再開し来年3月までの6回で完了の予定です。
 ここの作業区域は、道路に面した比較的平らな部分とそれに連なって奥の方に急斜面の部分があり、またその先には比較的平らな部分があります。道路に面した平らな部分と、斜面及びその先の平らな部分では、木の大きさに明らかな差があります。同時に植林したところとのことですが、下の方が栄養が豊富なのか大きくなっています。
 この区域は過去に間伐が行われていますが、下の方では成長が早く樹冠が覆いかぶさり陽が入らなくなってしまい、下草や低木がほとんどありません。それに比べ上の方では、成長が遅かったためか、陽が地表まで届き下層低木が豊かになり、コアジサイ、ミツバツツジ、モチツツジ、アセビ、エゴノキ、スノキ、シキミ、ヒサカキ、アラカシなどの低木が見られました。
 斜面から下に向かって水の流れがあり、そこに湿地ができています。下の方は大部分間伐が終わり地表まで陽が差し込んでいるので、これから下草が生え下層低木が芽吹き成長してくるでしょう。この先が楽しみです。
P_20180515_103752_vHDR_Auto
P_20180515_103619_vHDR_Auto
P_20180515_103925_vHDR_Auto

定例作業報告

平成30年5月8日(火)曇り
雑木林G 作業者7名
 朝礼をすませ、やまじ小舎のトイレにやぶ蚊が異常発生しているとの通報を受け、小舎回りの草刈りと溝さらいを行いました。その後、予定していたヤマモモ広場から下るヤマモモコース沿いの枯損木伐倒および除伐を行い、またヤマモモ広場脇の株立ちのヤマザクラ周りの除伐処理を行いました。
 ヤマモモコース沿いからはタマミズキの巨木が望め、その向こうにホウノキの花も見ることができました。また、タニウツギの花も高く伸び花の開花も終わろうとしていました。
やまじ小舎
やまじ小舎 側溝廃土・草刈り
ヤマザクラ
株立ちヤマザクラ周辺整理伐
枯損木の伐倒整理
枯死木処理
タニウツギ
タニウツギ
タマミズキ&ホウノキ
タマミズキとホウノキ
人工林G
参加者:6名
 第2管理道と林道との間、ヒノキの人工林。前回伐倒した木の整理と新たな木の伐倒をおこないました。伐倒した木は全部で11本でした。
 新人Mさんを迎えて、当会チェーンソー指導員Kさんからチェーンソーの指導を行ってもらいました。チェーンソーの構造、起動、調整方法等の取り扱いの説明のあと、実技の指導は、玉切りの練習、木を立てて立木に見なし受け口追い口による伐倒練習。そのあと、森に入り伐倒された木の枝払いと玉切り練習、最後は実際に立木の伐倒と玉切りです。Kさんは熱心に指導され、それに答えてMさんは真剣に挑戦されていました。
 午後からは雲行きも怪しくなってきましたが、なんとか作業時間までは持ってくれました。4時ごろから雨が降り出しましたが、ラッキーでした。今日もいい汗を一杯掻きました。 

定例作業報告

平成30年4月28日(土)晴れ
雑木林G  参加者10名
 新緑の清々しいなか、引き続き、ヤマモモコース林道の整理伐をNICEグループから2名の方を、学習体験で迎え実施しました。
 特に、前回報告しました「タマミズキ」眺望地点を大きく切り開き東側のシャラノキコース一帯が望める、明るい林道になりました。
 3月末に設置された蜂類の調査トラップに、オオスズメハチの(体長 45mm位)女王蜂と思われる1匹が入り動いていました。

GEDC0277 s
CIMG1145 sCIMG1149 s

人工林G 参加者4
 朝から初夏を思わせる陽気。今日は12時半から新芽を食する会が予定されており、人数も4だったので林道脇に茂っている雑木などの除伐を主体に作業を行いました。間伐は渓流の両側斜面の4本伐倒処理しました。

P_20180428_111722_vHDR_AutoP_20180428_111453_vHDR_Auto
P_20180428_112104_vHDR_Auto






記事検索
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード