活動報告

定例作業報告

5月27日 晴
 雑木林グループ 
 作業参加者 7名
 春の木本類、山野草類の花が散り、全山浅緑から濃い緑一色になった雑木林も、夜半の雨で枝葉が洗われ朝日を浴びてキラキラ光る晴天下、5月9日に続き幹線林道のカワセミコース分岐口からヤマモモ広場にいたる林道北側傾斜地の整理伐を行ないました。
   コナラの大径枯損木、常緑高木を伐採、採光条件を大きく改善し成長の遅れたサクラ類、落葉低木の成育を促す作業をする。土曜日でハイカーの皆さんも絶えることなく、春の雑木林を歩まれるなか計画の作業を完了しました。
CIMG1057 s (2)
ムラサキシキブ花芽 秋の開花にむけてやがて色ずく
CIMG1058 s (3)
伐採で 樹間の大きくあいた林地に強い光がはいる

人工林グループ 
 作業参加者 6名
 やまじ県有林における県との第5次協定、昨年度はその1年目にあたり、人工林整備の活動場所としては2-a地区でした。間伐期間は10月〜3月となっています。昨年度は雨や行事等により予定より遅れた部分もあり、3月最終日に残り多数の間伐木を伐倒しました。したがって切り倒したままになっていて、間伐後の整備作業(玉切り・集材・美観整備)が残っていました。4月からその整備作業を行ってきましたが、本日で終えることができました。林道から見下ろした林内には木漏れ日が射し、特に谷底に流れる小川に沿った広場には明るい陽が眩しいほどに差し込んでいました。
 これで第5次協定1年目の作業は終わりました。続いて本年度、第5次協定2年目の活動場所は2-b地区となります。今後プロット調査、間伐木選定のあと10月からの間伐作業となります。
 今日は明るいニュースもありました。20代の若人の初参加がありました。なた、のこを使った美観整備の作業を手伝ってもらったあと、作業委員長の指導のもとチェーンソーの実習を体験してもらいました。まだ現役ですので休日での参加しかできないとは思いますが、新たな戦力として今後持続的に参加していただけたらと期待しています。

20170527定例人工林

民有林整備活動報告

5月16日(火)上ノ山地内の民有林整備

  参加者 7名
 今
回は、多数の参加がありました。大変頼もしい限りでした。
  今回の作業は一番難しいと思われる、隣家に大きくはみ出し、幹全体が隣家側に傾斜したカシの樹の伐倒です。まず、燐家にはみ出した枝を幹の上部からつりさげてから、チェンソーで伐り、地面に軟着陸させ整理しました。次に幹を垂直にすべく上方にチルホールのワイヤーをかけ牽引しました。さらに、伐倒方向に牽引すべく別のチルホールで牽引しました。カシは固い木ですが折れやすく樹幹が重く重心が上方にあるため、ツルを厚くしバランスをとりながらの牽引でした。結果は予定方向からやや外れましたが無事伐倒できました。他に低・中木や胸高面積20センチクラスの樹2本を伐倒しました。
  もう1本傾斜した樹があり、この作業も半日程度かかる予定ですが、かなり作業の先が見えてきました。

定例作業報告

平成29年5月9日(火)晴れ
雑木林グループ 参加者13名(林道土砂崩補修班4名:体験参加者2名)
28~29年度活動計画の主要テーマ
(カワセミコース周辺整備)は長い作業道(観察路を兼ねる)ですがほぼ完了致しました。
 さらに完成度を高めるためカワセミコース分岐口~ヤマモモ広場に至る幹線林道沿い北側の整理伐を29年継続活動として実施することになりました。具体的には幹線林道のカワセミコース分岐地点からヤマモモ広場までの約100mの北側奥行15m区域。 
 今回の作業区域は、幹線林道から約10m下がる傾斜地で日照条件悪くヤブツバキ、ヒサカキ、アオキなどの低木、伸び放題のモッコク、アラカシ(常緑高木)などに囲まれながらマルバノキ(マンサク科 落葉低木)ケヤキ、ウリカエデなど落葉樹が光を求めて細く、高くのびている。谷が深く、暗いので林道からの投棄物もあり不健康な森の姿が痛ましい。
常緑高木を伐採、日照条件の改善、林道からの視野も明るくしてハイカーに心地良い環境を提供したい
DSCF2092雑木
林道土砂崩れ補
作業者:4名
  4月初旬の大雨で山路のゲートから300m程入った林道右斜面から土砂崩れが発生していた。4月26日車が通れる位に土砂を除去しました。
  定例作業日に人工林の方にも手伝って頂き、土砂の除去、土砂止め丸太の設置をして作業は完了しました。
IMG_6352IMG_6365
人工林グループ 参加者4 
 前回に引き続いて3月までに伐倒して、伐り置きになっていたり、沢に橋渡しになっていた間伐材の玉切りや枝払いを行い、林内の整理作業を行いました。
 参加者が少ないうえに、午前中は崩土箇所の土留め材の搬出や応援作業を行ったりしたこともあり、あと12回ほどかかる見通しです。

IMG_1235

民有林整備活動報告

4月18日、25日(火)上ノ山地内の民有林整備
参加者 両日とも2名
連絡の手違いにより2日に分かれて作業をしました。
両日とも人数が2名であったため、高木の伐倒はやめ、中・低木の伐倒をしました。
南側の中・低木を伐倒したことにより林内に陽が入り明るくなりました。
20170425民有林
 

定例作業報告

平成29年4月22日(土)晴れ
総参加者19名
午前中は、2グループ(雑木林、人工林)は、作業を行いました。その他の参加者(8名)は、自然観察グループが主体になり、午後開催する「山菜(若芽)を食する会」の食材調達と天ぷら調理の準備にかかりました。
雑木林グループ
参加者 8名 
今回の作業区域は幹線林道沿いのシラカシ広場からアジサイ道を下り、1号管理道に交差するまでの林道
南西側の整理伐を実地(100m)午後の行事のため午前中の作業となる。
東からマツ、コナラ等高木に、西から植林されたヒノキの高木に遮られ日照条件悪く、雑木林を構成する樹木も限られている。
やまじの森の主要な区域であり、1号管理道に至るまで整理伐作業は必要と思います。
若葉色いっぱいのなかに、ホソバミツバツツジのピンク、オオカメノキの白など雑木林らしい雰囲気になか、新しく加われた
Sさんも初参加で頑張っていただいた。
CIMG1052作業風景
CIMG1048ミツバツツジオオカメノキCIMG1044 (2)
ミツバツツジ オオカメノキ
DSCF2071カスミザクラ2
カスミザクラ
人工林グループ
参加者3名
午前中だけの作業なので、3月までに間伐、伐り置きした丸太の整理をしました。

 「山菜(若芽)を食する会」
午後は、採取した山菜を食材に天ぷらパーティーを山桜フィールドで開催しました。
山桜フィールドの落葉広葉樹の若葉を陽の光が透けてくる淡い黄緑色、ミツバツツジの薄紫の花などに彩られ、 さわやかな雰囲気の中で、Gさんご夫妻とWさんが巧みに次々と調理していただきました。
出来上がった天ぷらを銘々に感想を言いながら口へ運んでいました。
食材の種類が多くそれぞれの食感、香りを楽しみました。食材は、新会員のSさん提供のハリギリを始め、ヤマウド、コシアブラ、タカノツメ、タラの芽、イタドリ、リョウブ、山桜フィールド産シイタケ、etc.中にはヤブツバキの花、カスミザクラの花房、ウワズミザクラの若芽がありました。提供された全食材を紹介しきれまんですが、ヨモギ餅、筍ご飯の握り飯等もあり、参加者は、皆、春の旬を味わいました。準備をされたスッタフの皆様ご苦労さんでした。 
DSCF2085 (2)集合
DSCF2087ヤブツバキ天ぷら2
ヤブツバキ花天ぷら


 
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード