活動報告

定例作業報告

合同定例作業
5月23日(土) 天候 晴時々曇り 参加者 19名
 
3月の新型コロナウイルス緊急事態措置以来、公式活動を見合わせ
てきましたが、措置変更にソーシャルディスタンスのキープに配慮した
行動計画をもとに、久方ぶりの元気な顔が揃いました。
 
新緑が濃い緑に変わるなか参加者全員が一つになる合同作業として
第二管理道全線の整備を行いました。この管理道は治山計画に伴い
開設された経緯がありますが、今や役割を果たし放置すれば荒廃に
進んでしまいます。普通自動車が通行可能な幅員があり整備次第で
森のトレッキング路に、観察会の場に、有事の迂回路など価値を考え
承認を得て、奉仕作業をいたしました。
 
管理道山側、路肩沿いにハリエンジュ(マメ科)ヤシャブシ・ハンノキ
(カバノキ科)などが崩壊地の防砂、根に根粒を形成し土壌改良など
の役割を果たし老木化した歴史を見ることができました。
 
路上に伸びだした樹木、両側から路に被さる障害樹木、枯死穆など
を除伐し、午後2時30分に完了しました。
s-CIMG0852s-CIMG0854 (2)
s-CIMG1383
s-CIMG1380
20200523第2管理人工林G120200523第二管理人工林G
20200523第二管理人工林G1


スナップ写真説明
(昼の休憩時にYさんからチェンソーの指導を受ける女性会員)
s-CIMG1382


やまじの森 5月の山野草

 愛知県では新型コロナウイルス感染に対する独自の緊急事態宣言が5月末まで継続され、外出自粛要請がなされています。先月に続き今月の自然観察会も中止になりました。
現在のやまじの森の様子をお知らせします。
 ゲート前の黄色の花房を立ち上げたジャケツイバラが見頃です。コバノミツバツツジやミヤコツツジに代わり、今は木々の新緑にタニウツギのピンク色が映えています。林道脇では小さな白い花のコゴメウツギが満開で、ハンショウヅルがシックな紅色の釣り鐘型の花を付けています。薄紫色のコアジサイはまだ咲き始めたばかりです。
 大曲のオオバウマノスズクサはサキソフォンのような形の花をたくさんぶら下げています。これはジャコウアゲハの食樹であり、近くを黒い蝶が舞い、葉には卵が産み付けられていました。先日はここでカモシカに遭遇、ほんの数メートル先にいて、しばらく見つめ合ったのち、奥のほうへ去って行きました。
 WC近くの杉には盛りは過ぎましたがレモン色の花のカヤランが何株も付いているのが林道から見えます。三叉のカイナンサラサドウダンは赤い縞模様の小さい花房がお洒落です。
 やまじの森では新緑の木々の生命力に元気づけられ、森の香りに癒されるひとときを楽しむことができます。
20200516ジャケツイバラ20200516タニウツギ
ジャケツイバラ        タニウツギ
20200516コゴメウツギ20200516ハンショウヅル
コゴメウツギ       ハンショウヅル
20200516シソバナタツナミ20200516オオバウマノスズクサ
シソバタツナミ       オオバウマノスズクサ
20200516カヤラン20200516ツクバネ雌花
カヤラン         ツクバネ(雌花)
20200516アカハネムシの仲間20200516ニホンカモシカ
アカバネムシの仲間      ニホンカモシカ

猿投の森 ヤマザクラ情報 第2弾

 4月9日雲興寺側から登り、猿投の森のヤマザクラコースを歩いてきました。
 早咲きのヤマザクラの花びらが足元に舞い、赤みががった若葉が輝きを増していました。
 今はその後に続くヤマザクラが一斉に花開き、三叉ではコバノミツバツツジが森を明るく
 していました。また、林道からの猿投山登山口脇にあるヤマザクラの花びらは道路に散り
 周りのヤマザクラからの花びらが風に舞う状況でした。
 猿投山に多く花開いたタムシバは色あせていましたが一輪輝いていました。
                                      大塚正数

IMG_2179雲興寺側
雲興寺側
IMG_2184
IMG_2189
巨木
IMG_2194
IMG_2267
IMG_2273
IMG_2280林道脇
林道脇 東海自然歩道入口付近カーブ
IMG_2219タムシバ
タムシバ

新型コロナウイルス対策 代表メッセージ

全猿投の森づくりの会員の皆様へ

 緊急事態宣言が発令されコロナウイルス鎮静化へ向けて全国民が協力しなけれ

ばならない状態を考え活動を次のようにしますのでご理解ください。

 1)2020年5月10日(日)まで会の公式行事(定例作業、臨時作業、観察会、会

議、集会、イベントなど)をすべて中止します。

 2)2020年5月11日(月)以降については事態の推移を見定めたうえで判断し、

お知らせします。

 3)会の運営や相談しなければならないことはメールにて代表もしくは運営

委員にお伝えください。

   必要に応じて運営委員会(メールにて審議)で相談して決めます。

 4)総会は議案を郵送で会員に提示し意見をお聞きし修正し決定します。会

議は開催しません。

 5)愛知県に宣言が適用された場合は期間を含めさらに厳しい活動制限にな

ることもあります。

 ご参考

  3密を避け、人と人との接触を極力なくすことは言うまでもないことです。
  一方心身の健康維持のため散歩などは許容されています。猿投の森は今一番気持
ちの良い時期を迎えています。
  行き帰りも含めて3密を避け、少人数(家族程度)で森を散歩されるのも良いと
考えられます。
  森をこよなく愛する皆様にとって辛いことと思いますがご了解ください。

2020年4月8日
猿投の森づくりの会
 代表 和田豊司

定例作業報告

3月28日(土曜日) 曇り 
雑木林グループ
参加者 11名
(午前)
4月から12月の予定で「カワセミコース林道、渓流整備」に取り
組む為、作業者全員で実地区域の検分、調査を行いました。
 
このコースは地形から暗い閉鎖的な空間の印象がありますが
協定区域の中で最も水量の多い渓流があり「カワセミ」が飛来
する期待をコース名に表しているユニークな林道です。
 
整備上の留意点として下記の事項を確認いたしました。
①日照条件の大幅な改善は困難ですが混みいった陰樹低木
  ヒサカキ、ソヨゴ、サカキ、アラカシなどの整理伐を行いコア
  ジサイなど低木や草本類の多様化を図る。
②林道の山側に枯死木、非成長劣勢木が多く、除伐により
  安全と採光の改善を確保する。
③渓流には巨岩、奇石の変化に富んだ区域があり渓谷美を
  意識した整理伐と伐採幹、枝葉の整理に留意が必要です。
④林道は谷側(渓流)に深く切れ込んで路肩崩壊部分の改修
  について、施工経験豊富なYさん中心に打ち合わせ、実行。
⑤谷側、山側共に急傾斜区域が多く安全第一の作業を心得る。
 
(午後)
 第二管理道の整備について、全員で実地検証をしました。s-CIMG1332
s-CIMG1339
s-CIMG1341

人工林グループ
参加者:6名

 今年度県有林での最後の作業です。

 本日は前回伐倒したままのヒノキ1本の玉切りと、赤テープを巻いて残って

いた1本の除伐玉切りを行いました。また、隣接の崖くづれしたところの倒木

大中2本その他の処理を行いました。

これで予定区域内の主にヒノキの間伐本数は、累計33本となり完了しました

急斜面での作業で大変でしたが何とか終了しました。

ここは林齢70年超で多くは立派に成長し収穫の時期なので、接近していても

極力残すようにし、不良木や劣勢木を中心に除伐を行いました。計算上、間伐

前本数173本、間伐本数33本、本数間伐率19%、材積間伐率8.7%でした。幹距

比は15%から17%、平均林分形状比は85.8から73.4となり、少々混み合っては

いますが形状比からは立派な木の森であることが感じられます。


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード