活動報告

第92回やまじの森自然観察会報告

日時   平成30年11月17日(土) 天気   晴れ
 
テーマ  落ち葉の色彩
 
参加者  19名
 
コース  ヤマモモ広場 → 林道 → 1号管理道 → 朴ノ木平 → サルナシ湿地
      → シャラノキコース → ヤマモモ広場
 
 今回は定例観察会と兼ねて、なごや環境大学講座「猿投山で楽しく明るい森づくり!」 第1回"猿投山麓の森の魅力を歩いて体感しよう"が実施され、受講生6名(大人2,子供4)の参加がありました。
 まずリーダーから猿投山麓の森の成り立ち、森の役割、森と人との関係、猿投の森づくりの会の活動、森を歩く際の注意点等についての説明がありました。次に全員に落ち葉を入れる袋を配布し、子供4名には森の探検隊でも使用した折り紙の箱と海老フライを手渡し、それを弁当箱に見立てて独自のお弁当を作ることを提案して出発です。
 シラカシ広場前でヤブムラサキの実を観察し、葉のビロードのような手触りを体感しました。管理道入口のゲンノショウコは実の皮がはじけると祭りの御輿に似ているのでミコシグサとも呼ばれます。皆で探しました。フユイチゴの群生地では赤く色づいた実を何個もいただきました。林道にはシロモジやタカノツメ等の黄色系の葉、クリ、コナラ、アベマキ等の茶色系の葉が多いなか、オオカメノキの赤色は目を惹きます。ウリカエデの色づいた葉が風に舞っています。枝を揺すってたわわに実った種を飛ばしてみました。2個くっついていた種が1個ずつ離れると、くるくる回転しながら落ちていくのを見て楽しみました。次はコバノガマズミとミヤマガマズミの実を食べ比べてみて、その酸っぱさを実感しました。
 朴ノ木平には名前のとおりホオノキの大型の葉が散り敷いています。その葉でお面を作ったり、焦げ茶色のタワシのようなその実を見つけてきた子もいました。サルナシ湿地の階段脇にたくさん落ちていたオオウラジロノキの実はリンゴの仲間だと説明すると、実際かじってみて渋みとはどういうものかを初体験した子もいました。
 シャラノキコースではナツツバキとヒメシャラの樹皮の違いを確認しました。立派なナツツバキが1本、今秋の台風で根こそぎ倒れているのは残念です。
 赤い実をいっぱい付けたタマミズキを見に、ヤマモモ広場から奥へ進みました。周りが除伐されたおかげで明るい森になり、身近な場所で観察することができます。
 広場に戻ってシートの上に採取した落ち葉を並べ、色見本と比べてみたり、子供達はそれぞれ工夫をこらしたオリジナルお弁当を披露してくれました。楽しかったそうです。青空の下、それぞれが自然の恵みを体感した贅沢なひとときでした。
 
■ 観察したもの
 
◆ 花  コウヤボウキ、ノコンギク、ヤクシソウ、リンドウ
◆ 葉  イロハモミジ、ヤマザクラ、ウワミズザクラ、オオカメノキ、
      シロモジ、タカノツメ、コシアブラ、ウリカエデ、ガンピ、アベマキ、クリ、コナラ、ホオノキ、アセビ、ナワシログミ
◆ 実  ムラサキシキブ、ヤブムラサキ、ウリカエデ、ツクバネウツギ、コバノガマズミ、ミヤマガマズミ、タマミズキ、エゴノキ、オオウラジロノキ、アズキナシ、ソヨゴ、ヒサカキ、ヤブコウジ、クサギ、
      フユイチゴ、ツルリンドウ、イタドリ、スルガテンナンショウ、ヤブラン、ゲンノショウコ
◆ 鳥  ジョウビタキ、ホオジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ベニマシコ、ウソ、アオゲラ、ハシボソガラス、エナガ、シロハラ、メジロ、コゲラ、モズ
1ヤブムラサキ2ウリカエデ
       ヤブムラサキ        ウリカエデ
3タカノツメ4タマミズキ
      タカノツメ           タマミズキ
7弁当箱8落ち葉
      秋のお弁当箱        落ち葉いろいろ 
5子供6子供







 

定例作業報告

11月13日(火)晴れ
人工林グループ
作業場所:県有林
参加者:4名
 音楽祭、森の探検隊などの行事が終わり、5月以来の久しぶりの間伐定例作業となりました。あとは法人会員デー、年納めの餅つきが控えていますが、中休み的なのか今回の参加者は少なめでした。人工林Gは会員3名と、本日初めて参加されたYさんの4名でした。Yさんは豊田のほうでも間伐作業を行っておられ経験豊富な方です。入会を希望されておられ参加大歓迎です。久しぶりの作業で本日の伐採本数は11本でしたが、この区域での累計75本となりました。除伐予定本数は159本ですので進捗率は約47%となりました。
20181113定例人工林s

雑木林グループ
 参加者 5名
 作業はじめに2名が24日の法人会員デーの活動エリアの区域設定と選木作業を行いました。
 外3名は、アジサイコースと第一管理道の合流点付近で、風害によるコナラの折損枝を処理し、常緑樹の除伐作業に取り掛かり、途中で法人会員デーの準備を終えた、2名も加わって作業を行いました。
CIMG0309
CIMG0299



第91回 やまじの森観察会報告書

 日 時 平成30年10月20日 (土)     天気 晴れ

テーマ 木の実・草のタネ

参加者 20名

コース 三叉→北歩道(古窯跡)→トイレ→三叉

三叉まで個々に車で移動し総勢20名の観察会となりました。そのうち初めての参加者が4名ありました。

これから季節は多くの植物にとって生育場所を広げる大切な時期です。動物の力を借りたり風の力を借りたり、重力でコロコロ転がったり思いっきり弾けたりと、少しでも遠くに広がるよう様々な工夫をしています。木の実、草のタネを観察しながらどのような種子散布を行っているかが今回のテーマです。

今回の観察会は、初心者向けの解説を先頭集団で行いました。三叉を少し直進したところにアケボノソウを1株だけ見つけることが出来、間近で花を観察することが出来ました。日当たりの良さそうな散策路脇にはセンボンヤリの閉鎖花がタネとなって群生していました。センボンヤリはムラサキタンポポとも言います。春には開放花として裏が紫、表は白色の花を咲かせます。タンポポのように綿毛のあるタネを付けますが薄っぺらで子実の充実していないものが多いです。秋にはもう一度蕾を付けますが開かないうちに自家受粉をして確実にタネを作ります。しかし同じ遺伝子を持ったクーロン化が進むこととなり、環境に適さなくなった時には、いちどに消滅するという危険性もあります。やまじの森でみられるその他の閉鎖花を持つものにはスミレ類、タツナミソウ類 キッコウハグマ ヒメハギなどがあります。

北歩道にはムラサキシキブとヤブムラサキが隣合わせにあります。ヤブムラサキ葉はビロードのような手触りです。紫色の実の半分を毛の多いガクに包まわれ下向き付けていました。古窯のほうに下りるとイナカギクが咲いていました。この葉もビロードの手触りです。秋の代表的な花のひとつのアキノキリンソウはイノシシの犠牲になっていましたが、何株かは黄色い可憐な花を見ることが出来ました。

トイレの近くでは植栽のナナカマドが赤い実を付け、ツクバネもたくさんの実を付けていました。ウラジロマタタビ(通称サルナシ)も実を付け食べ頃でした。三叉に近くではオオウラジロノキの実とウラジロノキの実が落ちていました。同じバラ科の裏白の木ですが葉や実はずいぶん違います。

下見の時に確認しておいた音楽祭の植樹祭会場の隅に咲いていたセンブリを観察しました。 

最後に拾ってきた木の実などを並べて確認作業をしました。

歩きながら作ったというKさんの葉っぱのどんぐり雛はとても可愛くて思わず写真に収めました。

 

■ 観察できたもの

 ガンクビソウ アケボノソウ コウヤボウキ ミヤマシキミ ツルリンドウ ヒヨドリバナ イナカギク アキノキリンソウ コメナモミ ハキダメギク ヤクシソウ アキチョウジ、ノガリヤス 

実(タネ)シロモジ ツバキ ミヤマシキミ ナツフジ ツルリンドウ ヤブムラサキ オオウラジロノキ アオキ ツクバネ ササユリ サルナシ ヤマガキ クサギ ウラジロノキ オオウラジロノキ オオバヤシャブシ ウリカエデ ヤブコウジ ナナカマド チゴユリ ササクサ ミズヒキ

◆鳥 アオゲラ エバガ メジロ カケス ヒヨドリ コゲラ ヤマガラ トビ 
実のいろいろ
木の実の色々
アケボノソウ
アケボノソウ
どんぐり雛
ドングリ雛
センブリセンボンヤリ
センブリ           センボンヤリ
ミヤマシキミヤブムラサキ
ミヤマシキミ          ムラサキシキブ
オオウラジロノキ・ウラジロノキの木の実
オオウラジロノキの実








定例作業報告

10月16日(火)曇り
人工林グループ
作業場所:東大演習林
参加者:5名
 5月以来5ヶ月ぶり、演習林の前回と同じ場所で、参加者計5名、午前中4名、午後4名での作業でした。久しぶりの間伐で皆さん、楽しみながらも汗をかき張り切って、トータルで30本の伐倒でした。写真は作業後一息ついているところです。
20181016東大演習林

定例作業報告

平成30年10月9日(火)晴れ
 参加者:会員18名、支部員9名
 森の音楽祭第10回準備のため、山岳会東海支部員も加わり、変電所前から幹線林道沿いの草刈り、路盤への砂利入れ、枯死木の点検処理を行いました。また、森の探検隊活動フィールドの点検を2名で行いました。
 人工林グループ3人は、枯死木の伐倒を行いました。
大曲から上方へ約200m行ったところ、左側法面にコナラと思われる枯死木がありました。直径が約50cmです。枝などはすでに落下しほとんど幹だけが、15mほどの高さで二股に分かれて残っていました。倒した後確認すると上部は腐りかけていて、林道沿いのため危険な状態でした。もう枯れてかなり経ていると思われますが、サクラの木の枝に隠れてすぐにはわかりませんでした。
 当初、重心の方向(林道側)に倒そうとも思いましたが、隣のサクラの木の枝が5mくらいの高さでほぼ水平に伸びてきて邪魔していました。この枝を避けて伐倒しようとすると重心方向に対して60度から90度くらい向きを変えなければなりません。ワイヤーで引っ張りながらということになりますが、大変な作業となります。またそれが旨くいくか分かりません。そこで、安全のためにサクラの枝を切り重心の方向へ倒すことにしました。幸いその枝はサクラの木全体から見ると一部で真横方向へ伸びており、サクラの木の美観、成長を損ねることはないだろうと思われました。そこでハシゴを持ってきて、まずその枝を切り落とし、その後コナラの枯死木を伐倒しました。急斜面のため足場が悪いところでしたが無事作業を終えました。

20181010定例作業
記事検索
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード