活動報告

定例作業報告

1月19日(火)晴れ 

場所:東大演習林
参加者:4名
 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されて中止もありかなとも思い
ましたが、東大の方から予防対策の文書での提出依頼があり、添付ファイル
のとおり提出すると同時に、「体調不良とか、・・・少しでも不安の要素の
ある方はご欠席ください。」との文言をつけて配信しました。
 コロナウイルスは心配ですが、森の中は距離を取り、近くてもマスクを着
用すれば安全ではないかと思います。4名の参加で、始めに体温測定結果を
申告してもらい、全員36.0°ー36.6°と平熱でした。消毒液で手と道具を除
菌した後互いに遠く離れて作業を行いました。
 除伐本数は18本。まだまだ切る木は沢山あり、かかり木にならないよう
にするにはどうすればいいかなど、頭を悩ませながらも楽しんで作業をしま
した。  ここの木は樹齢95歳なので樹高は高いが、密集しているので枝葉が上側一
割くらいしかついていないのが多く、かなりしなります。上空では風も強く、
かかり木になった木が、その処理の準備をしている最中に自然に倒れるとい
うヒヤリハットがありました。人は離れていたので良かったのですが、風の
強い時は注意を要します。

第116回山路の森自然観察会

 日 時   2021年1月16日(土)晴れ 9時30分より

 集合場所  変電所前

 テーマ   冬の野鳥観察

 コース   変電所⇒ 第1管理道⇒瀬戸の水源⇒高速道路高架⇒くぐり抜けた所・Uターン⇒変電所

 1月8日に緊急事態宣言が出されたので、今回は自然観察中止ということになりそこで観察会の関係者だけの観察をしました。

 変電所の前の広場は早速ウソの雌が2羽いました。そこから山路の森に入って ゲートが見える所に来るとソウシチョウが45羽が行ったり来たりしていましたが飛んで行きました。土曜日なので車も多く、人もいるので鳥も落ちつかない様子です。

 ゲートを通過して第1管理道に入ると、鹿に食べられたアオキが何箇所かありました。花がらをつけたヤマアジサイ、ヒヨドリバナ、茶褐色の葉を付けたヤマコウバシ、シロモジ(多かった)が特に目立ちました。

 オオカメノキ、ダンコウバイの冬芽は大きくなっていました。

 瀬戸市の水源を過ぎて高速道路をくぐるとセイダカアワダチソウがかなり残っていてこれを目当てに野鳥が来るようです。特にベニマシコは好きなようですが今日はここにはいませんでした。 

 遠くの木に何十羽とマヒワが止まっていました。かなり珍しい鳥です。双眼鏡で見るとゆっくり休んでいるようでした。でも5分ぐらいすると全部飛び立って行きました。マヒワは寒いせいかコロコロして太目に見えました。

 マヒワの中にカワラヒワが2羽 混じっていたようです。

 又反対側の上空に1羽鳥が舞い始めましたがノスリでした。

 帰りは往路を帰って来ました。

 駐車場まで来ると雨がポツンと落ちてきました。間に合ってよかったです。

 今日はカケスのガラガラ声が何度も聞くことができました。

 又寒さ対策をしてきましたが、途中で1枚脱いで歩くほど暖かくなりました。

  

赤い実 ヤブコウジ、ツルアリドウシ、アオキ、フユイチゴ

鳥   ソウシチョウ、ベニマシコ、マヒワ、カワラヒワ、
 コゲラ、モズ、
カケス、アオジ、ジョウビタキ、ノスリ、
 メジロ、トビ、ヒヨドリ、
ハシボソガラス、
 ハシブトガラス、キジバト、シロハラ

20210116観察会 鹿に食べられたアオキ
             鹿に食べられたアオキ
20210116観察会 葉の落ちないシロモジ
葉の落ちないシロモジ
キアシナガバチの巣
キアシナガバチの巣
キブシの実
キブシの実
ツルアリドオシ
ツルアリドウシ
マヒワの群
マヒワの群

落葉を踏んで遊んで腐葉土づくりを体験しよう!

 2020年12月26日(土)晴れ時々曇り
 なごや環境大学共育講座 後期 
「森からのプレゼント~腐葉土・飾り炭・シイタケづくり体験」
 第1回「落葉を踏んで遊んで腐葉土づくりを体験しよう!」
 開催しました。
 受講者24名 スタッフ14名
 開講に当たり、スタッフからコロナ対策、トイレ使用要領の説明がありました。
 次いで、代表から猿投の森づくりの会の紹介をまじえて、歓迎のあいさつがあり、講座プログラムが開始されました。
 講座の始めは、愛知県有林事務所の小林所長さんの講話がありました。
 県有林の現状、猿投の森がはげ山であったこと等分かりやすくお話頂きました。
 次いで、愛知県海上の森センターの担当者からイベント開催の案内がありました。
 担当スタッフから説明の後、受講者は、落ち葉を入れる枠づくり(腐葉土づくりの枠)、落葉掻き(腐葉土の材料採取)、枠内に入れた落葉の踏みかため、立木の伐倒体験をしました。
 枠内での落葉踏みは、子供たちが喜んで、ダンスをするように飛び跳ねていました。
 受講者は、とても熱心に作業され、満足げな顔顔を見ることが出来ました。 
s-IMG_7297
                    会場風景
s-IMG_7201 (2)
注意事項説明
s-IMG_7203 (2)
代表による歓迎挨拶
s-IMG_7212 (2)
県有林事務所小林所長さんの講話
s-IMG_7218
腐葉土づくり作業の説明
s-IMG_7237 (2)
腐葉土づくり枠の設置作業
s-IMG_7221
落葉掻き
s-IMG_7240
落葉集め
s-IMG_7241
s-IMG_7249
s-IMG_7263
s-IMG_7275
s-IMG_7253
落葉踏み
s-IMG_7266
s-IMG_7279
落葉踏み
s-IMG_7256
伐倒体験
s-IMG_7268
立木伐倒体験
s-IMG_7273
伐木枝葉処理作業体験

 

第115回 やまじの森自然観察会報告

 日時 令和2年12月19日(土) 天気 曇り時々晴れ・一時霙  
テーマ 照葉樹 参加者 19名
コース ヤマモモ広場→シャラノキコース→サルナシ湿地→第一管理道→林道→堰堤→ヤマモモ広場
    照葉樹というと宮崎県・綾の森の日本最大級照葉樹林が思い浮かびます。こちらでは寺社叢林に見られる小規模照葉樹林を見るだけで、一度は行ってみたい所の一つです。この地方でも数百年の時を経れば極相林となってシイ、カシの森になると言われていますが、落葉樹・常緑樹と両方ある今のやまじの森は楽しいです。
    照葉樹の代表といえばヤブツバキです。「巨勢山の つらつら椿 つらつらに 見つつ思はな 巨勢の春野を」と万葉集にも詠まれるほど古くから愛されてきた木です。艶やかな葉に赤い花は目も心も惹かれます。やまじの森にもぽつぽつ咲き始めました。瀬戸市の花でもあり大切にしたい木です。
    今回の観察会では、昨年同様にやまじの森で確認されている照葉樹(常緑樹)48種の表をもとに特徴を話しながら同定、観察を行いました。(参考資料 猿投の森の樹木調査 鈴木治男 文一総合出版 照葉樹ハンドブック)同じように見える照葉樹ですが、葉の形、葉のつき方、葉の縁、葉裏の色・葉脈、匂いなどが同定の鍵です。やまじの森の観察会では参加者の皆さんが先生。自身で勉強されたこと、他の観察会での知識を披露していただき和気あいあいと行われました。最後の観察地はヤマモモ広場から50mほど行ったところを右に上がった堰堤でした。ここでは珍しいカゴノキ(クスノキ科)があります。堰堤工事で伐採されましたが脇から萌芽し3m以上の株立ちになっています。今後も大切に見守りたいです。 出発点のヤマモモ広場まで戻り、採集してきた葉を並べて確認作業を全員でしました。葉が1枚になると難解ですがベテランの方は簡単に正解されていました。同定作業が終わる頃には霙が降ってきました。
【照葉樹】アオキ アセビ アラカシ イヌツゲ ウロジロガシ カゴノキ キヅタ サカキ サネカズラ シキミ シャシャンボ シラカシ シロダモ スイカズラ ソヨゴ タブノキ ツクバネガシ ツブラジイ テイカカズラ ナワシログミ ナンテン ネズミモチ ヒイラギ ヒサカキ フユイチゴ マンリョウ ミヤマシキミ ムベ モッコク ヤブコウジ ヤブツバキ ヤブニッケイ ヤマモモ リンボク 
【花・実】 ヤブツバキ ミヤマシキミ アオキ マンリョウ マルバノホロシ 
        フユイチゴ 
【鳥・鳴き声】ヒヨドリ ソウシチョウ メジロ ハシブトガラス カケス エナガ 
        シジュウカラ コゲラ アオジ

サルナシ湿地の木道を渡る参加者
サルナシ湿地の木道を渡る参加者
葉の同定会
葉の同定
参考ハンドブックとチェック表
参考ハンドブックとチェック表
大きくなったカゴノキ
大きくなったカゴノキ
カゴノキカゴノキの樹皮は鹿の子柄
カゴノキの葉    鹿の子柄の幹
ヤブツバキ
ヤブツバキ

定例作業報告

日時:12月15日(火)曇り少しみぞれ
場所:東大演習林
参加者:6名
 気温は3乃至4℃、時折みぞれ混じりの微雨もあったが、森の中は問題なく作業ができた。作業を始めるとぽかぽかと温まり汗ばむほどであった。今日から本格的間伐作業の始まり、伐採本数は小径も含め34本であった。昼の休憩を短くし2時で終了。
 猿投山の上の方ではほんのりと白く雪化粧していた。
IMG_2771a20201215東大
IMG_2774  20201215東大
IMG_2776 (3)
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード