なごや環境大学 共育講座

第3回 水源の森の貯水池、森の渓流を歩いて訪ねてみよう!

ごや環境大学「蛇口の向こう~水源の森へ!」

日時 令和2年2月22日(土)

場所 愛知県有林やまじの森

講師 猿投の森づくりの会・大塚正数

スタッフ6名

どんよりと曇って今にも雨が降ってきそうな、うすら寒いお天気で、この日の受講者は10名でした。

今日の講座は、馬が城浄水場に送られる森の貯水池とそこに流れ込む渓流沿いを歩いて源流の森を見てもらう講座内容です。講義に先立って集合場所のヤマモモ広場奥に非常用段ボール簡易トイレを設置したので、あらかじめ見てもらい使用方法を説明しました。

講師は当会の会員で地元瀬戸市在住の森を知り尽くしている大塚さんです。用意された資料に基づいて、猿投山は1億年ほど前の中生代に形成された花崗岩が基盤岩となっており、域内には猿投山北断層が走り、断層の南側の花崗岩は風化を受けて地下深くまでサバ土(真砂)状になっている地質の話。明治時代中期まで窯業用燃料として過度な伐採が繰り返され、はげ山であったこと、その後の治山事業。そうした歴史の森で当会が活動しており、緑豊かな森は上水道水源の涵養、土砂災害の防止の働きがあり、それを維持するため適切な手入れが必要なことなどについて、手短に説明されました。

そして、いよいよ実際に歩いて、まず広場にほど近い場所で水がしみだして樋で受けている様子を見てから、渓流沿いの遊歩道を通って貯水池へ向かいました。渓流には治山事業で設置された砂防堰堤、今ではそれがほぼ満杯に堆砂している状況、渓流沿いの様々な木々の芽吹きの様子など、歩きながら説明がありました。

そして、途中浅い流れを3か所ほど渡って45分くらいで貯水池に辿り着きました。貯水池の澄んだ透明な水を見て参加者の皆さんから、「わあ、きれい」の声が上がりました。この取り入れ口から浄水場まで2.4Kmの距離にあること、大雨の時など水量の多い場合は越流堰から山路川経由、赤津川、矢田川へ流れていくこと、そしてこの貯水池は水道施設なので一般の立ち入りは禁止されていることなどの説明がありました。

コースの途中では、定例作業で枯死木の伐倒作業をしている様子も見ていただくことができました。

途中何度か雨が降って、レインウェアや傘を使いながらの、トレッキングとなりましたが、雨滴で濡れた木枝や芽のようす、美しい森に見とれている方もいて、アンケートには「自然が素晴らしい」「森の中をたくさん歩けて良かった」「講師やスタッフの気配りが行き届いて気持ちよく歩けた」などの感想が寄せられました。また、「簡易トイレの使用感がとてもよかった、目からウロコでした」「トイレにはびっくりしました、ありがとうの感謝で一杯です」のコメントもいただきました。IMG_1419a
IMG_1422
IMG_1436
IMG_1447
IMG_1451
IMG_1452

なごや環境大学「蛇口の向こう~水源の森へ!」第2回

水源の森の働きについて考えてみよう!

日時 令和2年1月25日(土)

場所 東大赤津研究林

講師 東大生態水文学研究所・澤田晴雄、井上淳

スタッフ6 

新しい年が明けて第2回目の講座は東京大学生態水文学研究所赤津研究林。この日の受講者は12名。先回の馬ケ城浄水場から4kmちょっとの至近距離にあり、この森の流域の水も赤津川の取水口から浄水場へ送られています。

まず会議室で講師の澤田先生からプロジェクターやリーフレットを使って、今ほど森が豊かなのはかつてなかったこと。100年前に県の依頼で、一面のはげ山であった森の緑化に向けた研究、直営による治山工事を含めた取組みの経過。林内の長期にわたる樹木相の移り変わりの調査によって、この60年間で広葉樹やヒノキの材積が著しく増えているのに対し、マツ科では大きく減少していることなどの説明を受けました。

そのあと実際に研究林の中を歩いて、1929年から90年にわたって継続的に森から流出する川の水量を観測している量水堰や、地形や植生の類似した隣り合う流域で森林の伐採による流出量の変化を観測する施設や、2000年の東海豪雨で崩壊した斜面と、その隣の似通った植生の谷で間伐をわざと遅らせ下草のない様子などについて説明を受けながら、たっぷり1時間半くらい歩いて観察しました。

標高差100mくらいの観察トレッキングの後は各自持参の弁当で講師の澤田先生、井上先生にも入ってもらい意見交換しながらのランチタイム。

アンケートでは「瀬戸の森の歴史を知ることができた」、「森を歩いて規模感や地質、木々を体感できた」、「実際の森を見ながらの説明をたくさん聞けて分かりやすかった」、「1922年からの砂防で今現在裸地面積率が下がった研究データをぜひ世界のはげ山の緑化に活用していただきたいと思った」などの感想が寄せられました。
IMG_9522
IMG_9529
IMG_9534
IMG_9540
IMG_9544
IMG_9556



なごや環境大学「蛇口の向こう~水源の森へ!」(全4回)スタート

1回 85年前から水を作り続けている浄水場を見てみよう!

日時 令和元年1226日(木)

場所 瀬戸市馬ヶ城浄水場

講師 瀬戸市浄水場管理課 阪幹宏氏、加藤孝一氏

スタッフ5名

 

年末のどんよりとした曇り空の下、9名の受講者の参加を得て第1回講座がスタートしました。

最初にこの講座を企画した趣旨と、全4回の講座の会場の位置関係を説明しました。

(ふだん何気なく使っている水道の水がどこからどのように蛇口に流れて来るのか、水源の森まで辿って水と森の関係を考えてみる。名古屋市の水道では遠く長野県や岐阜県の森に水源を求めているが、瀬戸市では町の裏山とでもいうべき猿投山などの森を水源として、コンパクトであることが特徴であること。)

 

  そしていよいよ開講です。講師の阪さんと加藤さんから浄水場のあらましを分かりやすく説明していただきました。
IMG_9063

 
昭和8年から尾張瀬戸駅や瀬戸市など町の中心部へ給水開始している歴史ある浄水場で、水源を三国山の赤津川と猿投山の東山路川に求めていること。緩速ろ過方式でゆっくりとした速度で濾材の砂の表面に発生する微生物の働きで効率的に濁りや有機物などを効率的に除去すること。

その分、現在主流の急速ろ過方式に比べて広い面積が必要になるが、処理のために凝集材や電気を使わない省エネルギーな方式であることなどです。
IMG_9066

  実際の施設を間近に見ながらとても分かりやすい説明でした。

その後、補助水源用の貯水池へ登っていきました。これは雨天時などで流れてくる表流水が濁った時に、ここに貯めた水をろ過池に送るよう切り替えて使うそうです。貯水量以上の水はダムの堰から下流に流れ落ちますが、コンクリートの堤体の表面に付いた苔によって水紋を描き、とてもフォトジェニックです。
IMG_9077

IMG_9076

IMG_9084

さらにそこから20分ほど渓流沿い小道を遡りました。その下には浄水場へ送る導水管が埋設されているそうです。道の両側は自然林を成し渓流と相まって雰囲気のいい景観です。

辺りに甘い香りを発している所では、そのもとはタカノツメの枯葉であることをガイドするなど、スタッフの猿投の森づくりの会員の本領発揮です。IMG_9085 

  参加された受講者からは「とても興味深い内容だった」、「普段は入れないところまで見られて貴重な体験ができた」、「歩きながらでも説明を受けられてよかった」、「スタッフもとても親切だった」などの声をいただきました。

(馬ヶ城浄水場は6月の水道週間の日曜日のみ、一般開放で入ることができます。)

 

第2回以降追加募集中 !!

※12月8日に一度締め切りましたが1件キャンセルが出たため若干名を先着にて受け付けます!


なごや環境大学共育講座/参加者募集中!

2回目以降追加募集中!!
12
月8日に一度締め切りましたが1件キャンセルが出たため、若干名を先着にて受け付けます

  申込み

参加者の名前、年齢(学年)、性別、住所、電話番号、メールアドレスを次のメールアドレスまたはFAX

メール ozms.sanpo@gmail.com

F A X 052-322-7924 猿投の森づくりの会・尾関宛て


『蛇口の向こう~水源の森へ!

(全4回)

1回は「85年前から水を作り続けている浄水場を見てみよう!」1226日)

ふだん何気なく使っている水道水

蛇口をひねるとジャーッと出てくる水

その蛇口の向こう側をたどってみましょう!

水源の森が見えてきます!!
挿絵
水道水と水源の森の関係を瀬戸市の比較的コンパクトな区域をモデルに全4回でたどっていきます。

 

1回「85年前から水を作り続けている浄水場を見てみよう!」
   
12/26(木)

  講師:阪幹宏、加藤孝一(瀬戸市役所浄水場管理事務所)

  会場:瀬戸市馬ヶ城浄水場

  集合:愛知環状鉄道・リニモの八草駅前

 

2回「水源の森の働きについて考えてみよう!」
   
2020/1/25(土)

  講師:澤田晴雄(東大生態水文学研究所)

  会場:東大赤津演習林(瀬戸市)

 

3回「水源の森の貯水池、森の渓流を歩いて訪ねてみよう!」
   
2/22(土)

  講師:大塚正数(猿投の森づくりの会)

  会場:愛知県有林やまじの森(瀬戸市)

 

4回「森の手入れ作業を体験しよう!」
   
3/28(土)

  講師:後藤眞矢(猿投の森づくりの会・森林インストラクター)
  会場:愛知県有林やまじの森(瀬戸市) 

=====================================

  受講対象

  小学生(保護者同伴必須)、中高生、大学生、親子、一般

 個別受講可ですが、ストーリー性のある講座なので、できるだけ全回通しての受講をおすすめします。

 ※申込みは、なごや環境大学のウェブサイト内の受講申込みメールフォームからもできます。

詳しくは、全4回開催チラシ、および第1回開催チラシをご覧ください。
チラシ画像をクリックして頂くとチラシを拡大することが出来ます。

全4回開催チラシ

全4回チラシ

第1回開催チラシ
第1回チラシ

===========================================

企画運営:日本山岳会東海支部 猿投の森づくりの会(問合せ090-9943-6614 / 尾関)


なごや環境大学共育講座

223()                                  

名:猿投山で楽しく明るい森づくり!

  第3回 伐採した木を使って遊歩道の丸木橋づくりに挑戦しよう!

者:5名

講  師:山内(間伐材利用G

スタッフ:3名 

暖かい陽射しがそそぐ春の訪れが感じられるやまじの森で、なごや環境大学を実施しました。

今回は猿投山で楽しく明るい森づくり!講座の第3回目としてサルナシ湿地の丸木橋の架け替え作業を体験してもらいました。

参加者は親子4人を含む5名でした。

講師の山内さんから作業手順について説明を受けた後、まず実際に橋を渡って古い橋の痛みの度合い、たわみ具合を確認して架け替える橋を決めました。

作業は最初に古い橋の長さを測ってから、スリングべルトやリフティングトングを使って、古い橋桁材を撤去してもらいました。

運び出した古材の腐った部分にドングリが発根しているのを見つけてしばし観察タイム。

また、基礎部分の台座がすっかり腐ってその下の土も緩んでいたので、急きょ大きめの石を集めてその上に新しい丸太材を置いて周りを土で固めるという予定外の作業も入りました。

そして、いよいよ新しい橋桁の架設に取り掛かりました。長さを確認した後、元口と末口をどちらの向きに置くか見定めて、皆で力を合わせて慎重に作業、桁材4本を設置することができました。

その後、基礎の台座にカスガイを打ってしっかり留め、チェンソー経験のある男性とスタッフとで滑り止めも刻んでもらい、見事完成!

参加者の皆さんからは、楽しかった、作り方がよく分かった、子供さんと一緒に作業できて良かったなどとの感想を聞くことができました。

みなさん、お疲れ様でした。また、森に来て橋の様子など見に来てください。  
環境大学1s
環境大学2s
環境大学3s
環境大学4s
環境大学5s
環境大学6s
環境大学7s
環境大学8s
環境大学9s
環境大学10s


           


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード