やまじの森 自然観察会

第100回  やまじの森自然観察会報告

日時   令和元年7月20日(土)       天気 曇り

テーマ  夏の野草

参加者  15名

コース  ヤマモモ広場 ― 林道 ― 三叉広場 ― 堰堤上の橋手前 
―三叉広場― ヤマモモ広場


今回は記念すべき第100回の観察会です。
台風の影響で朝まで降っていた雨も幸い上がったので初参加2名を含む15名で
出発し、まずは林道脇のコクランを観察しました。黒蘭とはいえ花の色は暗紫
褐色、高山に咲く黒百合に似た色です。昨年は増えたと喜びましたが今年はイ
ノシシに荒らされたせいか2株だけが花を付けていました。
その近くで先月咲いていたイチヤクソウは株ごと掘り取られ姿を消してしまい
ました。これはイノシシではなく明らかに人間の仕業でとても残念なことです。
イチヤクソウの仲間は周囲の樹木の菌根菌と共生し、移植しても栽培は難しい
植物だそうです。

 アサギマダラが好きなヒヨドリバナがあちこちで咲き始めました。今年たくさ
んの花を咲かせた大曲のオオバウマノスズクサは緑色の実をぶら下げています。
近づいて探してみるとお目当てのジャコウアゲハの幼虫を発見、蛹は後ろ手に縛
られた女性の姿に見えることから怪談「皿屋敷」のお菊にちなんで『お菊虫』と
呼ばれます。成虫ともどもウマノスズクサの毒を体内に蓄積し捕食者から身を守
る術を身につけています。蝶たちが優雅にやまじの森を舞う姿が期待できます。

 道沿いの白く小さなハエドクソウの花は薄桃色を帯びて可愛いけれど、可愛く
ない名前はこの根を煮詰めた汁でハエ取り紙を作ったことで付けられたそうです
 皆さんは天井から茶色のハエ取り紙がぶら下がっている光景を知ってる世代で
しょうか?羽化したばかりでまだじっとしているヒグラシも見つけました。
 セミの鳴き声が聞こえる季節がやって来ました。

 三叉広場ではチダケサシ、ミカワショウマの花が盛りを迎えています。どちら
もよく似た白い円錐状の花ですが葉の形が違い、愛知県固有種のミカワショウマ
は先端が尖った卵形の葉が特徴的です。清流に映える満開の清楚な花を見ながら
川沿いを往復しました。

 三叉で昼食後、ヤマモモ広場まで雨にも会わずシダや樹木を観察しながら戻り、
やまじの森の自然を楽しむことができました。

【草の花】
コクラン、ネジバナ、ハエドクソウ、ダイコンソウ、ヘビイチゴ、
ヒメキンミズヒキ、ミズヒキ、ママコノシリヌグイ、ツルニガクサ、
アキノタムラソウ、ヒヨドリバナ、ガンクビソウ、サジガンクビソウ、
ムラサキニガナ、シラヤマギク(蕾)、ノギラン(蕾)、チダケサシ、
ミカワショウマ、オカトラノオ、ヨウシュヤマゴボウ、コウヤザサ

【木の花】
ヤマアジサイ、ノリウツギ、バイカツツジ

【鳥の声】
ヒヨドリ、サンコウチョウ、ヤマガラ、ハシブトガラス、
ホトトギス、メジロ、クロツグミ、ウグイス、ソウシチョウ、コゲラ、
イカル、エナガ、キビタキ、オオルリ、センダイムシクイ、サンショウクイ

オオバウマノスズクサの実ジャコウアゲハの幼虫
オオバウマノスズクサの実        ジャコウアゲハの幼虫
アキノタムラソウオカトラノオ
アキノタムラソウ           オカトラノオ
ヒメキンミズヒキミカワショウマ
ヒメキンミズヒキ            ミカワショウマ 
ハエドクソウコクラン
ハエドクソウ              コクラン
ムラサキニガナヒグラシ
ムラサキニガナ             ヒグラシ

第99回 やまじの森自然観察会報告

日時   令和1年6月15日(土)  天気 曇り

テーマ  水辺の植物

参加者  11名

観察コース  ヤマモモ広場→シャラノキコース→サルナシ湿地→ホオノキ

→1号管理道→アジサイコース→林道→ヤマモモ広場

 梅雨に入り今日は朝から雨の予報でしたが、なんとか曇り空です。雨の

心配をしながらもヤマモモ広場から出発しました。

ヤマモモ広場前のヤマモモの実はまだ緑色ですが、もう10日もすればワ

イン色に熟れてくるでしょう。シャラノキコースの入口にはイチヤクソウが白

い花をつけていました。

 ヒメシャラ、ナツツバキは白い落花で開花を知らせてくれます。1月から

倒木になっていた大きなナツツバキの樹は倒木のままたくさんのつぼみをふ

くらませていました。

 ヒメシャラ、ナツツバキは高いところで花を咲かせるためよく見えないこ

とが多いのですが、今日は目の前で開花間近という大きくふくらんだつぼみ

を観察することができました。つぼみの多さにも驚きました。これから開花

し種子をつける間この倒木の観察をしていきたいと思います。

 ウラジロの新芽が黄緑色の2枚の羽を広げています。ウラジロは群落を作

ることが多く、一面の黄緑色で林床がパッと明るくなっています。

コアジサイは花期が短く、花はもう終わりに近いようです。コアジサイは

アジサイ 属の特徴的な装飾花をつけていません。装飾花は花粉を運んでく

れる昆虫を呼び寄せるためのものですが、装飾花がなくても多数の花を同時

に咲かせ、花からいい香りを出して匂いに敏感な昆虫を呼び寄せています。

 やまじの森にはコアジサイが多く、もう少しの間うすむらさきの花とかす

かな香りを楽しめそうです。

 サルナシ湿地ではツルヨシが1m前後になってきて湿地の半分ほどを占め

ています。サルナシの花が終り秋の実が楽しみです。もう少し手の届くとこ

ろにも実がなればいいのにな。カヤツリグサ科の植物などがこのところの雨

で元気にはびこり湿地をおおっています。春真っ黒になって群れていたオタ

マジャクシは無事に成長したでしょうか。

 アジサイコースの植栽されたアジサイは水色の大きな花を咲かせていまし

た。

 観察会の間もお弁当を食べている間も雨粒は落ちてこず、緑の中の観察会

は終了しました。

観察したもの

◎木の花 バイカツツジ ムラサキシキブ ヤブムラサキ ヒメシャラ ナツ

ツバキ ヤマアジサイ コアジサイ リョウブ ネズミモチ ヤブニッケイ 

テイカカズラ

◎草の花 

イチヤクソウ ニガナ ヒメジョオン ドクダミ オオバノトンボソウ 

オカトラノオ ミカワショウマ(蕾) コナスビ ササユリ

◎湿地の植物 

オニスゲ ミヤマシラスゲ オタルスゲ ミツカドシカクイ 

ミズギボウシ サトヤマハリスゲ ジュズスゲ イグサ ホタルイ ゴウソ

イヌシカクイ

◎鳥の声 

サンショウクイ センダイムシクイ ヒヨドリ サンコウチョウ 

ウグイス イカル ホトトギス メジロ キビタキ コゲラ アオゲラ 

ソウシチョウ クロツグミ エナガ 

ウラジロ
ウラジロ
オニスゲ
オンスゲ
コアジサイ 猿投
コアジサイ
バイカツツジ
バイカツツジ



第98回山路の森自然観察会報告

日時   令和1年5月18日(土)晴れ 

テーマ   新緑の雑木林 

参加者   15名 

観察コース ヤマモモ広場→林道 →WC→ 林道 ヤマモモ広場 

今日は涼やかな風が吹いて、汗もかかずに上りの林道をあるくことができました。駐車場には上を見るとムベの花がいくつも咲いていました。しかし実はいくつ実るだろうか? 楽しみにしていますが毎年少ないのです。
 
反対側の土手にイチヤクソウの花が蕾をつけているのを見つけましたイノシシにやられませんようにと願うばかりです。
 
林道にはホウチャクソウ花が咲き、ミヤマナルコユリが蕾を付けていました。東海自然歩道の入り口のエゴノキも、花を沢山付けていました。今の季節白花が多いような気がしましたが、足元には、ニガナ、ハナニガナ、オニタビラコ、ミツバツチグリなどの黄色い花もありました。 

今回は白い花をつけたカマツカ、サワフタギの花の違いを良く観察しました。雄蕊を沢山持ったサワフタギの花と梅の花が集まったようなカマツカ、どちらも白く美しく愛らしい花です。 

 しかし実はサワフタギ青色、カマツカは赤色です。又カマツカの枝を折ろうとしてもしなやかに曲がって折れません、弾力性があるからです。鍬や鎌の柄にもってこいですね。 

ミズキの花も盛りで大きなモンキアゲハが2、3頭花に来ていました。
これからは昆虫の姿が沢山見られることでしょう。楽しみですね。鳥の声も今日は賑やかでした。ウグイスをはじめ、コジュケイの「チョットコイ」と呼ぶ大きな声が印象的でした。 

次回はコアジサイが咲いて、きっといい香がすることでしょう。
 

◎木の花 ツブラジイ、アカバナコツクバネウツギ、タニウツギジャケツイバラ、ホウノキ、ムベ、ミズキ、エゴノキ、カマツカ、サワフタギ、ツリバナ 

◎草の花 ミヤマナルコユリ、ホウチャクソウ、トウバナ、ニガナ、オオバウマノスズクサ、ハナニガナ、ギンリョウソウ 

◎昆 虫 ミスジチョウ、モンキアゲハ

◎鳥   キビタキ、ヒヨドリ、ホトトギス、コジュケイ、ヒガラ、センダイムシクイ、シジュウカラ、サンショウクイ、オオルリ、イカル、クロツグミ、ソウシチョウ、メジロ、ヤブサメ、ヤマガラ、コゲラ、アカゲラ、ハシブトガラス、ウグイス
P5153732ムベ
ムベ
P5153743オオバウマノスズクサの蕾
オオバウマノスズクサ蕾
P5153744オオバウマノスズクサ
オオバウマノスズクサ
P5153755
ギンリョウソウ
P5153747アカバナコツクバネウツギ
アカバナコツクバネウツギ
P5183772サワフタギ
サワフタギ
P5183778カマツカ
カマツカ



第97回 山路の森の自然観察会報告

 平成31年4月20日(土) 天気  晴れ テーマ 木々の芽吹き      
   参加者 14名
   観察コース ヤマモモ広場➝シャラノキコース➝サルナシ湿地➝カワセミコース➝ 林道➝ヤマモモ広場・・・三叉広場
   良い天気に恵まれ10名の参加者と4名の観察会メンバー合わせて14名で新緑に萌える林内を観察した。ここ数週間の寒暖の差でヤマザクラも長く観察でき、木々の芽吹きにもそれぞれ早い遅いの違いが見られた。倒木のシャラノキからも若葉と花芽がみられ生きる強さを感じた。高い木々の林間に広がるコナラの新芽の輝き、観察コース脇に目立つタカノツメの若芽には新鮮さを感じた。コアジサイやコバノガマズミには若葉と共に花芽も見られた。カスミザクラとマルバアオダモの白い花、若葉などが林内をより一層春めいた雰囲気を醸し出していた。ウワミズザクラも白い花穂を際立たせていた。赤い縁取りのあるカマツカの葉にも花芽がでていた。 小鳥のさえずりも一段と多く、オオルリやメジロ、ヤマガラの声に、つい林間を覗いてしまう状況であった。また、コゲラの姿には観察者全員が木々の梢に注目し動きを 観察した。 観察会は、三叉路のヤマザクラの花びらの舞う中で昼食をとり終了とした。

◎木の花  ヤブツバキ、ウワミズザクラ、モミジイチゴ、ニガイチゴ、コバノミツバツツジ、  マルバアオダモ、アセビ、クロモジ、シロモジ、オオカメノキ、コウヤミズキ ,オオバウマノスズクサ(蕾)

◎草の花  チゴユリ、スルガテンナンショウ、ホウチャクソウ(蕾)、

◎湿地  アズマヒキガエルのオタマジャクシ数匹、ミカワショウマの若芽、

◎鳥  オオルリ、キビタキ、センダイムシクイ、ウグイス、ヒヨドリ、ヤブサメ、  ハシブトガラス、ヤマガラ、メジロ、サンショウクイ、シジュウカラ、コゲラ、  エナガ、クロツグミ、アオゲラ

◎目についた植物  ザイフリボク、サワフタギ、オオウラジロノキ、ズミの黒い実、ヒメヤシャブシ  ミヤマガマズミ、ミツバアケビ、イワガラミ、ナツハゼ、アキチョウジ、  ニシキゴロモ、ツルニンジン、カエデ、ボタンヅル、ガンクビソウ、センニンソウ  シュウブンソウ、タネツケバナ、ジャケツイバラ
ウワミズザクラ
ウワミズザクラ
コアジサイ
コアジサイ
コゲラ
コゲラ
ヒメヤシャブシ
ヒメヤシャブシ
マルバアオダモ
マルバアオダモ
ヤマザクラ
ヤマザクラ


第96回 やまじの森自然観察会報告

日時  平成31316日 天気晴れ

テーマ 春をさがそう

参加者 15 

コース ヤマモモ広場シャラノキコースサルナシ湿地カワセミコース展望台アジサイコース林道ヤマモモ広場 

菜虫化蝶は、七十二候のひとつです。春 夏 秋 冬の季節を6つに分けたものが二十四節季、さらに3つに分けたものが七十二候となります。春は立春、雨水 啓蟄と進み、316日は啓蟄の末候の菜虫化蝶でした。 

   春は黄色い花が多いと言われていますが、やまじの森でも黄色い木の花が目立っていました。今回は マンサク、クロモジ、コウヤミズキ、ダンコウバイ、キブシ、そしてあと一歩のシロモジ等、優しい色合いの花をみることができました。この中でも一番人気はコウヤミズキ、散策道脇に咲いていて手に取るように観察をすることができました。ミズキと名がついていますが、ミズキ科ではなくマンサク科です。花の特徴としては葯が暗赤色、雄しべは花弁と同長かほんの少し長い感じです。

サルナシ湿地の水辺にアズマヒキガエルの卵塊が見られました。下見の時に水から出てしまっていたものを戻しておきましたが、一部、死んでしまっているようでした。

暖かな日差しを受けながら橋に腰をおろし しばらく休憩タイムとしました。その後、展望台まで登り、あと2週間もすればタムシバが点々とみられるだろうと想像しながら東大演習林方面を眺めました。

ダンコウバイの花が見事に咲いていました。近くにクロモジの花も咲いていましたが、緑がかったクロモジの花に対してダンコウバイは別名ウコンバナと言われ鮮やかな黄色です。花序が無柄なのも特徴の一つです。やまじの森では花の咲くダンコウバイをみることは少ないです。雌雄異株で雄木でした。

ヒサカキの独特な匂いやショウジョウバカマの可憐な花等、いくつももの春を見つけることができました。

今回の観察会は、会員の元気なお孫さん二人の参加もあり、楽しい観察会となりました。 

木の花 ヤブツバキ アセビ ヒサカキ コウヤミズキ クロモジ ダンコウバイ キブシ マンサク シロモジ シキミ

草の花 シュンラン ショウジョウバカマ タネツケバナ スズカカンアオイ ヒメカンスゲ

昆虫 ビロードツリアブ テングチョウ

鳥 ヒヨドリ ハシブトガラス ハシボソガラス メジロ コゲラ ソウシチョウ シジュウカラ アオジ

その他 アズマヒキガエルの卵塊
アズマヒキガエルの卵塊
アズマヒキガエルの卵塊
クロモジの花
クロモジの花
コウヤミズキ
コウヤミズキ
ダンコウバイ
ダンコウバイ
マンサク
マンサク
独特な匂いのヒサカキ
独特な匂いのヒサカキ







 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード