県有林やまじの森

定例作業報告

雑木林グループ定例作業

 

2月22日(土曜日) 天候 曇りのち雨 参加者 13名

 

今年度最終の「1号管理道沿い整備作業」に取り組みました。

今日は昨年度から加入のMさん、Uさん、久方ぶりのTさんを迎え

総勢13名となり2グループに分けて実行しました。

 

(管理道に架かる枯死木・危険木の伐倒作業)

2月11日に引き続き主要管理道の通行安全確保のためアカマツ

ハリエンジュの高木を熟練されたYさん伐倒技術で安全に処理され

ました。全線を通して整備を終えました。

 

(管理道沿いのササ群生区域の除去作業)

今日の区域は過去3ヵ年の継続的な作業の結果、成果が見られ

ツツジの群生したゾーンに集中して刈払機と女性の皆さんは手鎌

で丹念に取りくみました。高台の平地でツツジ、ヤマザクラが鑑賞

出来る「花見の休息園地」が誕生しました。

 

昼にはSさん自慢の「ジビエ(イノシシ)」が焼きたてを沢山いただき

みんなで堪能しました。有難うございました。s-CIMG1325
s-CIMG1326

人工林グループ

参加者:4名
 作業をやり始めたら小雨が降り出したため安全上作業は中止し、散策路沿いの樹木の調査をしました。早めに切り上げ、昼食後、午後からの会議に参加しました。



定例作業報告

雑木林グループ 
  令和2年2月11日(火曜日) 天候 晴時々曇り 参加者 7名 
  今日は幹線林道をから分岐する1号管理道(作業車両通行可能)の
 道路交通安全確保のため路上に被さる斜傾木、枯死木を全線に亘って伐採、整備を行いました。
  協定区域外の西側から路上に架かる木が多く、崖の崩壊防止のため植林されたハンノキの老木や、ヤマフジ(つる性落葉木本)の絡んだ木本保護のためつるぎり箇所も多く入念に作業を進めました。
    アカマツの枯死木は路上沿いに限らず林内に残されたものを含めて積極的に伐採・除去をいたしました。 (13本)
   1号管理道はサイクルスポーツの高まりとともに、猿投の森の林道をめぐるフアンも多くなつています。安全の確保は第一優先の課題です。
s-20200211定例雑木1
ヤマフジの絡んだ木本とつるの根部分
s-20200211定例雑木2
ヤマフジのツル切
s-20200211定例雑木3
明るく見通せる安全な1号管理道
s-20200211定例雑木4

間伐材で制作したMさんのチェンソーアート 休息ベンチ

 人工林G  参加者: 5名

急勾配での作業は大変でしたが、本日の伐倒本数は5本。 累計37本となりま

した。当初の予定伐倒本数が48本でしたのであと1本です。本日伐倒の最後

の1本は倒したまま、玉切り処理は次回行います。望観すると明るい森になっ

たなと感じます。

 林齢70年の森、本来なら収穫の時期ですが、10 年後、20年後に立派

に成長し、情勢が変わり収穫されることを期待したいと思います。

 あとは、小川を挟んで反対側、道路との間の小径木の整理伐です。ここで

なごや環境大学での体験伐倒を行おうかと皆で打ち合わせをしました。

20200211人工林

定例作業報告

雑木林グループ定例作業
 1月25日(土曜日) 天候 晴時々曇り  参加者 11名
 
1号管理道沿いの照度調整伐作業と、林床のササ類除去作業2班
に分けて実施しました。
 
照度調整伐はヒノキ植林区域との境界部分を中心にソヨゴ高木類と
林道に近いアカマツ大径枯死木など伐採をし3ヵ年に亘る整備を終
えました。雑木林は一帯広範囲に大幅な照度調整ができ本来の落葉
広葉樹中心の植生に大きく変わることが期待されます。
s-CIMG0754s-CIMG0755
        枯れ赤松         伐倒準備
s-CIMG0756
           枯れ赤松切株
林床のササ類除去作業は保存育成の樹種類をマークし、障害となる
萌芽株の整理を含め実施しました。ササは年3回の除去作業を通し
ササをグランドカバーとした「みどりのじゅうたん」区域の設定などに
試行する計画です。
CIMG1318
            ササ除去作業
人工林グループ
参加者:4名
 本日はなごや環境大学の催しに参加しているメンバーもあり、参加者は4名でした。残り伐倒予定本数が少なくなっており間伐と遊歩道脇の整理とに分かれて作業を行ないました。間伐はいつものように急斜面での作業でしたが、安全に気を付けて、かかり木にならないようにロープを使い丁寧に狙った方向に倒しました。遊歩道脇では崖崩れで倒れていた数本の木を処理し、また整理伐を行ないました。本日の間伐本数は3本でした。


 
 
 

定例作業報告

1月14日(火)晴れ
 人工林グループ
    参加者:6名
 人工林グループ2020年最初の活動日です。参加者6人、それぞれのチェーンソー6台で、前回の続き三つ叉右奥のヒノキ人工林での間伐作業です。
 今回は間伐と、前回間伐して伐倒したままの未処理木の整理と、遊歩道と小川の間の灌木の整理とに別れて作業を行いました。
 間伐作業は急斜面の現場で、ロープと滑車とプラロックとを駆使して、密集したヒノキ林の中、かかり木にならないように 伐倒方向を定めて、受け口のあと追い口を切り込んでいきます。樹冠同士が接触ているので、本来なら倒れるほどの追い口の切り込み量でも倒れてくれません。プラロックでロープを牽引していくと対象木は弓なりにカーブしながらも、遂には樹間目指して倒れていきます。3人の共同作業です。
 今回の伐倒本数は4本で、10月から4回の作業累計では29本となりました。あと9本ほど伐倒予定です。
遊歩道と小川の間の灌木の整理作業をしたところでは、すっきりしてきて見通しがよくなり遊歩道から小川が望めるようになりました。
 3月予定のなごや環境大学での体験講座の場所の下見を行いました。
2020011人工林
20200114人工林1
20200114人工林2
20200114人工林3

雑木林グループ
参加者 8名
  私達の森づくりの会が、猿投山北西側(瀬戸市山路町)愛知県有林
と協定を結び、整備を始めてから17年目の春を迎えました。 
 里山林(雑木林)の整備をし植生の変化を見極めるには、早くて15~20年、そして「豊かで多様な植生、明るい森林」となるには通常50年単位の時間を要すると言われています。 
 今日は1号管理道沿いの8年前から整備をしてきた区域をはじめこの5か年来、集中整備をしてきた一帯の植生の変化を調査し今年度の作業方針を皆で確認をいたしました。 
 ササユリ、ツルリンドウなど途絶えていたと思われる草本類や林道周辺にコバノミツバツツジ、モチツヅキの繁茂、コナラの実生群落など楽しみな変化が確認されました。反面、ネザサ、ミヤコザサが増えてきましたが、背丈低く刈り込みグランドカバーの役割を期待する「緑のじゅうたん」として制御する計画も話し合いました。
CIMG0741
CIMG1316
CIMG1317




定例作業報告

雑木林グループ
12月10日火曜日 天候曇りのち快晴  参加者11名
 
紅葉の真っ盛り、落ち葉のじゅうたんを踏みしめて、快晴のなか2班に分かれて作業を進めました。
 
(法人デー体験作業場付近の枯死木伐倒作業と整備伐)
 この区域はアカマツ、コナラなど大径の枯死木が多く、次の森林を構成する落葉樹の実生、幼木の成長を阻害している状態です。
日照条件が悪く、陰樹が繁茂する放置状態に近い雑木林となる可能性があり、経験豊富なスタッフが中心となり能率よく整理伐作業が進みました。今後、多様な植生変化が期待できます。

s-CIMG0710
伐木整理
s-CIMG0706

(過去、整理伐を終えた区域の林床調査とササなど障害駆除)
 日照条件改善した結果、新たな樹種の自生状況の調査とそれを阻害するササなど駆除の作業をしました。ササの繁茂は広域に至るので、林域ごとに目的を設定し、重点的に推進いたします。
具体的には次回作業日に確定する予定です。
s-CIMG1310
実生コナラ
s-CIMG1311
林床のササ

人工林グループ

参加者:延べ7名

 最初5名でスタートしたが途中一人抜けるも新たに一人参加、さらに午後強

力な助っ人Mさん参加、延べ7名の参加でした。

本日の伐倒本数は10本で、累計25本となり、残り伐倒本数は15本程度に

なりました。

 午前中は県事務所から2名間伐作業の様子を現場に確認にこられました。

作業方針や作業内容および安全第一で行なっていることを申し上げました

安全に注意して作業を行うようアドバイスをいただきました。



記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード