県有林やまじの森

定例作業報告

10月24日(土) 天候 晴
雑木林グループ
  参加者 13名 
 今年度の重点整備作業「カワセミコース」の作業を実施しました。 
    私達が愛知県と協定を結んで県有林の整備作業を実施以来、17
年になります。瀬戸市上山路町、通称「やまじの森」は東海自然歩
道が猿投山山頂から定光寺に至るルート上にあり、ハイカーの皆さ
んの安全の為、登山道周辺の倒木、危険木の処理などお手伝いをし
ています。過っては瀬戸市の里山として利用された林道の整備、保
存することにより、今はヤマザクラ、ミツバツツジ開花の春、秋の
紅葉など森で癒される散策者の方、サイクルスポーツを楽しむ青少
年の皆さんなどで賑わいを見せています。 
    林道に愛称をつけて「ヤマザクラコース」「アジサイコース」
「ヤマモモコース」「シャラノキコース」など楽しく作業をしています。
是非、御来林をお待ちしています。

s-CIMG0985s-IMGP0147s-CIMG0989
s-IMGP0148
s-CIMG0991
s-IMGP0151
人工林グループ
参加者:6名
三叉奥のC-3地区での作業でのスギ、ヒノキ合わせて7本の間伐と、周辺の遊歩道脇の除伐作業を実施しました。
この区域での予定の間伐は終了したが、倒れた場合に遊歩道にかかりそうなアカマツ、コナラの大きな枯死木が4本ほどあるため、次回はその処理を実施の予定です。

IMG_236820201024人工
IMG_237720201024人工
IMG_238020201024人工
IMG_238420201024人工

定例作業報告

10月13日(火曜日) 天候 晴 
 雑木林グループ
参加者 8名
 今年度の重点整備作業「カワセミコース」5日目の実施です。
 「ヤマモモコース」と並行して、第一区域で最も流水量の多い渓谷が「カワセミコース」林道10m余下に位置し、急こう配の崖下作業は難攻を極めました。
 過去3ヶ所の「砂防堰堤」が治山工事として設置され土砂堆積の結果、河川敷として広がりを見られる場所があり、この渓谷をやがて草木が芽生え、豪雨被害に耐えられるより強固な河川となるよう整理伐を進めました。
 私達の森林整備は「より明るい環境」をつくるのが主たる目的です。カワセミコースは地理的に放置をすると、常緑照葉樹林に極相化が進みます。自然環境に調和しながら落葉樹の自生を促進する整備に努めます。陰陽中間で「コアジサイ」が林道沿いに繁茂する今の植生も維持しなければなりません。
s-CIMG0976
作業現場で今日の作業打合せ
s-CIMG0978
谷底での作業
s-CIMG144120201013雑木
渓流
s-CIMG144220201013雑木
渓流2
s-CIMG144420201013雑木
斜面での作業
人工林グループ
参加者:6名
今年度初めての人工林での間伐作業でした。
まず初めに、県に提出した間伐届出書に基づき今年度の作業区域と作業内容についてミーティングをしました。
IMG_2254人工
今年度の作業区域は2箇所に分かれ、三叉奥のC-3地区(前年度の作業区域の作業道を挟んで反対側)と、第1管理道とアジサイコースに挟まれたA-1区域の人工林です。前者は面積約0.15ha、後者は面積約0.33haです。
現況本数はそれぞれ107本、211本で、そのうち間伐対象はおおよそ、それぞれ30本、50本の予定です。
どちらも比較的平坦な場所で作業には楽なところです。最初C-3地区を、それが終わってからA-1地区(樹齢70年以上)に取り掛かります。
本日はC-3地区の25本を伐採しました。ここは年輪を数えたら樹齢約25年くらいで、間伐対象は大部分が胸高直径が10cmから25cm以下で非常に楽に気持ちよく伐採できました。
IMG_2278人工
IMG_2283人工
IMG_2264人工
あとここでの作業は、周囲の整理伐も含めて1ないし2回で終了の予定です。


定例作業報告

雑木林グループ定例作業
9月26日(土) 天候 晴時々曇り  参加者 10名
 
今日は次の作業を実施しました。
①ハリエンジュ伐採後の萌芽幼木の除去 
 昨年、伐採した13本から、株萌芽3株 根萌芽3株が見られ除去し抑制液薬を散布しました。除去幼木40株以上。
 萌芽幼木は高さ3m~20㎝に及び、根萌芽が活発になると思われ根の除去を含め作業期を6月、9月~10月と回数を増やす予定です。
s-CIMG1434
      ハリエンジュの根から立ち上がった幼木(垂直の枝)
s-CIMG1436
              アジサイの手入れ 
②カワセミコースの整備作業の実施
 今日の作業は沢沿いの除伐を重点に行いました。ヒサカキ等常緑の、小木が密集しがちで、日照条件も悪く、土壌水分も多いため蔓類が絡み作業が難攻しました。整備後、蛇行した渓流美が林道から見られ散策者の眼を和ませてくれると思います。
s-CIMG1437
蔓がらみの立木が目立つ
人工林グループ
参加者:7名 
 
 1名は、東海自然歩道の管理者の依頼で、朝6時より他の

メンバー2人と猿投山山頂の枯死木2本の伐採に参加。1本

はかなりの大木であったとのこと。
6名は午前中はトイレ前の枯死木1本の伐倒のあと、午後は

第2管理道脇の枯死木1本の伐倒を行った。
 トイレ前のアカマツの枯死木は、直径がおおよそ40cm位

でかなり腐食しており、トイレ側に傾いていた。トイレ側に

倒れるのを避けることと、上部の枯れた部分が倒れるときの

反動で真下に落下するのを防ぐために、慎重さを要した。

重量のある大木を重心方向とは90度逆方向へ倒すこととし、

受け口のあと適当な深さに追い口を作り、動滑車で倍の力が

出るようにしてプラロックを使ってロープで牽引して少しづ

つ引っ張ったところ、枯死木はゆっくりと安全に予定の方向

へ倒れてくれた。
上へ
 前 |  

定例作業報告

令和2年9月8日(火)晴れ
参加者 17名
朝方は、やや暑さも和らいだ感じでしたが、作業に取り掛かる頃は、前日と変わらぬ暑さになりました。
作業開始時に県有林事務所の職員が見学に見えました。
作業は、一部の参加者は、幹線林道の路盤修復(土嚢で路盤凹み補充)。
他の参加者は、渓流への土砂流出を防ぐため第二管理道の崩壊地土砂止め柵を設置しました。
作業分担は、粗朶伐り出し、杭打ち、粗朶詰め作業。
谷底で作業していると、作業着が直ぐに汗でビッショリとなるほどの暑さでした。
作業中突然ホイッスルが鳴り、熱中症予防のため休憩となり、水分補給し、一息いれ、流土防止策を完成させました。
 以下に作業状況の写真を掲載いたします。
s-CIMG0915
s-CIMG0914IMG_2101IMG_2104
IMG_2111
IMG_2109
s-CIMG0919

午後は、三又広場の川原で緑陰講座「鉈の研ぎ方」講習会を実施しました。
川合講師の説明の後参加者各自、自分の鉈を丹念に研ぎ、切れ味を確認していました。
道具は、常に管理が必要なことを感じました。
s-CIMG0939 (2)
s-CIMG0938 (2)
s-CIMG0940

定例作業報告

8月22日(土) 天候 晴れ 
雑木林グループ
参加者 14名 
「カワセミコース沿いの遊歩道周辺の整理伐及び管理道の草刈他」
極暑のなか、午前中の作業予定で実働4日目の作業に取り組む。 
この遊歩道は高い崖地と深い沢に囲まれ、日照は少なく常緑の陰樹 ヒサカキ、サカキ、ヤブツバキ、アオキ、ヤブニッケイ、アラカシの幼木など、びっしりと繁茂している。これらの整理伐をし、日照条件の改善と、落葉樹の芽吹きを促すことが狙いです。 
またアカマツ、コナラなどの大径枯死穆が、林内に散見されますが 林道に掛らない限り鳥の営巣木として残し、鳥類の?殖に留意をしています。 
午後は、緑陰講座を変更して2020年後半の活動について全員会議を実施しました。

s-CIMG1428 2
人工林グループ
参加者:8名

午前中は、東海自然歩道(トイレ周辺)に面した枯死木の伐採グループ5名と、本年度の間伐区域の選木及び毎木調査に3名の2班に分かれて作業を行なった。

枯死木伐採班では、枯死木1本とかかり木1本を伐採した。トイレ西側(トイレに対して東海自然歩道を挟んで反対側)にあるアカマツの枯死木2本が歩道側に倒れる可能性があり危険であった。またそこから東海自然歩道を雲興寺側へ数十メートル行き川を越えたとこには、強風で根こそぎ倒れ北歩道に向かって掛かれ木となった中径木のヒノキ1本があった。これらのうち、アカマツの枯死木1本とかかり木のヒノキ1本とを伐採処理した。残りのアカマツの枯死木は大径木でもあり、またトイレに向かう方向へ重心があり下手をするとトイレを壊すことになるため慎重を要し、時間もなく次回に伐採することにした。

選木・毎木調査班では、アジサイコースと第1管理道との間の人工林A-1地区(面積0.3ha)の調査を行った。結果は、ヒノキ211本の胸高直径を測定するとともに、劣勢木、不良木を中心に伐る木51本を選定した。前回のC-3地区の調査と合わせて間伐届を作成し提出したあと、10月から間伐作業に入ります。
午後からは山口公民館で緑陰講座であった。

20200822人工林1
20200822人工林3
20200822人工林2 (2)


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード