県有林やまじの森

定例作業報告

6月27日(土) 天候 晴時々曇り 

雑木林グループ  参加者 14名

(午前の作業)

カワセミコース林道改修工事の二日目、完成を目指しリーダーYさんを中心に全員参加で取り組みました。

改修工事の全体像を描き、線引き、資材配置確認などを終え、杭材のヒノキ原木の伐採、高低差10mに及ぶ材の引き揚げ作業を進める傍ら、4名の女性参加者も加わりヒノキの皮剥ぎ作業を手際よく進めました。中心基礎杭配置、打ち込み、ボルト固定で午前作業を終えました。

(午後の作業)
 
杭打ち込み、歩道となる木道用丸太材の配置、段差調整をしながら既設側溝、路面となじむように繰り返し試しながら丸太を納めました。最後はヒノキ丸太材に滑り止めの刻み加工をして完了しました。 

(女性参加者の午後作業と研修)
 
Sさんのリーダーで1号管理道、アジサイ道、ヤマモモ道を歩きながら実地で「雑木林の調整伐の基本」を学びました。

 除伐する樹木の選定、活かす樹木の割合は、繁茂の旺盛な樹種の根から除去、日照条件と草本、木本の成長など多岐な亘りました。

s-CIMG1413
s-CIMG1417
s-CIMG1419

人工林グループ
参加者:6名
前回に続き第2管理道の枯死木等の整理伐を行いました。
この道路の山側斜面は急勾配になっているため、土砂崩れに伴い道路上に倒れかかり危険な生木が数か所にあり、その処理を行いました。
また他の斜面には道路に向かって倒れそうな枯死木が数本ありその処理を行いました。大きなものは直径が60cm超のアカマツ、75cm超のコナラなどです。
75cmのコナラにはツルが高さ20mの頂上まで覆い尽くし、あたかも枯れていないかのようでした。これらを倒すと周りが一気に明るくなりました。
道路上にイボタガの幼虫がまるくなっていました。
次回はさらに先に進み枯死木等の処理を行う予定です。
s-20200627人工1s-20200627人工2
s-20200627人工3
s-20200627人工4
イボタガの幼虫







定例作業報告

6月9日(火曜日) 天候晴時々曇り 
雑木林グループ
参加者 7名 
4月からの新年度の作業計画は大幅に遅れていますが、主要課題の
林道「カワセミコース沿いの整備」でも観察者、作業者の安全を優先し
路肩崩壊部分の改修に着手いたしました。
 
約10m長さに亘り、山側からの土砂崩壊が林道に連鎖をし、幅員が
1/2に欠落、約8m下の谷に落ち込む土留工作と通行路としての橋掛
けを行う計画です。
 
今日の作業はヒノキ4本を伐倒し用材確保に取り組みました。崩壊する
急斜面の作業で困難を極めましたが、通行路となる木橋部分の用材を
確保するにとどまり、杭材など副資材は次回作業日に持ち越しました。
s-CIMG0868
s-CIMG1401
s-CIMG0870
人工林G
参加者:8名
人工林グループの6人は、前回に引き続いて第2管理道沿いのアカマツやオオバヤシャブシなどの枯損木伐倒および整理伐を行いました。
前回やり残した道路の山側の崖上のアカマツの大木はチルホールも駆使しながら安全第一で伐倒作業を行いました。
また、管理道工事の谷側のヒノキ植林地の中にはヒノキの間を何度も湾曲して伸長したオオバヤシャブシが何本もあり、この除去には意外と手間取りましたが何とか無事に除去し、明るい空間となりました。
人工林グループの他の2人は、毎年恒例のA地区、B地区、C地区それぞれの基準木24本の胸高直径測定を実施しました。昨年に比較して胸高直径で0.2cmから0.6cm、平均で0.4cm大きくなっていました。
s-20200609人工林5
s-20200609人工林3
s-20200609人工林4



令和2年度ハチトラップ設置結果報告

 6月9日(火)
 4月14日に設置したスズメバチのハチトラップを回収しましたので報告します。第一地区11ヶ所で179匹、第三地区5ヶ所で37匹を捕獲しました。
 一昨年(228)に次ぐ、216匹の多さでした。
 アジサイコースおよびそのコースから展望台に向かったトラップに多く入りましたが、森の整備をした部分であり、三叉の小屋跡付近では0匹と、トラップ周りの風の流れ などが関係しているのかなあと考えた次第です。
20200609オオスズメバチ

オオスズメバチ・トラップ設置のまとめ            M・O 記
 猿投の森づくりの会では、県有林やまじの森の人工林、雑木林の間伐・除伐作業や林道、管理道、遊歩道等の整備作業を行っている。 

作業時にハチ刺されによる被害を少なくするために、2015年からハチトラップを約2ヶ月間設置している。 

令和2年は、昨年度と比べ一昨年に匹敵するスズメバチの捕獲数となった。今年の特徴としては、5月中旬のトラップ確認では、入ったばかりの生きたオオスズメバチを見ることができたが、回収時には生きたハチは見当たらず、ヨツボシモンシデムシと思われる虫が多く、その虫の活発な動きでスズメバチと見分けが付きにくいトラップもあった。

 スズメバチ以外の昆虫として、第1地区のアジサイ道脇②ではハナムグリの仲間が17匹、展望台登り口南③と展望カワセミ分岐⑤でシデムシ類が6~7匹みられた。また、シャラノキコース下⑨では生きたミヤマクワガタが1匹入っていた。第3地区の小屋跡③ではスズメバチの捕獲はなく、アリが多く入っていた。全般にトラップには、蛾やチョウも若干入っていた。

下表にカーソールを置き、左ダブルクリックすると表が拡大されます。
蜂トラップ2020 (2)

(1)第1地区:「山路の森」入口からヤマモモ広場に至るエリア
   第3地区:三叉路を中心としたエリア
(注2)「ハチ計」はオオスズメバチとその他のスズメバチを含めた数です。

***【トラップ設置】越冬した女王バチの営巣開始に合わせてハチトラップを設置し、夏から秋にかけて活動するスズメバチの増加を防ぐ***


定例作業報告

合同定例作業
5月23日(土) 天候 晴時々曇り 参加者 19名
 
3月の新型コロナウイルス緊急事態措置以来、公式活動を見合わせ
てきましたが、措置変更にソーシャルディスタンスのキープに配慮した
行動計画をもとに、久方ぶりの元気な顔が揃いました。
 
新緑が濃い緑に変わるなか参加者全員が一つになる合同作業として
第二管理道全線の整備を行いました。この管理道は治山計画に伴い
開設された経緯がありますが、今や役割を果たし放置すれば荒廃に
進んでしまいます。普通自動車が通行可能な幅員があり整備次第で
森のトレッキング路に、観察会の場に、有事の迂回路など価値を考え
承認を得て、奉仕作業をいたしました。
 
管理道山側、路肩沿いにハリエンジュ(マメ科)ヤシャブシ・ハンノキ
(カバノキ科)などが崩壊地の防砂、根に根粒を形成し土壌改良など
の役割を果たし老木化した歴史を見ることができました。
 
路上に伸びだした樹木、両側から路に被さる障害樹木、枯死穆など
を除伐し、午後2時30分に完了しました。
s-CIMG0852s-CIMG0854 (2)
s-CIMG1383
s-CIMG1380
20200523第2管理人工林G120200523第二管理人工林G
20200523第二管理人工林G1


スナップ写真説明
(昼の休憩時にYさんからチェンソーの指導を受ける女性会員)
s-CIMG1382


やまじの森 5月の山野草

 愛知県では新型コロナウイルス感染に対する独自の緊急事態宣言が5月末まで継続され、外出自粛要請がなされています。先月に続き今月の自然観察会も中止になりました。
現在のやまじの森の様子をお知らせします。
 ゲート前の黄色の花房を立ち上げたジャケツイバラが見頃です。コバノミツバツツジやミヤコツツジに代わり、今は木々の新緑にタニウツギのピンク色が映えています。林道脇では小さな白い花のコゴメウツギが満開で、ハンショウヅルがシックな紅色の釣り鐘型の花を付けています。薄紫色のコアジサイはまだ咲き始めたばかりです。
 大曲のオオバウマノスズクサはサキソフォンのような形の花をたくさんぶら下げています。これはジャコウアゲハの食樹であり、近くを黒い蝶が舞い、葉には卵が産み付けられていました。先日はここでカモシカに遭遇、ほんの数メートル先にいて、しばらく見つめ合ったのち、奥のほうへ去って行きました。
 WC近くの杉には盛りは過ぎましたがレモン色の花のカヤランが何株も付いているのが林道から見えます。三叉のカイナンサラサドウダンは赤い縞模様の小さい花房がお洒落です。
 やまじの森では新緑の木々の生命力に元気づけられ、森の香りに癒されるひとときを楽しむことができます。
20200516ジャケツイバラ20200516タニウツギ
ジャケツイバラ        タニウツギ
20200516コゴメウツギ20200516ハンショウヅル
コゴメウツギ       ハンショウヅル
20200516シソバナタツナミ20200516オオバウマノスズクサ
シソバタツナミ       オオバウマノスズクサ
20200516カヤラン20200516ツクバネ雌花
カヤラン         ツクバネ(雌花)
20200516アカハネムシの仲間20200516ニホンカモシカ
アカバネムシの仲間      ニホンカモシカ

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード