イベント出展

『森へ行こう!』――環境デーなごや2019にブース出展――


914日 晴れ
スタッフ参加者 
8 

914日久屋大通公園で開かれた「環境デーなごや2019」に猿投の森づくりの会としてブースを出展しました。今年で3回目の参加となります。

  我々のブースはエンゼル広場で、生物多様性の保全を中心とした活動の紹介・情報発信する参加66団体のひとつです。

 ブースのタイトルは、ずばり『森へ行こう!』

 活動を紹介する写真パネル、「猿投の森 森づくりの気くばり、目くばり」など刊行誌、会の案内リーフレット、なごや環境大学の企画講座、音楽祭のチラシなどを配して、訪れた市民や他団体の人たちと交流しました。

 また、葉っぱを見て木の名前当てクイズをして、これをきっかけに森や自然の話題で意見交換したりしました。

そして何といっても好評だったのは「シュロの葉っぱでバッタ作り」、展示してある本物さながらのバッタの見本を目にして、子供さん、高校生、孫のために作ってやりたいというバアバ、カナダからの留学生の方など次から次へと押し寄せ、限られたスペースで作成指導にあたったKさんは休む間もないほどでした。

 16時に閉会、片付けをしてから、参加したスタッフで反省会に向かい互いに労をねぎらいました。

レトロなトンちゃん屋、各席に昔ながらの七輪の炭火を囲んで目が痛くなるほどの煙の中でも美味い肉に箸が止まりません。ヤマザクラフィールドの炭焼き活動の今後の展開などについても話題がおよびました。

 来月12日には「交流フェスタinパルティせと」が予定されており、こうした活動は成果が直ぐあらわれるものではありませんが、継続していくことが大切かもしれません。

 IMG_3858
IMG_3851
IMG_3832
IMG_3846


長久手まちセンまつり

長久手 第11回 まちセンまつり

2019年4月6日(土)快晴

長久手市まちづくりセンター

スタッフ6名参加 

長久手古戦場まつりと併せて開催されている「まちセンまつり」に今年も参加しました。

この日は朝から青空に恵まれ公園のソメイヨシノも満開で多くの人が訪れました。

当会のブースでは、写真パネルと会の活動紹介チラシや冊子、さらに次週に開催するヤマザクラ観桜会のチラシもお渡して、活動を紹介したり入会やイベントへの参加を呼び掛けました。

そして、何といっても好評だったのがシュロの葉で作るバッタ!

樹の名前当てクイズのプレゼントとして木村さんが用意したところ、作ってみたいという方が多く、急きょバッタ作り教室に!地域放送のカメラからも注目を浴びました。

これらを、きっかけに森に生育する動植物や伐採した木の利用など興味を持っていただき、多くの方と意見交換することができました。

まちセンまつり01
まちセンまつり02


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

管理者

QRコード
QRコード